イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
欧米人は数が数えられない!
欧米人は数が数えられない!_f0160407_5513274.jpg

一昨日、千歳でカナダからのバラの第一便と面会してきました。
ほとんどが#1苗ですから相変わらずのゴツい大苗です。
品種数が多いので植物検疫に数日かかるとのことで、乾燥防止に霧吹きを散布してきました。

欧米人は数が数えられない!_f0160407_5521661.jpg

立ち会った一次検査は、数量確認とセンチュウやバクテリア付着(見えないよなー)の目視です。
怪しいヤツはその後二次検査で顕微鏡検査に回されます。

で、またまた数量違い!
151品種のうち12品種が記載の数量より1、2株多い。
勘弁してくれって感じです。
少ない分にはOKなんですが、輸出国での検査証明書はあくまで10株に対して発行しているもので、10株のものが11株あると、11株のどの10株かは当然特定できないので全部通りません。
改めて現地から11株に訂正した証明書を取り寄せなければならない。
(検疫証明書の差替えなんて変な話ですが、こちらとしてはそれで助かります。)
うーっ、今回はいけると思ったんですが。

15年ほど前から毎年何だかんだと輸入していますが、以前はラフなものでした。
結構数が違ったこともあったし、ろくに開封しないで通っていたものもありました。
厳しくなったののは、あのBSE問題くらいからかな。

でも、数くらい間違わないでくれよなって感じです。
これまでを考えてみると、イギリス、オランダはほとんど数量違いはない。
ドイツ、アメリカ、カナダはほとんど間違えている。
お国柄、その国の事情とこの結果の因果関係は分かりません。
当然個別の業者の違いの理由の方が大きいでしょう。
でも、間違えるところほど欲しいモノが多いし、苗の状態も良い。
この辺の事情と関係あるのかも。

一緒に台湾からのコチョウランも検疫を受けていましたが、台湾からはほとんど数の間違いはないそう(?)。
ベトナムやインドも正確だそうです(??)。

検査官から「去年ほどではないですね」と慰められてしまいました。
うーっ。
by geesgreen | 2010-02-14 05:53
<< 西高の雪像 神に選ばれた人たち >>