イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北へ
北へ_f0160407_41515.jpg
北へ_f0160407_4153871.jpg
北へ_f0160407_416640.jpg
一泊ですが、網走のホテルに泊まってきました。
一年中北海道の景色、景色と大騒ぎしていますが、とくにこの一面雪で覆われる真冬は特別。
北へ、北へ、もっと北への思いが強くなります。
今年は、できるだけオホーツクはもとより釧路・根室方面へも行きたい。
なぜかそう決めてます。
どうしてなんでしょうね?

原風景を感じるのです。
おそらく日本人のそれはと言えば、山懐に抱かれた盆地的景観、里山や棚田なんかの農村景観であり、それが日本庭園へも繋がっているのだと思う。
でも北海道は違う。
もっとその原風景と言うか、オホーツク人や弥生時代前の縄文人、農耕以前の採集狩猟民族の見た景色。
それを感じるということは、自分は身震するほどの感動を覚えるのです。
ただそれだけでもよいのに、和風でもなく洋風でもない、それ以前のその景色を取り込みたい、なんて無謀なことですよね。
でも北海道の景観づくりにはそれが欠かせないと思う。

時代は北へ、と思っています。
このカオスに満ちた時代を生き抜けるには、緩く弛緩する熱帯ではなく凛と粛然とした北にこそ、その可能性があると感じています。
とくに冬の季節は、その思いが強まる。
だから毎日の雪かきもキツくない、かな?
by geesgreen | 2011-01-17 04:16
<< ハウスの雪 リセット >>