イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マガンがいっぱい
今日から荒れるようですが、札幌は今のところまだ静か、これからでしょうね。
昨日は良い天気でしたね。
仕事なんかしたくないような良い日、まさにそんな日でした。

午前中、月形の苗畑にバラの様子を見てきました。
残念ながらしょぼいのもありますが、結構ぐわーんときているのもあり、少し安心しました。
まあいろいろ反省する点は多々ありますが…

その引っかけで、宮島沼へ。

マガンがいっぱい_f0160407_4551246.jpg

そろそろと思って行きましたが、昨日現在マガン4万羽とのこと。
9月末が6万羽でピークだったようで、これからどんどん減っていきます。
それでもかなり賑やか、さすが国内最大のマガン飛来地ですね。
鳴き声を聞いていると無心になれます。
至福の時でした。

マガンがいっぱい_f0160407_456429.jpg

沼のそばにカッコいい風車が。
この風車で宮島沼の富栄養化した水をくみ上げ、田んぼに引き込み浄化して、また沼に戻しているとのこと。
近年各地で注目されている、冬期湛水農法です。
多様な生きもの住みか、乾燥化も防止され、マガンも大歓迎でしょうね。
こんなの欲しい…でも何に使うか…

マガンがいっぱい_f0160407_45755.jpg

おまけ。
水鳥・湿地センターの入口のベンチ。
枕木4本重ね固定、サイズに合わせた基礎、シンプルで良かったです。
# by geesgreen | 2015-10-08 04:57
最終回
昨日はローズトレーニング全6回の最終回。
今年はオーガニックをテーマにやらせていただきましたが、最後の冬囲いもオーガニック。
冬囲いのオーガニックって?でしょうが、雪を利するというのも、ある意味オーガニックだと思います。
絶大な保温効果だけでなく、雪に押された樹形なんかは人間業ではできないでしょうからね。
まあその点は雪が少ないこの辺り限定の話で、岩見沢や札幌では無理ですが。
本来ならイコロも囲い無しでいきたいのですが、ウサギ除けに巻きものをしなければならない。
本当は放っておきたいんですけどね。
切り戻しもののブッシュがほとんどない、っていうのもありますね。

全回出席の皆勤賞の方が6名もいました。
ありがたいことです。
毎回、いつも語られる基礎的な話はほとんど抜いて、いきなりその次からの話をしてきたような気がします。
理解し難い内容も多々あったと思います。
でも、他とは違う内容、自分の今の思いを語る、それがイコロでの講座の意義と思っていました。
少しでもお役に立てたなら幸いです。
参加していただいた全ての皆さんに感謝です。
ありがとうございました。

最終回_f0160407_531918.jpg

最終回_f0160407_53469.jpg

朝方、隅々見て回りました。
これからの作業を見据えてのつもりでしたが、あまりに秋色が目立つので、そんな頭は捨て去り、ただただ楽しむことに。
今しか見られない景色ですからね。
もう残り一ヶ月を切ったんですね。
皆さんも是非是非お越しください。
「最後の絶品」を見て、春のお楽しみの球根を見つける、そんなのいかがでしょう?
# by geesgreen | 2015-10-05 05:04
引越し完了
個人的な話で恐縮ですが、やっと引越し完了しました。
皆さんにもいろいろご迷惑をおかけしました。
すみません。
部屋の中の段ボールの山もだいぶ小さくなりました。
家内と二人ヘトヘト、この歳での引越しは寿命を縮めます。

引越し完了_f0160407_449385.jpg

庭で切ったバラを置く余裕も少し出てきました。
今度は庭です。
荒れた庭を見るのは辛いものです。
残念ですが、母のバラはもう引っ張れない。
かなり変えます。
職業がら自分の庭には時間を費やせないですから、徹底的にノーメンテナンスの庭にしようかと。
もちろんバラも植えたい。
ノーメンテナンスのバラだけ。
来年ですね。
その前にいろいろクリアしないと、ですね。
# by geesgreen | 2015-10-01 04:50
シルバーウィーク真っ只中
うん、世の中シルバーウィーク真っ只中、天気も良くてよかったですね。
自分は、相変わらず、間際に迫った引越しのための実家の断捨離。
やっと山場を越え、先が見えてきました。
使った20ℓのゴミ袋は100枚に達しそうです。
シルバーウィーク真っ只中_f0160407_58914.jpg

昨日の朝は久しぶりにイコロへ。
久しぶりに隅々見て回りましたが、やり残したこと山とあり、冬までにやらなければならないことも山とあり、ため息出ました。
どれだけこなせるでしょうか?
でも、焦りは禁物、亀の歩みでやるしかないでしょうね。

シルバーウィーク真っ只中_f0160407_584072.jpg

近くのグラウカ、真っ赤に色付いたヒップが鈴なりでした。
ハマナシと双璧ですね。

今日は岩見沢、ピンピネリやガリカのヒップも色付いていると思います。
そんなのを見る余裕あるか?
いやいや、本末転倒、そうでなければ物事うまくいかない。
楽しみます。
# by geesgreen | 2015-09-22 05:09
北辺の海の民
北辺の海の民_f0160407_5101360.jpg

北辺の海の民_f0160407_5104193.jpg

北辺の海の民_f0160407_511369.jpg

北辺の海の民_f0160407_5112336.jpg

北辺の海の民_f0160407_5115528.jpg

今日まで2泊3日でオホーツクに来ています。
念願の、です。
導入は白滝のジオパークで黒曜石をたっぷり見て、網走のモヨロ貝塚で1,500年前のオホーツク人に想いを馳せ、その想いのままで原生花園を歩きました。
何とも贅沢で至福の時でした。

今日はゆっくり札幌にもどります。
ゆっくり現世にもどります。
# by geesgreen | 2015-09-18 05:12
森を育てる
昨日は「イコロの森を育てる会」、一発目の活動日でした。
「イコロの森を育てる会」とはなんだよ?でしょうね。
いろいろあり、苫小牧で活動しているNPO法人ねおす苫小牧事務所(いぶり自然学校)の皆さんと意気投合、林野庁の補助事業の採択を受け、スタートしました。
造成以来手つかずだったガーデン周囲の森の整備が始まります。

森を育てる_f0160407_4572095.jpg

昨日は森林調査のプロ、孫田さんを講師に、現状の評価と、これからどうするかの意見交換会を行いました。
いろいろ勉強になりました。
庭って、ある意味エゴイスティックな面が出るのは否めませんが、二次林とは言え、そこに手を出すことは正直躊躇していました。
でも、科学的手法に則って手を入れることができれば混乱はありません。
きっと今よりガーデンも光る。
すごく楽しみです。

昨日はスタッフ対象の限定版で実施しましたが、今後は一般の方にも参加を呼びかけます。
是非ご参加ください。
ハマりそうです。
庭そっちのけで、そっちに走るのを自戒しなければ…

森を育てる_f0160407_4581599.jpg

イコロも日に日に秋色になっています。
穏やかです。

が、
本州では集中豪雨の被害が出ていますね。
昨日の早朝の首都圏の地震、ついに首都直下地震かと思ってしまいました。
やっぱり危険です日本は。
連発する自然災害、福島原発事故も全然アンダーコントロールになっていない。
オリンピック、返上した方がいいですよね。
こんな危険な日本には来ない方がいいもの。
世界中の皆さんにご迷惑をおかけすることになるかもしれない。
ドイツにいる姉にも「死ぬ覚悟で来た方がいい」と言ってます。

「ごめんなさい、やっぱり危険が大き過ぎるので返上します」
世界中が納得してくれると思います。
「危険ですが、自分たちは慎ましく、工夫して何とかやっていきます」
3.11の時は皆んながそう思ったはずです。
# by geesgreen | 2015-09-13 04:59
羽幌の夕焼け
一昨日から昨日は羽幌で一泊。
久しぶりの泊まりでした。
定宿にしている「はぼろ温泉サンセットプラザ」、温泉に入り、最上階のラウンジで夕食。
もちろん仕事ですが、良い息抜きになりました。
皆さん、ごめんなさい。

羽幌の夕焼け_f0160407_505744.jpg

ラウンジからの夕焼け、天売、焼尻島に太陽が沈んだ瞬間。
天気が良かったので、遠くに利尻島も見えました。
その後も刻々と変わる空の色合いは絶品、何よりのいい肴になりました。

考えてみれば、羽幌へは平成8年から通っているので、中抜け数年あるものの今年で19年目になる訳です。
随分長い付き合いになりましたが、未だに全然しっくり来ない。
年、数回行って、栽培手法や品種の構成をいじってみても、結局は当事者、現場管理者任せに成らざるを得ない。
難しいですね。
もう一回、コンセプトから確認しなければと思っています。
その辺をじっくりやりたい。
花が咲いている、バラ園がある、ということだけでは、何の意味もないし、つまらない。
あそこもここも、もちろんイコロも同様なことが言えます。

この後、徐々に暗くなり、窓に写った自分の顔を見ながら飲むことに。
早々と部屋に戻りました。
# by geesgreen | 2015-09-08 05:01
断捨離
断捨離_f0160407_4494861.jpg

お久しぶりです。
合間に実家の整理をしているこの頃です。

母が入院先からグループホームに入所し、空き家になっている実家。
ほぼ毎日行っては、窓を開け風を通すようにはしていたのですが、どうしても湿っぽく、かび臭くなっていたこともあり、遂に家内と移ることにしました。
今月末に移ります。
またまた引っ越しです。

8年前に父が逝ってからほぼそのまま、遺品整理も兼ねて、取りあえず二人が生活できるように1階部分をやっています。
今や社会問題にもなっている遺品整理、自分たちの親の世代は捨てない、捨てられない世代ですから、ご多分に漏れず処分ものは山となる。
去年は自宅の、今年は実家の断捨離。
「もったいない」「まだ使える」はタブー、自分たちにとって必要かどうかだけの取捨選択。
迷ったらゴミ、「いつか使う」は絶対無い、と自戒も含めて家内にも言っています。

曵き家やら、増築、改築を経てはいるものの、母が幼少期に建った家なので、基本的には築70年以上。
札幌でもかなりの古参の部類にになってきたでしょうね。
いつのまにか、かなりの部分がツタに覆われている。
主なき庭もかなり荒れています。
どうしたもんでしょうね?
仕事がら、自分の庭には手はかけられない。
そんな時間があれば、あそこもここも、ですから。
ノーメンテナンス仕様に変えますかね。

うーん、先ずは断捨離を続けます。
ふーっ。
# by geesgreen | 2015-09-06 04:51
夢_f0160407_4595699.jpg

昨日は多少二日酔い気味でしたが、またまたいわみざわ公園で這いつくばってました。
今度はオールドローズの小径でRU。
見上げれば、随分大きく育ってきたもんだと多少感無量。
この辺は、切り戻しものと違うので、年数の経過が如実に出ます。
黙っていても育つ、そういう方が好きです、いや、好きになってきたと言った方がいいかも。
若い頃はいじくり回す方が好きだったのですが。

一昨日、コテージGの20周年に行き、梅木さんのご配慮で月形温泉泊まり。
早朝、いちばん乗りの久しぶりの温泉で、酒も抜け、助かりました。
ありがとうございました。

20年、節目ですね。
自分も百合が原公園20年を節目としました。
その後Gee'sでやりたいようにやって3年ほど、その後意を決してイコロを受けて今年で4年目。

先日、久しぶりにスタッフの女性と一緒に作業していて、「工藤さんの夢って何ですか?」って聞かれました。
正直、ドキッとしました。
百合が原の20年は、夢ばっかり見ていたような気がする。
何もかも手探り、開拓者のノリでしたから。

今は立場上、金勘定、損得勘定がどうしても優先します。
青息吐息の状態ではしょうがない。
そういう意味では、持続していくことが夢なのかもしれませんね。
後は植物も景色も時間が作ります。
それを見るのが夢でしょうか?

いわみざわ公園も、まだまだ道半ば、いっぱい夢を見たい、語りたいものです。
震災を経験し、原発も全然解決していない中での夢、きっと従来のバブリーな夢とは違うはずです、から。
# by geesgreen | 2015-08-31 05:00
地場もの
地場もの_f0160407_4482280.jpg

このところ、イコロであちこちに見られるこやつ。
何タケなんでしょうね。
食べられるんでしょうかね?
昔百合が原公園でも、もっと白くてマッシュルーム然たるものが毎年出て、マッシュルームの仲間だから食べられるとの話もありましたが、結局誰も手を出さなかったような。
ですよね、キノコはわからない、危険です。
誰かが実験台になってから、です。
いやいや、他人がOKでも自分は死ぬ目に遭うかもしれない…
いつぞやのように…

地場もの_f0160407_448515.jpg

昨日出向いた、近くの堆肥屋さんのバークの堆積場。
すぐそばの林からの広葉樹バーク。
粉砕して、厩肥と混ぜ醗酵させてバーク堆肥となります。
メッカの道東は牛糞ですが、ここは馬糞。
どちらも地場もの。

いいですね地場もの。
ポット用の培養土の打合せでしたが、来年は地場もの主体でいきたい。
基本土が問題ですが、悔しいかなやはり赤玉土には敵わないとの思いはあります。
で、厚真の焼き赤土+やはり厚真のレキでどうかとのことに。
これからハツカダイコンで試験しようと思っていますが、どう出るか?

地場もの_f0160407_4491925.jpg

生のバークは粉砕後、5mm目のフルイにかけられます。
奥がメッシュを通った細目、セル用の堆肥に。
手前が繊維質の粗目、通常の堆肥、もしくはこのままマルチング用に使われます。
法面なんかのマルチには、よく絡んで使えそうです。

地場もの、まだまだ使えるもがありそうです。
# by geesgreen | 2015-08-25 04:49