イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
秋色の点数
秋色の点数_f0160407_4493489.jpg
昨日の三角山です。
昔娘が三角山小の夏休みの自由研究で、どこから見る三角山がいちばん三角かを調べたことがあり、この辺りがいちばんかなと思います。
昨日は昼間はまったりとした晴天で、かすんでいてあまりきれいには見えない写真ですね。
紅葉もあと少しという感じです。

今時期紅葉の話題は多いと思います。とくにここ一週間ほどは天気がよいのであちこちで見る機会も多く、この旬の話題も例年より長く続いていると思います。
昔、仲間うちでその年の紅葉の点数を付け合ってました。
今年は? 中途半端な点数で申し訳ないが70点ぐらいかなー
加点理由、7月に雨が多かったので夏枯れの葉が少なかった、8月も猛暑にならず生育の弱りがなかったこと。減点理由、9月の小雨、水不足でシラカバやハルニレ、カエデなど紅葉する前に落葉するものが多い、9月から今まで気温が高めで全体に発色が冴えない、キレがないこと。
9月に例年通り雨が降り、10月に入ってがくんと気温が下がれば最高だったのでしょうが、そんなにうまくいく年は少なく、せいぜい稀に90点くらいの年があるくらいです。

そうはいっても、やはりこの時期の紅葉は規模の大小に関わらず感動します。
それもやはり自然の景観のものが最高です。
燃えるような紅もよいのですが、「朽葉色(くちばいろ)」が好きです。「朽葉四十八色」と言われるほど色みがたくさんあるようで、本当に自然が表現する色彩の調和にはかなわない。日本庭園でもかなわない。
明度と彩度の調和を無意識に感じ、自然のトーンに感動します。
色だけでなく全体の形の調和をマスの規模で見るから感動も大きい。三角である必要はないのですが。

秋色の点数_f0160407_4502641.jpg
この時期目立つシュウメイギク(Anemone hupehensis var. japonica)。
白花の方があちこち目立ちますが、やはりこの時期濃色系のものの方が合います。写真のものも薄い、もう少し濃い桃花、濃桃の八重花なんかの方がよい。
どうもこの時期ガウラやらも含めて白花なんかの淡い色ものは抜きたくなります、おっと余計でした。

この後強い寒さが来れば冬前一瞬の「草紅葉(くさもみじ)」が見られます。日が高くなると傷んだ色になるので朝方のほんのわずかな時間が見頃です。
今年の「草紅葉」は何点かな。
by geesgreen | 2008-10-17 05:03
ラベンダーの返り咲き
数日前家内が「今頃ラベンダーが満開に咲いている」とのこと。
「そんなはずないよ、きっと鉢植えのフレンチラベンダーかレースラベンダーを植えたものさ」と放っときましたが、先日ある場所でコモンラベンダー(イングリッシュラベンダー Lavandula angustifolia)が結構咲いているのを見て、あれっと。その後もあちこちで咲いてるラベンダーに出くわしました。
そこで昨日夕方、犬の散歩を兼ねて近所をあちこち見て回ることに(老犬「疲れた・・・」)。
結構あちこち植えているもんだと改めて思いましたが、十数箇所あったうちの半数以上が花をつけています。それもよくあるちょこっと咲く狂い咲きではなく、結構本格的に。

ラベンダーの返り咲き_f0160407_5175390.jpg
開花しているものをよく見てみると、一回初夏に咲いた後、開花枝の下の芽が伸びてその枝先に花をつけています。
咲いている株は、日当り良い場所にある元気な株、通常行う花後の剪定(刈り込み)がきちんとされていない株が多い。
などなどから予想。
花後に剪定されなかった株の脇芽が伸び、例年暑さで生育を休止するのが今年の8月は猛暑にならず順調に伸びた、9月からこの時期まで比較的気温が高く、雨も少なかったのでさらに芽が伸び開花に至った、そう考えました。地中海性植物のラベンダーには好適な夏から秋であったのだと。
さらに、春に刈り込んでもその後に伸びた芽に結構花を付けるので、新芽が伸びる期間がある程度確保されれば年内2度咲きもあり得る、この時期の低温と受粉のための蜂もいないので花が長く保っているのではないか。
でも、品種の問題もあるかも、低温要求度が低い系統、品種なのかも・・・

もう止めます。
ブログは早朝だけ、他に影響のないように、言いたいことがある時だけ、と決めているので、このままでは止まらなくなっちゃいますので。
それに、この時期にラベンダーの花は合わないし、やっぱり初夏、今咲いてもあんまり感動はないですよね。
ただ今年の夏から秋の気候の良さの表していることではあるとは思います。
こんな年ほど冬がキツいかも。とくにボーダーラインのバラは要注意ですね。
by geesgreen | 2008-10-15 05:18
秋晴れの音楽
秋晴れの音楽_f0160407_4523663.jpg
おとネタです。
Gee'sのBGMのコンセプトは「アメリカ西海岸の晴れた日曜日の午後」としています。
ウエストコーストものということではなく、暑くも寒くもなく心地よい日、時間が感じられるような、無心になれるような、そんな音のイメージです。
最近、上の2枚気に入ってます。
The Album Leafです。よく聴いているアンビエントやらエレクトロニカものは店には持っていかないのですが、この2枚は昨日置いてきました。
気持ちよくてユルい、まさに日曜日の午後って感じです。少しもの悲しくてセンチメンタル(オヤジっぽいなー)なところが、秋晴れの続く今の季節に合います。
ロックテイストも感じられるユルさが心地よく、数曲入っている歌ものは大好きなヨ・ラ・テンゴにも通じるし、スーパーカーも思い出してしまいます。
右のジャケットに葉が一枚浮き出しで描かれてます。ちょっとだけ植物と接点あるかな。
by geesgreen | 2008-10-14 04:53
花展
昨日は風もなく穏やかな秋晴れでしたね。油代も若干下がったことから郊外へ紅葉狩りに行った人も多いのではないでしょうか。
私は家でお尻に火の付いた原稿や資料やらで一日中デスクワーク。休日の人混みの多い時は動くと移動時間かかるのでできるだけ休日は動き回らないようにしてまーす、と負け惜しみですがね。

花展_f0160407_553896.jpg
日中、気分転換に今日まで丸井さんでやってる「全道いけ花美術展」を覗いてきました。
単独の団体での花展より、複数の団体が一緒に出展しているのでヴァラエティーがあって面白い。今回で46回目とのことですが、結構毎年のように見ている気がします。
生け花は、フラワーデザインや寄せ植えの基本的なものだし、拡大解釈すれば造園的要素とも共通したところがあり、何かしらのインスピレーションを受けることもままあります。昔少しかじったことがあり、デザイン的なものなどには結構役立っていると思います。
上の写真は、〜古流の作品。完成度は別にして数ある中で最もシンプルなものでした。花器の選択も良い。ツバキの枝2本だけ、それも花なし。S流やO流などの派手なものよりじっくり見入ってしまいました。

花展_f0160407_563651.jpg
そして外に出て、南1条通りに並ぶ寄せ植えコンテナ。南1条何とか協議会で毎年寄せ植えコンテストをやり、道路沿いにコンテナを並べていますが、これは統一規格のいちばん数多く並んでいるものです。
これ良いです。花を入れているものもありますが、花はいらない、このタイプのものが良いです。
色みの少ない欧米の街と違って無秩序に色が溢れる街なかでは緑が生きます。徹底的にこの路線でいけば、街なかでの植物の利用価値も納得できます。窮屈に詰め込まれていない、植物が疲れてないのも良いです。
溢れんばかりに育っているセンテッド ペラルゴニウム(ニオイゼラニウム)、懐かしい品種ですが、これって百合が原公園→サンガーデンものですよね。懐かしくて思わず葉をゴシゴシして香りを嗅いでしまいました。
ってことは、このコンテナはサンガーデンかな? そうですよね?

花展_f0160407_573023.jpg
帰り道、大通公園12丁目でバラの花見。
写真はラバグルト(Lavaglut)、1978年、またまたKordes作出のフロリバンダの黒バラ系。花名は「灼熱の溶岩」という意味です。別名イントゥリーグ(Intrigue)ですが、この名前はアメリカWarriner作出のJ&Pの同名の紫花の品種の方が有名ですね。ややこしいですが。
HTやイングリッシュローズの黒バラ系ほどではないにしても、この時期の花はかなり濃い。ドイツではやはりよく見られ、複数を密に植えて使われていた場面が記憶にあります。秋のインパクトが見せ場です。
それにしても大通公園のものは苦しい。比較的強健なんですがほとんど落葉して緑少ない。おそらく夏からでしょう。
やはり緑は重要です。何とかしてよ!
次回出る花新聞でこのバラ園の取材記事書きましたが、あまり批判的なことは書けないので、ここでチクッと言っちゃいました。
by geesgreen | 2008-10-13 05:15
トルコギキョウとバラ
トルコギキョウとバラ_f0160407_4324060.jpg
今我が家のシンクの所に置いてある切花、トルコギキョウとバラです。
先日切ってきたバラに、いつのまにか家内が買ってきたトルコギキョウが一緒に入っています。
家内はちょくちょく切花を買ってきては飾ってます。こそこそとした動きです。何やら私が気に入らないだろうからとのことですが、一度もそんなこと言っていない!
見てる目でわかるそうですが、そんなことないのになー

閑話休題 、
バラは故鈴木省三氏が1988年に作出したフロリバンダ‘桜霞’です。
何とも言えないピンクから白のグラデーションが魅力で、日本人の感性が感じられる素晴らしい品種と思います。
それにしても、‘桜霞’の花色、花の大きさものせいもありますが、どれがトルコギキョウでどれがバラなのかわからなくなるほど似た者同士ですね(2輪のトルコギキョウが入ってます)。
でも、香りが弱い‘桜霞’でもほんのりと香りがするのに、トルコギキョウは全く香りがない。香りがないのでお見舞いなどにも利用できるとは思いますが。

切花では非常に人気のあるトルコギキョウは、道内でも各地で切花生産が盛んです。サカタやタキイなどの大手種苗会社は育種に力を入れており、日本が品種改良の中心になっているようです。前に東神楽のサカタの圃場を見学に行った時、トルコギキョウ専用のハウスや換気設備が考案されていて驚いた記憶があります。
トルコギキョウはリンドウ科エウストマ属(Eustoma)の植物で、トルコとは何の関係もなく北米を中心に分布する一年草で、開花期の夏が高温多湿の日本では屋外で育てることは非常に難しい。ちなみにトルコギキョウの名は、蕾の巻きがあのターバンに似ていることから。
以前無謀にも花壇植えにしたことありますが、ナメクジで葉はメタメタ、病気で蕾も咲かず散々でした。確か植えて10日くらいで抜いてしまったはずです。

バラに限りなく近い花形に改良されていることもあり、‘桜霞’にも通じる日本人の感性には好まれることから、世界でも日本での人気は突出しています。
でも、管理された施設栽培でしか鑑賞に耐える花をつけることができない、太陽の下で元気に育たない、香りもないしー、棘あってもいいじゃん・・・
おっと、そんな思いが顔に出るのでしょうか?
by geesgreen | 2008-10-11 04:33
バラの評価
昨日日帰りで羽幌ばら園に行ってきました。
冬囲い直前のこの時期に多くのバラの生育を見比べることは、自分なりに各品種の評価をするにはよい時期と思っています。
同じ環境、管理下で長い期間生育を続けてきた訳ですから、品種間での生育違いがはっきりと出ます。
とくに葉の茂り(=耐病性ですが)と連続開花性が見極められます。

バラの評価_f0160407_457259.jpg
上の写真はフェアリー レッド '92(Fairy Red '92)です。蕾多く開花が続き、葉の病害もほとんど見られず、300種類程度植えられている中では非常に目立ちます。
品種名通り1992年、ドイツのLiebig作出のポリアンサです。イギリスのHarknessが1982年に作出したフェアリー レッド(Fairy Red)の枝変わりと思われます。フェアリー レッドはどちらもポリアンサの銘花であるザ フェアリー(The Fairy)とイエスタデー(Yesterday)の交配種です。耐病性と連続開花性に優れるのは納得できます。
フェアリー レッド '92の方がフェアリー レッドより、連続開花性と花つきのよさに優れます。改良版と言えるでしょう。
赤花の深みのある花色には渋さも感じられます。
以前国内でも少し流通していましたが、現在では見られません。???です。来年少量ですがGee'sとイコロの森で販売できそうです。
ちなみにフェアリー レッド '92は、日本では修景用のバラとして扱われるものだと思います。
この「修景用のバラ」という言葉は、どうもピンと来ません。海外ではシュラブかポリアンサの系統とされます。
切花目的は別でしょうが、庭で使うバラは多かれ少なかれ修景用です。
個々の花も重要ですが、それ以上に木姿、葉の緑が庭全体の景観には重要と思います。

バラの評価_f0160407_458468.jpg
次はハイデリンド(Heidelinde)、ドイツのKordes、1991年作出のフロリバンダです。
こちらも間断なく開花が続き、病害も受けず照葉がよく茂っています。耐寒性にも優れ、この時期の羽幌ばら園ではフェアリー レッド '92とこのハイデリンドが一際目立ちます。
北国に適する耐寒性、耐病性に優れる品種は圧倒的にKordesが強い。でも、品種の入れ替わりが激しく、このハイデリンドも現在ではドイツでも入手できません。
残念。他にもKordesの古い品種には使いたいものたくさんあるんですが、「もう作ってないよ」とのことで残念。

それにしても上の2枚の写真、写真では全然魅力が伝わりませんね。
写真下手です。ごめんなさい。
それでもう一枚。

バラの評価_f0160407_5125394.jpg
シカゴ ピース(Chicago Peace)。アメリカStanley、1962年作出のご存知ピース(Peace)の枝変わり。ピースファミリーの銘花です。
なんじゃちょっと色濃いピースじゃん、と思われますが、花が進むともっと外弁のオレンジピンクが全体に広がります。本州では全くのピンク花のように開花する場合が多いようですが、北海道ではピースの濃色版のような花色になります。こちらの方がより魅力的と思います。
やはりHTには個々の花の魅力があります。

花の魅力と木姿、両方の魅力を兼ね備える品種が優れた品種と言えるでしょう。
でもこの羽幌のシカゴ ピース、下葉がかなり落ちていました。
同じ土俵、管理ではやはり無理あるなー。
by geesgreen | 2008-10-09 05:05
ハマナシの紅葉
ハマナシの紅葉_f0160407_4531575.jpg
一昨日立ち寄った岩見沢公園、駐車場横のハマナシの垣根です。
ここ数日の朝晩の冷え込みでかなり葉の黄化が目立ってきました。札幌より進んでいます。
キネンシス(コウシンバラ Rosa chinensis)の血が入る四季咲きのモダーンローズはまだ緑濃い状態。暖地性の性質を受継いでいるので、寒さに対する感受性が備わっていないためでしょう。かなり秋深まって雪が散らついてきても緑の葉を保ちます。
それに比べて北国で生き抜いてきたハマナシは、微妙な気温の低下を感知して冬越しの態勢に入ります。さらに耐寒性の強いグラウカ(Rosa glauca)などは早々と落葉を始めます。厳しい冬を乗り切るために身につけた防衛本能でしょうか。
大雑把な言い方ですが、秋深まっても葉の緑が濃いものほど耐寒性が弱い、耐寒性の目安になります。冬囲いの方法を選択するにも目安になります。ただし栄養状態や土壌水分の影響、当てはまらない品種もありますが。
昔はハマナシが落葉を始めたらモダーンローズの葉むしりを始めました。モダーンローズはいつまでも葉が青々としていますから、休眠期の目安にしていた訳です。

ハマナシの紅葉_f0160407_513969.jpg
上の写真は、昨日伺った「札幌ばらの会」会長の高木さんのお庭のバラ。
全てHTですから当然まだ葉は緑濃く、これから開花する蕾も多くあります。
それにしても病害が少しも見られない! 春からこの時期までどれほど緊張感を持って管理していたことか、敬服いたします。

当たり前ですが、寒さで落葉するのと病害で落葉するのとは別です。
この時期、下葉が落ちて枝先だけ葉が残り、その先に弱々しい花や蕾がついている株をよく見かけます。そんな姿を見るのはこの時期余計寒々と感じてしまいます。
四季咲き性のバラは秋花も大きな魅力です。その管理にはやはり相応の管理が必要で、何よりも気合いが不可欠。気力、体力勝負のところがありますね。
自信のない方は品種の見直しから必要でしょう。
by geesgreen | 2008-10-07 04:53
ナツユキカズラ
ナツユキカズラ_f0160407_6325311.jpg
ナツユキカズラ_f0160407_6341139.jpg
上の写真は昨日近所で撮ったものです。
ご存知のナツユキカズラ(Polygonum aubertii)です。
例年この時期は開花終盤でなかったかと思いますが、名前に反して今がほぼ満開状態。タデ科なので夏の温度不足の影響でしょうか。
花の少なくなった時期なので非常に目を引きます。
一時期は清楚な花が人気を呼びましたが、最近はあまりに伸び過ぎるため個人の庭では敬遠されているみたいです。
巻きつき植物なので、ホップのように何か絡みつくものがあればどんどん伸びていきます。ただ、冬の落葉期にバサッと切ることができるので、ある程度コントロールはできます。
短期間にカバーしたい目的があるなら最適でしょう。夏の緑も薄緑で涼し気です。

ナツユキカズラ_f0160407_6351133.jpg
この写真はドイツのものです。
石壁から垂れ下がるように植えられています。法面をカバーするグランドカバー的な利用もできます。
ドイツでは同じタデ科のイタドリ(Fallopia japonica)も含め、道路の分離帯など多くの場面で利用されています。
イタドリは日本では雑草扱いで嫌われものになっている感がありますが、植床が限定される分離帯などの場面では、他の雑草をも寄せつけない強健性があるので、頭を切り替えれば利用価値は高いと思います。鑑賞的には葉の裏に白い綿毛がある同じ仲間のウラジロタデ(Pleuropteropyrum weyrichii)なんかは葉枯れも少なく優れます。
もっとも、あまりにはびこるため、斑入りの園芸品種を含め庭の中に植えるのは危険です。イギリスではあまりに増えて問題になっているそうです。

でも、この時期のナツユキカズラの白花、晴れた日は良いのですが、秋雨の中ではちょっと寒々しい感じがしてしまいますね。
by geesgreen | 2008-10-05 05:35
バラの挿木
バラの挿木_f0160407_6331326.jpg
昨日、イコロの森で挿木したバラのポット上げをしてきました。
上の写真は、イコロの森の温室内、ミスト室。
手前のバラは9月18日に挿した分です。
昨日ポット上げしたのは、8月22日と28日に挿したうちの一部。
歩留り(発根率)は、品種にもよりますが、8月22日が5割程度、8月28日は6〜7割程度、9月18日は9割程度でしょうか。遅くなるほど生存率は上がりますが、枝が固くなるので発根は遅れます。できれば早く発根させて、屋外のものと同様に冬は低温下で休眠させた方が望ましいのですが、今年は早く挿した分の生存率が低い。真夏は屋外の樹林下で難なく発根するのですが、施設内では挿し床の高温回避が課題でしょう。
バラの挿木_f0160407_634153.jpg左の写真は発根したノゾミ(Heideröslein-Nozomi)です。1968年、小野寺透氏作出のクライミングミニチュアの銘花。ヨーロッパでは様々な場面で利用され、ある意味で定番の品種になっています。その強健性から挿し木もほぼ100%発根します。
よく見れば、土にもぐっていた下の2節から発根し、わかりにくいですが、上の節からはシュートが発生しています。2節挿しするのは、発根数の増大と、このシュートを期待しているのです。自根苗のメリットのひとつです。この他自根苗のメリットは多々ありますが、長くなるのでまたの機会に。


バラの挿木_f0160407_6351953.jpg
バラの挿木_f0160407_6362160.jpg
上の写真は、昨年行ってきたミネソタにある自根苗の生産温室。
バラの自根苗生産では世界最大規模です。温室内の床面に直接挿す床挿しです。最適な室温、湿度、通風が保たれ、砂質の土壌で素晴らしい発根状態でした。
発根した苗は、温暖なフロリダの畑に地植えされ大株に育てられます。気候を生かしたリレー栽培です。


バラの挿木_f0160407_637058.jpg
ついでにもう一枚。
同じミネソタにあるミネソタ大学の植物園(University of Minnesota Landscape Arboretum)のバラ園の様子。
春の遅いミネソタではバラの土壌改良は秋にやります。やっているのは皆ボランティアの人たち。
楽しそうなのですが、これがみんな不器用、思わず入って行って仕切りたくなりました!
by geesgreen | 2008-10-04 05:47
ダイズの野生種
昨日、深川にある拓殖大学北海道短期大学に新設した宿根草モデルガーデンの植栽に行ってきました。
芝生広場の中で背景となる垣根や塀などがないので、ボーダーガーデンというよりリボン花壇でしょうか。芝生の緑との対比と横を走るJRの車窓からの目立ちを意識して、赤を中心にした暖色系でまとめました。暖色系の耐寒性宿根草の選択肢は限られますが、淡色系のボーダーはあちこち多いのであえて暖色系で、との意図もあります。その植物種類から花期は盛夏から晩秋までがメインになります。design by TAKAYUKA、来年以降も補植、修正していきますが、楽しみです。

ダイズの野生種_f0160407_5474613.jpg

ダイズの野生種_f0160407_5484635.jpgダイズの野生種_f0160407_5492942.jpg作業後、学内の圃場を見学。
その中で、ダイズの野生種を見せていただきました。
まさにツル性植物です。食用ダイズ(Glycine max)は、東アジアの河川流域に広く自生するこのツルマメ(G. max ssp. soja)の栽培化が起源とされています。ツルマメは日本でも各地に自生している一年草で、古代から食糧とされていたそうです。
大学では、日高の沙流川流域で野生化しているものを採種して育てているとのこと。
沙流川と言えば二風谷、門別アイヌのメッカ。アイヌも栄養源としていたのでしょうか。ちなみに明治政府はアイヌを狩猟民族から農耕民族にしようということで、沙流川流域で栽培型の大豆も栽培され、貴重な現金収入になっていたそうです。沖積土で土地がよく肥えているのでよく育ったことでしょうが、暗い歴史も想像できます。
左の写真、右は現代の栽培品種、左がツルマメです。種子は小粒ですが、この種子100%の豆腐を作ってみたら非常に濃厚で美味であったそうです。おそらく栽培型のダイズよりタンパク質含量も高く、栄養価も高いのでしょう。この納豆も食べてみたいものです。
ツル性にならない4、50cmの栽培種の葉はとうに枯れているのに、これはこの時期まで緑の葉を保ち、実も鈴なり。鑑賞用にも使えそう。
花だけでなく野菜にも、原種には特別な魅力、不思議なパワーを感じます。
by geesgreen | 2008-10-02 05:49