イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
花盛りの温室
花盛りの温室_f0160407_531130.jpg

昨日は諸々の合間にちょっと百合が原公園に。
例年、ツバキ展とアザレア展が重なるこの時期が温室内がいちばん華やかなるので、今が旬かな、と。
アザレア展は昨日まででしたが、ツバキと共にまだまだ見られそうです。

花盛りの温室_f0160407_534179.jpg

お目当てのサルウィンツバキは見られませんでしたが、代わりに咲いていたピタールツバキ(Camellia pitardii var.pitardii
うん、これで満足。
ワビスケの大元、‘太郎冠者’(=‘ウラク’)は、これらとヤブツバキとの間にできた雑種と言われています。
サルウィンより少し軽やかで、とても魅力ある原種です。

遅咲きの洋種ツバキも結構咲いていました。

花盛りの温室_f0160407_541072.jpg

ハッピー デイズ(Happy Days)
いかにもトウツバキ然としたバラ咲きですが、これもサルウィンツバキの血が入っている品種です。
アメリカの品種だったでしょうか?

百合が原公園では、開園当初から定番品種のツバキが温室内に地植えされていましたが、もっと多様な品種を集めて展示会をしたいと、年度を変えて原種や洋種ツバキ、そして先日書いた小輪の香りツバキを集めました。
結構、力技でした。
今の株はその時からの栽培品です。

本州では、これらは全く人気がありません。
やはり古典植物のひとつ、茶花として使えるツバキ然としたもの以外は受け入れられないのです。
そんなしがらみがない北海道でこそ、室内ものとしてもっと多彩なカメリアが楽しめるのではないかと、そんな思いがありました。
日本のツバキと分けて、洋種ツバキだけの展示会をしたこともありましたっけ。
今でもそんな可能性は捨て去ってはいないのですが…

花盛りの温室_f0160407_543579.jpg

おまけで、咲いていたフクシアの原種、フクシア スプレンデンス(Fuchsia splendens
ちょっと作りにくいですが、異彩を放つ原種です。

低温室ものは、まだまだ可能性のあるものがたくさんあります。
半年も雪に覆われる北国こそ、そんな魅力を発信し続けてほしいものです。
by geesgreen | 2015-03-02 05:05
<< 輸入バラ完了 ‘サクラ’咲く >>