イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
森の恵みの冬囲い
昨日、今日と天気予報では10℃以上になるとのことで、冬囲いをやられた方も多いと思います。
私も昨日イコロの森のバラの冬囲いに行ってきました。
昨年は札幌と異なる小雪、低温の厳しい環境の地であることからいろいろ試しましたが、予想以上に手強く、品種によっては多くの枝枯れを起こす結果になりました。
その中でも一部匍匐性のポリアンサなどに行ったウッドチップで厚くカバーする方法でほとんどの枝が助かったことから、この冬は前に書いたMinnesota Tip Methodを主体にやろうと考えていました。

f0160407_55454.jpg
f0160407_56253.jpg
まだ植えたばかりなので容易に行うことができましたが、数株やってみて、根を掘らなくても株をじわーっと横に倒すことができそうなので、結局ほとんどの株は根を切らないで地上部だけを倒して(曲げて)、その上にチップを厚くかけることにしました。
写真にあるように、一人が結束した株を折れないようにゆっくり倒し押え込み、その上にチップをかけます。
苫小牧、千歳は冬の晴天日が多いため、雪が融けてそれが凍ることが繰り返され土壌凍結が起こります。
Minnesota Tip Methodでは、保温性をより確保するため株を地面より下に埋めますが、株を下げることによって融雪水による凍害の危険性が心配でした。
この方法だとその危険も少なくなると思った訳です。

もちろん、太枝が多く木立性の株で倒伏が難しいものや、既に枝がかなり伸びて誘引しているつるバラは保温資材で囲う予定ですし、オールドローズなどで耐寒性の強いものは結束だけで倒しません。
ただ、昨日やってみてほとんどのものはこの方法でイケます。
背丈ほどのものもじわーっとやれば可能です。
まだ太枝が少ない若木の今年だからできることとは思っています。
でも、この段階が重要です。今年の枝が残ってくれれば春からの勢いがつきますし、残った枝の耐凍性は高まり翌年からの冬越しが容易になります。
品種にもよりますが、今後は立てたままでも越冬できるものも出てくるでしょう。
それを期待しています。

使用しているチップは、イコロの森の造成時に間伐、伐採した樹木を粉砕したものです。
豊富にあるので助かります。
春にはこのチップを床土全面に敷き均してマルチングとして利用します。
森からの恵みを実感しつつ、今日は残り半分をやります。
by geesgreen | 2008-11-13 05:06
<< バラの切花生産 ツバキ名人 >>