イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
休眠挿し
休眠挿し_f0160407_5132938.jpg
一昨日挿したバラです。
全部で36品種、約1,000本あります。

最近では3年前に同じくらいの数の休眠挿しをしましたが、その時はかなり歩留り悪かった。
置き場所、地温と気温が上手く設定できなかったのが原因です。
過去にはモノにもよりますが、緑枝挿しよりかなり発根率が良かった時もあります。
今回はどのくらいの確率かなー
自分としては全く根拠ありませんが、45%くらいいけば上々と思っています。
かなり低い数字ですが、現状の置き場所の環境を考えればそのくらいいけば上出来です。

挿し木ではないけれど、30年ほど前、今はなき農業センターでライラックの接木を複数の職員でしました。
その際担当の係長から「活着しなかった数×¥150をお前らの給料から引くから」と真顔で言われました。
半分冗談ですが、みんなで真剣にやったのを憶えています。
時給換算すると接木ではそれでも安いかもしれませんね。

「挿し木や接木は気合いだ」といつも言ってます。
変ですね。
アニマル浜口じゃあるまいし。
当たり前ですが、温度設定などの環境整備、品種の見極め、時期など、科学的な要素が最も重要です。
でも、切り口の切り方やスピード、さらにその後の目配りなんかで活着率は随分変わる。
やっぱり「気合いだ」って言葉が出てきてしまいます。
何でもそうですがね。
by geesgreen | 2010-02-02 05:13
フリーペーパー
フリーペーパー_f0160407_6192367.jpg
先日最新号が出たFIGARLA (フィガーラ)というフリーペーパーです。
円山と宮の森地区限定で配布されるもので、掲載されている店と、店舗限定で円山・宮の森地区のサンクスとセイコーマートにも置いているそうですが、配布先はほとんどがポストインみたいです。
円山・宮の森地区に特化した情報誌です。
馴染みの店が載っているので結構面白い。

こんな贅沢な作りのフリーペーパーはないでしょうね。
写真のグレード、デザイン性が高く、紙も良質、内容もこだわってます。
聞くところによれば、取材ものは別として広告料は滅茶高いみたいです。
この質なら当然かも。
春か初夏には有料版 (Premium Edition)を出すみたいですが、結構売れるかもしれません。
デフレ経済、低価格競争の反面、高品質のものは求められていますから。
さらに3月からはサイト情報を始めるみたいです。
そのオープニングキャンペーンを募集してますが、先着15社、各20万とのこと。
うひゃーですね。

どんどん紙からのデジタル化が進んでいます。
先日も飲みやでAmazonのKindleを見ていた人がいましたが、滅茶かっこよかった。
まだ英語版だけですが、なんかAppleぽい。
そのAppleもiPadを販売しましたね。
この辺の携帯情報端末はますます普及してくるんだろうなと思います。
ペーパーものと電子ものの棲み分けもますます進みます。
どんな場面でもそうですが、とくに既存の情報誌なんかはアナログものとデジタルものの選択、見極めが重要になっています。
H新聞さん、Mろふぇさん、頑張ってくださいよ!
by geesgreen | 2010-02-01 06:20