イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もがき
昨日は百合が原公園での今期最後の講習「バラの冬囲い」。
今月はあちこちで同様の講習があり、その一発目でした。
お付き合いいただいた管理事務所長の庵原さんには、「去年とは大分話の内容が違いましたね」と言われましたが、ですよね、毎年違う、それが当たり前と思っています。
成長はしていないかもしれないが、少しでも改善しようと毎年もがいている訳だし、その結果、思いを少しでも伝えるのが講習会の目的と思っていますから。

最後は型通りの実演もしましたが、昨日はバラを見極めようよ、って話に力が入ったような気がします。
今の時期まで葉が茂って、景色を作っているバラこそ使うべきバラではないのか、いくら花が良くても、落葉が進み、枝先だけの花ってどうなのよ、なんて話。
ここ数年は、ますますその思いが強くなってます。

昨日の参加者もほぼ無農薬、百合が原もイコロもそう。
そんな中では残るものは限られるし、それを見つけ、それを拡大して景色を作る。
それまではもがく、ジタバタする。
まだまだそんな過程に、僕らはいるんでしょうね。

f0160407_513471.jpg

f0160407_5141114.jpg

百合が原のコルデシーのシャンプラン(Champlain)。
嘘か本当かわかりませんが、Z2のVery hardyものです。
オールドローズは別にして、百合が原では数少ない今の時期までの茂りものです。
やはり5年前までの評価と変わらない。
百合が原は全部シャンプランでもいい、そう思ってしまいます。

f0160407_5144082.jpg

ロックガーデンでは、ウラジロナナカマドとナナカマドの雑種(でしたかね?)の赤実が目を引いていました。
完全放任で樹形は株立ちにまとまり、20年ほどで2.5mほど、これがマックスでしょうか。
背景のアカエゾも、小さい苗木が15年ほどで5m以上に。

もがく人間を尻目に確実に育っています。
その間、いったい自分は何をしていたんでしょうね。
もがいていただけかもしれません。
やっぱり木を植えよう、改めてそう思いました。
by geesgreen | 2014-10-06 05:15
<< 秋一変 活火山 >>