イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
20年目の景観
昨日は百合が原公園での講習会に行ってきました。
久しぶりの百合が原、それも時間的に余裕があったので1時間以上かけて公園内のあちこちをじっくり見て回りました。
世界の庭園の無料開放や苗木配布もやっていたので、天気も良くたくさんの人が残り少ないさわやかな秋晴れを楽しんでいました。

f0160407_5413690.jpg
一昨日朝日町のヒースガーデンを書いたからという訳でもないのですが、上の写真は百合が原のヒースガーデンです。
花博後の昭和62年に平坦地だったところに盛土してロックガーデンを造成、その北東斜面を利用してヒースガーデンをつくりました。
当時は他にヒースガーデンはなく、イギリスの植物園などの写真を見てイメージを膨らませました。
たっぷりのピートモスや火山れきを入れ、傾斜地を危なっかしく耕耘機で何回も行き来したのを思い出します。
当初は手前側に、今はなき小金湯の農業センターから20種類ほどのヒース類を掘ってきて植え、その後挿し木で増やしたり、新たな品種を加えたりして徐々に拡張して現在の形になりました。
品種ごとに異なる刈り込みを毎年欠かさず行っているため、株の暴れもなく、しっかりと地面をカバーしています。
当時は小さかった背景の針葉樹も大きく育ち、改めて年月の経過を感じます。

まだまだ若い公園と思っていましたが、こういう景観を見ると20年という歳月もそれなりのものだと感じます。20年という年数は長いのか、短いのかはわかりませんが、いずれにしても20年の歳月が作り出したものだと。
あちこちで毎年大小様々ないろんな場面がつくられます。それらが年数を重ねて価値が高まる、植物を使うということはその醍醐味と思っています。
植物自身でその場所に合った生育をして、それぞれが景観を高める。我々はそれをイメージしてタネを蒔き、苗木を植える。毎年それを見守り、必要な手助けをする・・・

秋の季節はそんなことを思わせてくれます。
by geesgreen | 2008-10-20 05:43
<< 一ヶ月 街なかの紅葉 >>