イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鹿のピンチ(摘芯)
昨日は一転、いい天気でしたね。
風もなく…ということは、またまた石灰硫黄合剤日和。
月形の畑のバラに散布してきました。

鹿のピンチ(摘芯)_f0160407_4444353.jpg
6月に植えた、あの3.5寸ポットのチビ苗が大きく育ちました。
枝を避けながら畝の間を歩くほどです。
枝の伸び、太りとも上出来。
まさに地力です。

その中の一品種だけ、シュートがやられました。

鹿のピンチ(摘芯)_f0160407_4454677.jpg
鹿ですね。
半つる性で2m以上伸びているシュートですから、アライグマやキツネではない。
こんな話、本州では考えられないでしょうね。
「野生の王国かいな」って感じですよね。
いちばん多いのはアライグマ。
すぐ近くのコテージGの梅木さんの所では、今年は被害少ないとのことでしたが、ここではやたら個体数が増えているようです。
集団移動するんでしょうかね?
夜行性だから昼間は見れない。
夜中にはうじゃうじゃうごめいているんでしょうね、ラスカルたちが。
見てみたいような…

鹿には毎年イコロでやられてます。
ガーデンに人の手が頻繁に入り、入園者も多くなってきたので大分少なくなりましたが、3年前の植えた当初がいちばんでした。
ほぼ完璧にシュートの先端だけ確実に摘み、シュートもどきや旧年枝の脇枝は見向きもしない。
この見極めは玄人技ですね。
今回もトゲのユルい、水分含有量が多そうな太ったシュートだけでした。
奴らは知ってるんですね、美味い所を。
それも先端だけ、二度噛みはしない。
絶妙なピンチですね。
どうせこれから伸びないし、先端は摘んだ方がいいんですから、助かります。
でも、これから根雪になって食べ物がなくなると、バラの茎の皮がやられます。
そうなると茎がダメになる。
イコロではかなりやられてます。
月形の苗は、これから掘り取ってハウスでポット植えするので、その心配はありません。
その意味では、今のところは全く悪いことしてないんですよね、鹿さんは。
鹿がピンチした長尺苗、来年Gee'sに並びます。
それ、ポップに書こうかな。
by geesgreen | 2010-10-30 04:46
<< 黒い指 最後の紅葉 >>