イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
聖なる地
f0160407_773743.jpg
バラなどのストック用のハウスが完成しました。
場所は月形の知的障がい者更生施設「雪の聖母園」の敷地内です。
最初コーテージガーデンの梅木さんに「どこかハウスないかな?」と尋ねたところ、すぐに知り合いの町会議員を紹介していただき、その日に現場を見せていただきました。
当初は既にあったハウスを使うとのことだったのですが、少し小さめであり、施設側も自由に敷地を使ってもよいとのことだったので、間口6m、長さ25mのハウスを新設することにしました。
ちょっと大袈裟になりました。

どこの場所でもよかったのですが、施設側が様々な協力をしてくれること、そして何より知的障がい者の方々と何らかの接点が持てる可能性が決めてになりました。
以前公園勤務時代に花壇管理などを通して同様の施設の方々と接する機会がありました。
障がいのある方と接し一緒に作業をしたこの経験は、自分の気持ちを見つめ直す、何にも代え難い貴重な経験でした。
今後もそのような機会を持ちたいと強く思っていたのです。

自宅やショップから片道1時間15分かかります。
施設側の協力が期待できるにせよ、細やかな室温管理や植物管理がどこまでできるか不安ではあります。
また、入所者の方々とどのような形で恊働できるかも未知数です。
でも焦らず進めたい。

「雪の聖母園」の前身は、札幌の藤学園の創設時にドイツから来た三人の修道女が世界大戦中に当地に疎開して施設を興したことによります。
その若い三人の修道女の思い、なぜこの地が選ばれたのか、そんなことに非常に興味があります。
自分は形ばかりの仏教徒、ほぼ無宗教ですが、人里離れた林の中のこの場所には何か特別な宗教的、霊的な空気を感じます。
そして、ここに入所しているような人々は神から選ばれた存在と思えるのです。

下の写真は隣接する修道院の前にある石積みの中のマリア像。
下側にある修道女の像はマリア像に向かって手を合わせています。f0160407_712542.jpg

by geesgreen | 2009-10-26 07:12
<< 棘まみれ 怪しい二人 >>