イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バラの挿木
f0160407_6331326.jpg
昨日、イコロの森で挿木したバラのポット上げをしてきました。
上の写真は、イコロの森の温室内、ミスト室。
手前のバラは9月18日に挿した分です。
昨日ポット上げしたのは、8月22日と28日に挿したうちの一部。
歩留り(発根率)は、品種にもよりますが、8月22日が5割程度、8月28日は6〜7割程度、9月18日は9割程度でしょうか。遅くなるほど生存率は上がりますが、枝が固くなるので発根は遅れます。できれば早く発根させて、屋外のものと同様に冬は低温下で休眠させた方が望ましいのですが、今年は早く挿した分の生存率が低い。真夏は屋外の樹林下で難なく発根するのですが、施設内では挿し床の高温回避が課題でしょう。
f0160407_634153.jpg左の写真は発根したノゾミ(Heideröslein-Nozomi)です。1968年、小野寺透氏作出のクライミングミニチュアの銘花。ヨーロッパでは様々な場面で利用され、ある意味で定番の品種になっています。その強健性から挿し木もほぼ100%発根します。
よく見れば、土にもぐっていた下の2節から発根し、わかりにくいですが、上の節からはシュートが発生しています。2節挿しするのは、発根数の増大と、このシュートを期待しているのです。自根苗のメリットのひとつです。この他自根苗のメリットは多々ありますが、長くなるのでまたの機会に。


f0160407_6351953.jpg
f0160407_6362160.jpg
上の写真は、昨年行ってきたミネソタにある自根苗の生産温室。
バラの自根苗生産では世界最大規模です。温室内の床面に直接挿す床挿しです。最適な室温、湿度、通風が保たれ、砂質の土壌で素晴らしい発根状態でした。
発根した苗は、温暖なフロリダの畑に地植えされ大株に育てられます。気候を生かしたリレー栽培です。


f0160407_637058.jpg
ついでにもう一枚。
同じミネソタにあるミネソタ大学の植物園(University of Minnesota Landscape Arboretum)のバラ園の様子。
春の遅いミネソタではバラの土壌改良は秋にやります。やっているのは皆ボランティアの人たち。
楽しそうなのですが、これがみんな不器用、思わず入って行って仕切りたくなりました!
by geesgreen | 2008-10-04 05:47
<< ナツユキカズラ ダイズの野生種 >>