イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
秋花銘品×2
昨日は岩見沢。
週末から雨模様なので、多くの品種は今が最終ステージでしょうか。
秋バラならでは、を楽しむことができました。
f0160407_443552.jpg

そんな中で自分的には断然ピカイチだったのは、ダスキー メイデン(Dusky Maiden)。
UK、LeGrice、1947年作出のフロリバンダ、種子親はあの大好きなエルゼ ポールセン(Else Poulsen)。
昔はどこのバラ園にもあった品種です。
たまりません!
秋花だけでいいような品種と思います。
ってことは一番花から順次花摘んで、最後だけぱーっと咲かせるってどうかな?
怒られますかね。

この勢いで、札幌に戻り大通公園へ。
暗くなる前ぎりぎりセーフ。
f0160407_4434770.jpg

ジーン ブーナー(Gene Boerner)、この秋花見たさに走りました。
J&Pのかつての大御所Eugene S. Boerner、没後すぐの1968年に発表された銘花中の銘花(個人的見解ですが)。
「Papa Floribunda」と呼ばれたBoernerさんに敬愛を込めて「Gene」が付けられた品種。
育種家本人の名前が付いた品種は珍しい(自分では小っ恥ずかしくて無理でしょうね)。
ウィスコンシン州生まれで耐寒性品種を追求した育種家、あのDr. Buckさんの先輩のような人です。

このピンク花はありそうでない。
微妙にサーモン、コーラルが入る花色は絶妙と思います。
この品種もかつては定番中の定番でしたが、今は国内ではほとんど流通がない。
悲しい限りです。

でも、どちらも自分的にはつや消しのバラのイメージがあります。
つや消し好きなんでしょうかね。
まあ工藤らしいって言えばそうですかね~
by geesgreen | 2013-10-09 04:44
先枯れ
昨日は数日ぶりのイコロ、紅葉が一段と進んでいました。
知床ではダケカンバが紅葉前に落葉してしまったと、先日ニュースで報道されていました。
ダニや病気も疑われたものの、葉の完成時の6月に降水量が異常に少なかったことが原因のようです。
里も同じ、今年は早々と落葉しているものが目につきます。

それとは全然話は違いますが、こんな光景も。
f0160407_4433728.jpg

f0160407_444513.jpg

どちらも自宅近くの二コマ。
住人の方はさぞかしショックでしょうね。
でも、春からずーっとこの姿を見ているってどうなんでしょう?
ずんぐり樹形になるものの、枯れた所を切り去って仕立て直しすればいいのに、ですね。

思わず車に積んでる鋏を出したくなりました。
怒られますよね。
でもな~
by geesgreen | 2013-10-08 04:44
green wall
f0160407_443132.jpg

f0160407_443296.jpg

f0160407_444139.jpg

昨日の帰り際、東京駅八重洲口の新名所「グランルーフ」を見てきました。
9月20日オープンとのことで出来たてホヤホヤ。
八重洲口南北にある2つの高層ビルを結ぶ空中遊歩道で、壁面緑化のプロムナードも目玉のひとつです。
夏の暑さ対策でドライミストの発生装置も組み込まれ、屋根に降った雨水を植栽やトイレに利用するなど、環境に配慮した設計とのこと。
壁面緑化も進化したもんですね。

まだまだ出来立てなので植物は元気もりもり、花もの排除のデザインも都心には似合う。
壁面緑化と言えば、表参道ヒルズの壁面緑化にも関わったフランスのパトリック ブランが有名ですが、日本の大手各社も参入して、オリンピック絡みもありこれからもますます盛り上がるんでしょうね。
どんどん人工化する緑化、高層ビルが立ち並ぶ東京では必然性はあるかもしれません。

オリンピックにかこつけて、誰もが虎視眈々とビジネスチャンスを狙っているんでしょうね。
でも、変に地方都市へ波及することがないことを願います。
状況、環境が全然違いますから。
東京でのミニ版だけは勘弁してほしいと思います。
余計な話ですね。
by geesgreen | 2013-10-04 04:45
夜明けの東京
f0160407_536788.jpg

今朝は何故か東京。
八重洲口のすぐ前のホテルに泊まってます。

新たに立ち上がった公益財団法人、何故か自分が理事を仰せつかり、昨夜はその発足式みたいなものでした。
とは言っても、丸ビルのレストランでの会食、懇談、要は豪華な飲み会でした。
すみません、それも仕事です。
それが目的なので、今日すぐ戻ります。

さすが東京駅周辺は整備されてますね。
昨夜見た丸の内仲通りのイルミネーションも、シャンパンゴールドのLED電飾で上品、札幌のそれとは違う。
コンテナなんかも上品、ケヤキ、イチョウ、カツラ、シナノキなんかの街路樹も計算づく。
やっぱりお洒落度が高い。

別世界ですね。
でも、自分にはどうにも息苦しい。
ホテルの空調も完璧なんだけど、落ち着かない。
鳥の声が聞こえない、木々のざわめき、風の音が聞こえない、自然の音が聞こえない。
どこにも雑草がない。
当たり前ですよね、東京なんだから。

今日戻ります。
自然の賑やかさが恋しい。
by geesgreen | 2013-10-03 05:36