イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
神に選ばれた人たち
昨日は暖気でしたね。
やっぱり来ましたね、雪まつり暖気が。
春の気配を感じた方も多かったと思います。

昨日は月形の雪の聖母園のハウスへ。
潅水と、換気のための扉開閉の打ち合わせ兼ねて。
もう少ししたら晴れた日中は妻面の扉だけでなくサイドも開けなければならない、保温のために残したサイドの雪壁もそろそろ割らなければなーと思って行きましたが…

神に選ばれた人たち_f0160407_5213156.jpg
何と到着してみると、その雪壁を施設の入所者の人たちがきれいに崩して運び出している最中。
秋に見たダイコンの掘り取り〜運搬の時と同じく、今度は一輪車ではなくママさんダンプでのリレー。
みんな黙々とやってました。
感謝、感謝です。

入所している知的障がい者の方々は、誤解される言い方かもしれないけど、神に選ばれた人たちではないかと感じています。
欲の熊鷹、股裂くる(よくのくまたか、またさくる 熊鷹が二頭の猪を両足で同時に捕まえて離さなかったので、猪が左右に逃げたときに股が裂けてしまった、ということわざ)、我々は多かれ少なかれみんな欲のかたまり、彼らはそんなのとは全く無縁です。
彼らと接する度に今の自分を、欲にまみれた自分を振り返ってしまいます。
これからもいろんな接点、お願いすることになりますが、自分にとっては全く貴重な体験になると思います。

でも、写真のいちばん手前の彼(いつ発作があるかもしれないので常にヘッドキャップをしている)に、車のタイヤはチェーンを付けた方がよいと強く言われ、このタイヤは冬は滑らないんだよと言ってもなかなか分かってくれませんでした。
でも、ありがとう。
心配してくれてるんですよね、きっと。

平日のハウスの開閉は、冬中ずーっと重機で除雪をやってもらっている施設管理の職員の方へ、休務日の土日はコテージガーデンの若いスタッフお二人にお願いすることにしました。
梅木さんには聖母園への取っ掛かり、業者紹介など、これまで本当にお世話になってます。
またまた、感謝、感謝です。
月形は自分にとって特別なところになっています。
by geesgreen | 2010-02-09 05:22
<< 欧米人は数が数えられない! 天の邪鬼で偏屈 >>