イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
曲管地中最高最低温度計
いやー日が長くなってきましたね。
つい数日前まで夕方4時にはもう暗くなっていたのに、昨日は5時でもまだ明るい。
どうでもいー話ですが、片目がほぼ見えなくなった我が家の老犬は暗くなると怖がるので、散歩の時間も少し遅めでも大丈夫になりました。
室内に置いてある植物も少しずつ新芽が動いてきました。
室温はほぼ同じですから、微妙な日の長さを感じているんでしょうね。
外の植物ならなおさらでしょう。
見た目ではまだ分からないものの、かなり水を上げていると思います。
天気が良ければ、幹に耳を当てると水を吸いあげている音が聴こえるようにさえ思えます。

諸々あるので私は参加しませんが、今日はGee'sのみんなでバラの休眠挿しをします。
休眠挿しは頭寒足熱がポイントです。
地上部の温度が高ければ、今まで冷蔵庫で保存していたためにすぐに芽が伸び葉を出します。
そうなれば万事休す、まず発根はしません。
挿し床の地温を維持しながら、できるだけ地上部を冷やすことがポイントになります。
本当は低温室で温床があればよいのですが、それがないため床暖を利用することにしました。
そんな時はもちろんですが、いろんな場面で温度計は欠かせません。

f0160407_6303760.jpg
下の最高最低温度計は昔からあるもの。
この手の木製のもの最近はあまり出回らなくなりましたが、やっぱりこれがいい。
今主流のプラスチック製のものはどうにも不具合が多い。

上は今回初導入の最高最低地温計です。
曲管地中最高最低温度計、メタリックでかっこいい。
でも高い。
挿木のバットの地温を見ます。

昔から自分は「一家にひとつ最高最低温度計!」と騒いでましたが、当たり前ですが現温よりも必要なのは最高最低温度です。
だけど、壊れやすい。
これまでGee’sでも何個買ったかなー
百合が原でも、高価なので捨てるに捨てられず山とありましたっけ。
最高最低温度計貧乏になっちゃいますね。

曲管地中最高最低温度計、壊れやすそうだなー
by geesgreen | 2010-01-31 06:31
<< フリーペーパー 冬期剪定 >>