イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ハマナシの紅葉
f0160407_4531575.jpg
一昨日立ち寄った岩見沢公園、駐車場横のハマナシの垣根です。
ここ数日の朝晩の冷え込みでかなり葉の黄化が目立ってきました。札幌より進んでいます。
キネンシス(コウシンバラ Rosa chinensis)の血が入る四季咲きのモダーンローズはまだ緑濃い状態。暖地性の性質を受継いでいるので、寒さに対する感受性が備わっていないためでしょう。かなり秋深まって雪が散らついてきても緑の葉を保ちます。
それに比べて北国で生き抜いてきたハマナシは、微妙な気温の低下を感知して冬越しの態勢に入ります。さらに耐寒性の強いグラウカ(Rosa glauca)などは早々と落葉を始めます。厳しい冬を乗り切るために身につけた防衛本能でしょうか。
大雑把な言い方ですが、秋深まっても葉の緑が濃いものほど耐寒性が弱い、耐寒性の目安になります。冬囲いの方法を選択するにも目安になります。ただし栄養状態や土壌水分の影響、当てはまらない品種もありますが。
昔はハマナシが落葉を始めたらモダーンローズの葉むしりを始めました。モダーンローズはいつまでも葉が青々としていますから、休眠期の目安にしていた訳です。

f0160407_513969.jpg
上の写真は、昨日伺った「札幌ばらの会」会長の高木さんのお庭のバラ。
全てHTですから当然まだ葉は緑濃く、これから開花する蕾も多くあります。
それにしても病害が少しも見られない! 春からこの時期までどれほど緊張感を持って管理していたことか、敬服いたします。

当たり前ですが、寒さで落葉するのと病害で落葉するのとは別です。
この時期、下葉が落ちて枝先だけ葉が残り、その先に弱々しい花や蕾がついている株をよく見かけます。そんな姿を見るのはこの時期余計寒々と感じてしまいます。
四季咲き性のバラは秋花も大きな魅力です。その管理にはやはり相応の管理が必要で、何よりも気合いが不可欠。気力、体力勝負のところがありますね。
自信のない方は品種の見直しから必要でしょう。
by geesgreen | 2008-10-07 04:53
<< バラの評価 ナツユキカズラ >>