イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
恐ろしや
昨日の早朝、恐る恐るイコロへ。
あの風ですから、かなり倒れものあるなと覚悟して行きました。
f0160407_514544.jpg

f0160407_5151671.jpg

入口入って落ち枝、落ち葉が散乱、右側すぐの伸び切ったカラマツが倒れており、これはさぞかしと園内を見て回る。
幸いに高木の倒木はこのカラマツだけで、枝裂けが数株。安堵しました。
木塀の倒壊は、耐用年数の問題でしょうから、ある意味やむなし。
でも、何とかしなければ。

あの忘れもしない2004年9.8、平成16年の台風18号のことが頭をよぎってました。
目の前で大きく育ったポプラがミシミシ音を立てて倒れ、呆然として見守るしかありませんでした。

今回も、札幌では公園や街路樹が144本倒れたとの。
今日講習で行く百合が原公園でも、庭園のポプラなど10本ほど倒れたとのことです。
かなり危険木を整理したはずなのに、まだまだなんですね。
恐ろしや、ですね。

あの台風被害を受け、どの公園でもハザードマップを作成しましたが、本音は「災害時は公園は危険だから近づくな」と書きたかった。
景観重視、耐風性のない外来種を使い、しかも根張りが確保されていない株が多い、どこよりも危険でしょうから。
イコロも然り、倒れたカラマツの根を見ればわかります。
薄い表土だけに根を張って、辛うじて立っていたのがよくわかりました。

どちらかと言うと台風には無頓着だった北海道ですが、それだからこそ危険も多く含んでいるといえる。
南ヨーロッパ辺りの風のない所で育つイタリアポプラなんかは、この台風銀座の日本ではとても耐えられない、無防備です。
昨日、いわみざわ公園に行きましたが、公園前のポプラ並木、「恐ろしや」と感じました。
by geesgreen | 2015-10-10 05:17
<< 収穫 マガンがいっぱい >>