イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
熱情の赤
熱情の赤_f0160407_5293290.jpg
自宅でまだしぶとく咲いているバラです。
アンダルシアン(Andalusien)、1976年ドイツ、Kordes作出のフロリバンダ。
同じ年1976年のADR受賞花なので耐病性にも優れるはずですが、日本では若干ウドンコが発生するのかな。
濃緑の葉質からして耐病性は強いと思うんですが。
日本で最大手のKバラ園芸(イニシャルにする意味ないか)からの苗木ですが、もしかして耐性ができてしまってるのではないかと疑っています。
確証はないものの、どうも日本の苗木はとくにアメリカなどと比べて耐病性が弱まっているような気がしてなりません。

赤花ですが、一番花から結構濃いめで、この時期はさらに濃い色になります。蕾の黒さ加減も良いです。
名前の由来は不明ですが、スペイン最南端のアンダルシア州からと思います。土地がらの熱情とか、情熱とかのイメージからでしょうか。
この花色は本州では望めない、もっとボケてしまうでしょう。この手の花色は北国でこそ本来の発色が見られます。
他の色と離して複数株を植えるとより効果的と思います。
本当に連続開花性に優れ間断なく花を付けます。濃緑の葉と花色が場面を引き締めてくれるでしょう。

ここ数日で近所でも少しずつ冬囲いをした庭が目立ってきました。
ただまだ日中は10℃以上の気温です。
落葉する前のツツジなどがしっかりと結束されているのを見ると、まだ早いなーと思ってしまいます。株中は日中かなり蒸れるでしょうし、逆に休眠が遅れます。
強い霜が来て、落葉樹が葉を落としてから囲うのが常套です。
例年札幌では11月中旬がベストでしょう。今年はもう少し遅らせてもよいかもしれません。
まだまだバラも咲いてます。最後の花まで楽しみたいものです。

昨日書いたブログの件、
長くて「うっ」となりませんよ、とのメールいただきました。
ありがとうございます。
どうも短く終わるとフラストレーションが溜ります。
励ましのお言葉に甘えて、やはり書きたいことを書きたいだけ書かせていただきます。
もっとも家内には「変わるわけがない」と、見透かされていましたが。
by geesgreen | 2008-10-31 05:37
<< 豪雪地の冬囲い 秋に咲くハマナシ >>