イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
棘まみれ
この一週間、先週の葉むしりに引き続き、バラの自家生産苗(自根苗)の掘り上げ〜ポット上げしてました。
全部で約2,000株、昨日完了しました。
棘まみれ_f0160407_5285313.jpg
初めて露地植えしましたが、これまでやってきたポット植えと異なり、6月に地植えした株はこの4ヶ月間で見事な大株に育ちました。
アメリカではバラの苗木の等級が制定されていて、グレードによってNo.1、1+1/2、2の三段階に分けらていますが、ほぼどれもNo.1クラスのサイズ。
アメリカで見た自根苗生産に匹敵するほどの出来。
太根も多く、よい、よい。
棘まみれ_f0160407_5311232.jpg
これはクライミングミニチュアのノゾミ。
畑で地面に這って伸びていた各枝をひーひー言いながら結束して掘り上げ、ポット植えしたものです。
枝の長さは3mほどはあります。
耐寒性、耐病性抜群、枝もしなやかで誘引しやすく、雪から出ても、雪がなくても全道どこでも安心してつるバラとして使えます。

ノゾミだけでなくどれも枝先は切りません。
通常は流通や価格設定などの問題でどれも同じ枝の長さに切り詰められるのですが、苗の段階から各系統、各品種の個性が出て、苗の姿も異なるのが自然です。
本来バラ苗はそうあるべきと思います。
その姿から使う場面をイメージして選ぶことができるし、植えた後もすぐにそれなりのボリュームある姿を楽しむことができます。

でも、大変な作業です。
当たり前ですが、枝を切り詰めた方がよほど楽。
枝枯れさせないための置き場所の確保も必要になるし、こんなことは他ではやらないだろうなーと思います。
昨日の帰りの車中でYukaさんはずーっと指に刺さった棘を抜いてました。
皆さん、ご苦労様でした!
by geesgreen | 2009-11-01 05:32
<< 90点 聖なる地 >>