イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ロサ ルゴサ」号
最近連日、北方領土への人道支援事業の問題がマスコミで報道されています。
結局は出入国カードの提出の交渉が決裂して、物資を引き渡すことなく根室に戻ってきた訳ですが、この日本のチャーター船の名前が「ロサ ルゴサ」号。
「ハマナス」号は他にあるので「ロサ ルゴサ」にしたんでしょうが、誰が命名したんでしょうね。
この船のことを少し調べてみると、元島根県立水産高校の実習船だったとか、オーナーは根室にある某老舗ホテルのオーナーだとか、あの鈴木宗男氏が外務省の役人をぶんなぐったのがこの船の中だったとか、国の助成金や政治絡みのいろいろキナ臭い、脂っこい話がありそうで、ひょっとして命名者は宗男さん?と思ってしまいます。

f0160407_5353671.jpg
羽幌町汐見に数株残るハマナシ。一茎一花の大輪種。

Rosa rugosaはご存知ハマナシの学名ですが、「rugosa」はラテン語で「しわのある」という意味で、葉の形状を示しています。
ハマナス or ハマナシの議論もあり、それを書けば長々となるので省きますが、自分はハマナシとしています。
図鑑などの和名では「ハマナス」がほとんどで、「ハマナシ」は別名になっています。
この和名と別名というのも曖昧ですが、そもそも正式和名などというものはなく、日本名での呼び名は使う人の裁量ですからどちらを使ってもよいことになります。植物では地域での呼び名って結構あり、それも尊重するべきと思っています。学名さえ押さえておけばよいのです。
私は鈴木省三さんと生前にお会いした時に「ハマナシと言いなさい」と言われたのでハマナシと言っています。
さらに鈴木さんは「君は北方領土に行くべきだ、きっとハマナシの白花や絞りの自生種が見られるよ」と言っておられました。
イギリス人のプラントハンターもロシアに入っていますが、「ロシアは世界中でいちばん容易にあちこち行ける、どんな所にも行ける、役人に金を渡せばいいのだから」と言ったのを聞いたことがあります。

今回の騒動では、「こちらの善意の支援なのだから、あれこれ言うならこちらから頭を下げないで毅然として帰ってくればよい」との声も多いようです。
でも逆に人道支援物資なのだから、譲れるところは譲ってもとにかく必要としている人に渡すことを一義的に考えてもよいのではないかとも思います。
それが日本人の善意を伝えることになるのではないかと。
領土問題が絡んでいるので軽率なことは言えないですけどね。

いずれにしても、今後「ロサ ルゴサ」号が再び北方領土に渡れるかどうかは不確定ですが、いつかお金を握って「ロサ ルゴサ」号でハマナシを見に行きたいもんです。
by geesgreen | 2009-01-30 05:35
<< 右脳の庭 根開き >>