イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
天使の雫
昨夜から太平洋側やオホーツク海側では大荒れだったようですが、札幌では風雪もなく静かな朝になっています。
さて、御用始めになり、みなさん正月気分も一気に失せた頃でしょうか?
私も4日からはほぼ通常の動きに戻しています、かな?
やはり、まだまだそうでもないですね。
正月ボケかな。

3年前までは元旦に朝起きたら(もちろん異常に早い時間ですが)、まずは温室に出向いて植物に水やりをやってから家にもどり「明けましておめでとう」でした。
豊平公園〜百合が原公園と20年以上毎年続いていました。
ここ数年はショップの植物管理はYukaさんがやってくれますから、世間並みに家で元旦の朝を迎えています。
4日に月形のハウスの潅水とショップの温室の薬散をやったのが、御用始めでしょうか。
元旦にYukaさんから温室のコナジラミがひどいので薬をかけたいと連絡がありましたが、4日に延ばしました。
正月三が日は殺生はしない、これは長年の決めごと。
自分なりのゲン担ぎです。

4日からはまたいつも通りのシングルモルトにもどりました。
また酒の話かヨーですが、そうですヨーっだ。

家の酒棚には大分前にもう飲んでしまった空き瓶が並んでいます。
入手困難なレアものなどは捨てるに捨てられずになってます。
毎年大晦日にはその空瓶も磨きます。

天使の雫_f0160407_5591660.jpg

ディアジオ社の人気シリーズ「花と動物」のローズバンク12年もそのひとつ。
絵柄がバラで工藤らしくないですか?
そうでもないか。
こじつけですね。
古典的なローランド地方の3回蒸留を味わえる希少なモルト、1993年以降閉鎖されている蒸留所で再開される見込みはないようです。
名前の「ROSEBANK」は「バラ銀行」ではなく、「バラの土手」という意味で、運河沿いにあった蒸留所の近くにはバラが咲き誇っていたそうで、そこに由来するものなのだとか。
線画で描かれたこのバラ、感じからするとRosa eglanteriaと思われます。
グレイッシュの葉はこするとリンゴの香りがするのでSweet Brier Roseの別名の方がお馴染みですね。
Rosa rubiginosaの異名もあります。
百合が原公園の花木園前の宿根草ボーダーのバックに大株に育ったのがあります。
ヒップもたわわに付き、大らかに育つ好きな原酒、いや原種です。

この空き瓶を取っておくというのは、別な意味もあります。
普段飲んでいるものも、しっかり飲み尽くしたものでも数日間は置いておきます。
何故なら、数日後にショットグラス1/3入るほど底に溜まっているんです。
瓶の内側に付いていたものが底に溜まるんですね。
通常これを2回続けます。
それから「さよなら」します。
これを私は「天使の雫」と呼んでいます。
この「天使の雫」、不思議と旨く感じるんだなー
これとは別にウイスキーには「天使の分け前(Angels' share)」という言葉もあります。
これは、樽で熟成させている間に2割程度蒸発する、その減った分は空にのぼって天使が飲む分だと言われたことからの言葉。
スコットランドの天使達は大酒飲みですね。

こういう話になると妙に力が入ってしまいます。
正月ボケなので、ご勘弁を。
by geesgreen | 2010-01-06 05:59
瑠璃・玻璃・硝子
明けましておめでとうございます。
今年もよろしく、です。

元旦から荒れ模様の予報、大雪も覚悟していたのですが、札幌では風は昨夜から強いもののそれほど雪も降らず、ちょっと拍子抜けです。
例年正月、二日と雪かきが多いのですが、今年は気温も高めで少しイヤですね。

30日と大晦日は家で掃除、筋肉痛になるほど徹底的にやりました。
何故か家内は嫌がりますけど掃除は好きです。
効率とスピードを考えてやるのがたまりません。
結果が目に見えるのもたまらない。
そんな訳で大晦日は早々といつも通りの時間に寝ました。
家内が寝る気配で除夜の鐘はかすかに聞こえましたけどね。
年越しの夜は除夜、除夜は歳神様を迎えるため一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪になる、シワが寄るなどの俗信がありますが、もう十分白髪もシワもあるから関係ないな。

元旦からは、酒、酒、読書、酒、酒、読書、酒・・・って感じ。
これも例年通り。
大晦日から正月三が日はいつものシングルモルトではなく日本酒です。
これも例年通り。
なんせ食いものが食いものですから日本酒が旨い。
この時ばかりは日本人に生まれて幸せだとつくづく思います。
でも4日からは全く日本酒やそれに合う肴を飲んだり食べたりする気にならない、いつも通りのシングルモルトにもどります。
不思議なもんですね。

瑠璃・玻璃・硝子_f0160407_705295.jpg

正月用にしている猪口。
正月三が日だけの出番。
左の一月から一年12ヶ月分12個あります。
それぞれの月の花模様の彫刻が施されています。
すでにもう何年分も飲んじゃったなー
by geesgreen | 2010-01-02 07:01