イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
街なかの紅葉
街なかの紅葉_f0160407_4473271.jpg
街なかの紅葉_f0160407_4482358.jpg
また紅葉ネタです。
昨日合間に北大構内北13条通りのイチョウ並木と北大植物園の紅葉の様子を見てきました。
いつも新聞ネタになる写真のイチョウ並木は6割程度の色づきでしょうか。まだまだですが、最盛期になると写真やギンナン取りの人で賑やかになるので少し早めに見てしまった方が賢明かも。
ちなみに昨年は11月4日頃が見頃だったとのこと、昨年より今年の方が気温が高めなのでもっとずれ込むかもしれませんね。
それにしても街なかは暖かい。
植物園もまだまだこれから。ブナや名物のクロフネツツジの大株もまだ緑々してました。

街なかの紅葉_f0160407_453275.jpg左の写真は北大構内の総合博物館の壁面を覆うナツヅタ。早々と色づくナツヅタはいー感じでした。
総合博物館では10月25日~12月25日まで、「カレル チャペック その生涯と時代」没後70周年展が開催されます。
非常に多才、数奇な人生を送った人なので展示内容も盛り沢山と思いますが、カレル チャペックといえば園芸マニアとしても知られ、唯一の園芸ものの著書「園芸家12カ月」は本当に楽しくお勧めです。
園芸家をユーモアたっぷりに風刺的に描いています。イラストも楽しい。
確か、花そのものより、土や、虫などいろんなことにマニアック的になってしまって、冬になってから自分が1年間庭をゆっくり鑑賞することがなかったことに気づく、などのくだりがあり、妙に言い得ていることが多く、うん、うんと頷きながらクスッとなりながら読んだ記憶があります。
イチョウ並木見がてらのぞいてみてはいかがでしょう。どちらもタダですしね。

街なかの紅葉_f0160407_4494761.jpg
上の写真は、植物園で咲いていたエルゼ ポールセン(Else Poulsen)。1924年、デンマークのポールセン作出のフロリバンダ。
ポリアンサの銘花オルレアン ローズ(Orléans Rose)とHTのレッド スター(Red Star)との交配種で、最も初期のフロリバンダとされる歴史的な品種です。
人気のパーマネント ウェーブ(Permanent Wave)はこのエルゼ ポールセンの枝変わりですが、よりウェーブが強いパーマネント ウェーブはどうも化粧が濃すぎる感じがして(例えが不適切かな)、エルゼ ポールセンのほうが凛として魅了あると思います。
ちなみにオルレアン ローズはもっと野趣があり田舎の女の子的で好きですが、Gee'sで販売していたものは完売になってます。買った方はきっと長く付き合えるでしょう。

バラは別として(ごめんなさい)、植物園や北大構内の大木など、やはり年期の入った植物を見るのは楽しい。素直に感動します。
とくにこれからの緑を担う若い人は絶対見るべきです。できれば一年に何回も。
年数を経た植物や景観からこそ何かしらのヒントが得られます。新しい庭なんかは横目で見てれば良い。おーっと、また言い過ぎてしまいました。ごめんなさい。
by geesgreen | 2008-10-19 04:50
<< 20年目の景観 最北のヒースガーデン >>