イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バラの輸入
昨日も一日中バラの輸入の諸々やってました。
ちょっと前の4時前にボタン押して送信したメールで、とりあえず注文は一段落。
肩こりでバンバンです。
世の中、株の暴落、円高でパニック状態ですが、こと輸入ものに関しては追い風、今のうちに早めに決済してしまいたいのです。
売値は支払い時の単価で計算するので、このままでいくと今年よりかなり安く設定できそうです。

昨年はドイツとアメリカのナーセリーから輸入しました。
ドイツのS社は、10年ほど前にドイツの他の業者を訪ねて行った時についでにのぞいて、その品揃え、品質が忘れられず、昨年改めて連絡しました。
とくにオールドローズは充実していています。
オールドローズは、何と言ってもイギリスのPeter Beales社がその取扱い品種数で世界でも群を抜いていますが、実際には注文しても翌年またはその次の年とずれ込むものが多くあります。
注文受けてから増殖をかけるものも多いと思われます。いー商売です。
ですがドイツのS社は確実に在庫を確保していて、ガリカ60品種全部OKなくらいです。
本来は海外への卸しはしないのですが、北海道の気候と日本の流通の特殊性を伝え、やる気になってくれました。

でも輸入はリスクを伴います。
昨年アメリカから入れた苗木は、入国時の植物防疫検査でセンチュウの件で引っかかり、金額にして20万円ほど焼却処分に。
パチスロ好きのKの「一晩で20万すられることもある」の言葉に励まされ(?)、無理矢理自分を納得させました。
アメリカからはとくにブドウオオハリセンチュウの移入が問題になっていたようで、出国先のアメリカの検査ではOKでも日本の厳格な検査で何らかのセンチュウが見つかれば全てアウト。去年、一昨年はOKだったのですが・・・
BSEの問題も絡んでいたようで、とくにアメリカからのものには厳格でした。
先方には瑕疵はないので、こちらでかぶるしかありません。
輸入は、輸送の段取りや保管の温度、湿度などに気を使い、受け取るまで胃がキリキリします。
できれば国内ものでと思いますが、残念ながら北国で使うにはその品種構成に納得できず、輸入の手段を選んでしまいます。かなり妥協して選んでみたとしてもです。
今回もまたアメリカから入れますが、どうなることやら。
でも今回とくに四季咲き性の自根苗の品種にいいものあります。無事に顔を見たいものです。

バラの輸入_f0160407_511780.jpg
色気がないので、最後にまた紅葉の写真を一枚。
レンゲツツジです。
花時期以外はあまり気にかけて見ないのですが、日当り、条件が良ければ紅葉も良いです。
個体によって色付きが異なり、そのグラデーションが何とも言えない。
昨日手稲山も初冠雪、例年より11日遅いとのことですが、街なかの紅葉もそろそろ終わりを迎えています。
by geesgreen | 2008-10-28 05:11
<< 秋に咲くハマナシ Minnesota Tip M... >>