イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
色彩館
いやー、昨日の札幌は荒れましたね。
昼からは回復したものの、午前中は街なかでもホワイトアウト、珍しいですよね。
今朝も覚悟してましたが、今のところ静か。

岩見沢方面はどうだったんでしょう?
で、昨日、今日と終日雪予報だったので、一昨日いわみざわ公園に行ってきました。
リニューアルのための「色彩館」(温室)の植栽、最後まで立ち会えなかったので気になっていました。

色彩館_f0160407_4483330.jpg

さっぱりしましたね。
芝も張り直され、これからの期待感が高まります。

今回のリニューアルでは、本来の「室内公園」の目的から「花より緑、良質の緑に囲まれる、しっとりとした緑、しかし和ではない洋風な景観」(いつもながら長い、しつこい…いつものことですがー)をコンセプトにしました。
病害虫の発生が顕著だったのでモノも入替え、耐陰性、耐病性の強い常緑もので構成、安定的な緑を期待しています。
マスタープランは言い出しっぺの自分ですが、具体的には我らがJimyさんが担当。
何せ静岡県出身、イングランド修行ですから、常緑ものには適任です。
寡黙に進めていましたね。

色彩館_f0160407_4491715.jpg

その中で、輸入もののケアノツスもかなり苦戦しましたが辛うじて残りました。
ケアノツス(Ceanothus クロウメモドキ科)、以前百合が原公園でもやはり輸入株ですが数品種を大温室に地植えしていました。
バンバン大きくなり、満開時は見事でした。

色彩館_f0160407_4494535.jpg

「California lilac」とも呼ばれ、カリフォルニアを中心に分布する花木で、白やピンク花もありますが、やはり何と言っても濃〜薄い青花もの、花木類ではあまりない花色です。
(でも何故かカリフォルニアでは日陰もの扱いでしたが…)
結構耐寒性が強いものもあるので本州では十分越冬できますが、何せカリフォルニアもの、夏の高温多湿にはメチャ弱く、本州では難物でしょうね。
乾燥するように管理すれば、北国のオランジェリー向きの植物ではないか、と。

百合が原のケアノツスは残念ながら今はありません。
(あまりに大きくなって他のものを被圧してきたため移植、結果全滅してしまいました。工藤の責任です。申し訳ありません!ここだけの話ですよ…)
自慢できませんが、こんなん山ほどある。
要は管理ですね。
無責任のように聞こえるかもしれませんが、どんな場面でも最初の植物選び、植栽なんていうのは出だしであって、それをどう育てるか、使いこなすか、そしてどう発展させるかは、やはり当事者、管理者です。
(でも前述の移植すべきかしないかは明らかに判断ミス…申し訳ありません…しつこいですね)
最善の選択をしたとしても、いろんな条件によってどう化けるかわかりません。
そして、まだまだ使いたいものもある。

まだまだ植えたばかりで「さっぱりした」状態ですが、これからモリモリしてきます。
楽しみです。
by geesgreen | 2012-12-27 04:50
<< ウサギの嘆き メリー クリスマス… >>