イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雪山
積雪の多かった地域の方には申し訳ありませんが、昨日の札幌は小春日和、積雪も年末からほとんどなく、全く真冬らしくない。
一昨日はGee'sと自宅の雪山の排雪を業者にしてもらいましたが、ちょっと拍子抜けの感じすらします。
でも降るものは降りますから、覚悟はしてます。
さあ来いと、何か待ち遠しいみたいな感じすらします。
そう言っといて、降ったら降ったらで、もう勘弁してよーってことになるんでしょうが。

除雪、雪かきは、全く生産的ではない作業です。
でも、雪国では生活の一部分ですね。
この作業とどう折合いをつけるかって、その理由づけを自分なりに納得してやらなければならない作業と思います。
いろんな理由があるんだろうけど、雪かきの場面を見れば、その人、その家の、その会社の、なんとなく人がらというか、性格というか、社風や経営状態さえも見えてくるようです。

f0160407_6112997.jpg
近所の家ですが、70歳以上のお爺ちゃんの毎年の作品、いや雪山です。
一昨日の暖気でちょっと緩くなってますが、冬中徐々に高くなりながらもこのかちっとした方形を保ちます。しかもしっかりと歩道は確保。
かなり締めてます。
春になってあちこちの雪山が消えても、最後の最後までこの雪山が残っています。
この雪山を見ればわかりますが、ちょっと頑固そう、すごく生真面目そうなお爺ちゃんです。

この雪山作りにかこつけてかもしれませんが、園芸や造園などの仕事っていうのは、結局は「掃除と片付け」が基本と思います。
職人仕事とは言いませんが、大なり小なりその要素がないと成り立たない仕事、作業ですから。
言葉通りの「掃除と片付け」だけでなく、その行為にはその仕事の反省と次に繋げる段取りも含まれてのことです。
工事や小売、生産の現場は、このことが為されているかどうかで大体その質が判断できます。
まず外れはない。
そして、個人の庭もそう。
大げさに言えば植物の配置や生育よりも優先するかもしれない。

どうでもいいことかもしれませんが、どうでもよくないと自分は思っています。
その辺のことはかなり重要と思っています。

50年以上も家畜解剖学一筋だった父親は、水糸を引いて雪かきをしていました。
その息子です。
まずいなー
by geesgreen | 2010-01-08 06:11
<< やっと見つけた北極星 天使の雫 >>