イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ツール・ド・フランス
突然ですが、明日から月末までこのブログ休みます。
ちょっと消えます。
アイルランドへ行ってきます。
一人です。
夏休みでもないんですが、ちょうどスケジュールが空いたので急遽決めました。
アイルランドへは日本からの直行便はなく、ロンドンかフランクフルト、パリから乗り継ぎになります。
どこの経由でもよかったのですが、どの便も混んでいて(本州はまだ夏休みですもんね、うっかりしてました)、2席空いていたロンドンまでの便を取りました。

前にブログでも書きましたが、アイルランドは前から行きたかった。
もちろんバラ絡みでDublinのNational Botanic Garden、BelfastのCity of Belfast International Rose Garden、Sir Thomas & Lady Dixon Parkなど、またできれば古いバラが植わっている教会などもを見たいと思っています。
でもほとんど事前調査していないのでどうなることやら。
いつも通りひたすら車で走るのみです。

最近またケーブルTVでツール・ド・フランスの再放送をやっています。
あまりTVは見ないのですが、自転車のロードレースは好きです。
ツール以外もジロ・デ・イタリアやブエルタ・ア・エスパーニャなんかもタイミングが合えば見ます。
でも、誰が優勝したかなんかはどうでもよく、2時間以上も走り続けるステージがほとんどなので、なんせこちらは飲みながら見ているのでとても最後まで見ることはありません、と言うかできません。
では何が好きかと言うと、周りに写るヨーロッパの田園地帯や片田舎の町なかの景色です。
どこも決まっている。
ちゃらちゃらしたものがない。
北洋銀行のあの青い看板もない。
とくに緑の景観がよい、豊かな緑です。
中世から変わらない景観なんだろうけど、変える必要がないものなんだろうと思います。
そんなものと自分たちの住んでいる北海道の景観、それをどう考えればよいのだろうといつも思っています。
羨ましいとかではなく、何がここ北海道のスタンダードなんだろうかと。
自分たちはついつい足し算してしまう、あれこれ仕掛けようとする、それって必要なんだろうか。
街なかは別にしても、二次的自然を含めてのあるがままの自然景観、これが文化的歴史のない北海道ではスタンダードであるはずです。
何の自己哲学もなくめちゃくちゃ手を入れてしまった景観、これを引き算していき、修正していくのが園芸や景観に関わる僕らの仕事と思うのです。

こんなこと書き始めると延々と続きそうなので止めますが、
アイルランドに行くのもその辺のヒントを探しに行くのが目的かもしれません。
ではまた!
行ってきます!
by geesgreen | 2009-08-19 04:32
<< eire 脅威の花保ち >>