イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
支柱立て+誘引
昨日が御用納めのところも多かったんでしょうね。
自分はイコロでしたが、イコロでの作業は昨日が納めとなりそう。
もっとも仕事自体は今日の岩見沢が最後で、後は札幌とします。
f0160407_551441.jpg

やっと取りかかった、自家生産つるバラの支柱立て+誘引。
恒例の画ですが、今年はここ2年に比べてやりがいがあるほどいい伸びで楽しい。
くるくる誘引で背丈ほどですから、伸ばせば2.5〜3mほどの枝の長さになるものが多い。

昨日は初日なので時間を考えずにじっくりやりました。
時間を考えずに…なんてシーズン中はまずない。
たまにはいいですよね、年末ですから。
楽しかった。

年末になりましたが、ここ数日諸々の収支の取りまとめをしています。
Kimさん、Jimmyさんのおかげで、売上は健闘、経費も節減されていますが、目立つのは工藤の旅費交通費かもしれません。
ETC、多い月は5万円超え、プラスガソリン代ですから大きい。
それだけ稼いでいるのかよ〜ですよね。
心してイコロに行かなければなりません。

まあ、支柱立て+誘引だけは楽しんでやらせていただきます。
半ば趣味的な気持でないとできませんから。
正月明けからまた楽しませていただきます。
でも、時間を考えずに…は昨日が最後かもしれないな。
# by geesgreen | 2015-12-29 05:05
バードウォッチング
クリスマスですね。
皆さん、いかがお過ごしでしょう?

このところ、ためにためた事務作業@札幌の日が多くなっています。
昨日も、今日も。
やっとです。どうしても優先順位が低くなってしまう…ダメですね。
でも、はかどりましたよ、やっとですが…

f0160407_532272.jpg

自宅の、家の中の自分の定位置から庭を見ながらの作業。
大分前から、最後のナナカマドの実を啄む鳥たちが来ています。
少し前はキレンジャク、その後はツグミが群れで、昨日はヒヨドリが賑やかでした。
ナナカマドと壁面のナツヅタの実を往復します。

見てて飽きない、本当に楽しい!
野鳥をじっくり見るなんてシーズン中はとても無理ですからね。
こんなに楽しいとは!自分にとっては新発見です。
街なかでさえこうですから、きっとイコロではもっと楽しめるはずですよね。
そんな楽しみも提供すべきでしょうね。
いろいろ考えられそう。

クリスマス、きっとワクワクしている子供が多いんでしょうね。
その一方で、悲しい気持の子供もいっぱいいる。
そんな矛盾のなかで黙って飲むしかない自分。
いつもクリスマスは憂鬱になります。
すみません、興ざめですよね。
でもやっぱり、こんな思いになるのも特別な日だからなんでしょうね。
お許しください。

メリー、メリー クリスマス…
# by geesgreen | 2015-12-24 05:03
足跡だらけ
f0160407_4425632.jpg

昨日は少し日にちが空いたイコロ。
札幌よりも雪は少ないものの、ざらめ状の積雪が残っていました。

あの11月下旬の積雪以降、暖気が続き、何だか変な冬になっていますね。
北陸っぽく感じます。北海道らしくない。
この暖冬傾向は続くのでしょうか?
いろんな影響が出そうです。

埋まらないので、久しぶりに庭の中を見て回りました。
どこも足跡だらけ。
f0160407_443315.jpg

エゾユキウサギ、お馴染みの跳躍前進の足跡、好き放題です。
所どころ大きく雪が掘られています。
f0160407_4435521.jpg

芝生を食べているんですね。
切り刻まれた芝生の葉と糞が散乱していました。

いよいよ食べ物がなくなっているんでしょうね。
大好きなバラの緑枝も掛け物されちゃったので、残るは芝生、でしょうか?
今の積雪なら容易に掘れますからね。

奴らも必死です。
必死さは見習いたいものですが…
# by geesgreen | 2015-12-22 04:44
老後の楽しみ
昨日のイコロは良い天気。
朝は-8℃でしたが、日の当たる所の雪もほとんど消え、もう少し外作業ができそう。
どこまで粘れるでしょうか?

f0160407_4551866.jpg

合間に、先日掘り取ったバラの根株を整理。
これまでも、大株の根株はどうしても捨てる気にならず取っておいたのですが、この度の引越しで全て処分。
またまたですが、今度はかなりの年代物なので何とかしたい。

昔はパイプの材料になると言われていましたが、それは間違い。
ブライヤー違いなのですね。
パイプの材料は、ブライヤー、ホワイトヒースと呼ばれる地中海原産のErica arboreaが使われます。
briar=いばらと訳されることからの誤解です。
バラ好きなら、ブライヤーと言えばあの青リンゴの香りのSweet Briar(Rosa rubiginosa 'Eglantine')を思い浮かべるでしょうが、パイプとは無縁。
バラでパイプ作ったら燃えちゃうでしょうね。

でもしっかり乾かせば、コースターくらいは作れそう。
この太さに育つまでにどれだけの試練を乗り越えて生き延びて来たか、それを考えると無闇に捨てられない。
2,3年じっくり乾かせて、その後考えることにします。
老後にじっくり細工でもしましょうか。
# by geesgreen | 2015-12-15 04:55
メンバー募集!
f0160407_4511872.jpg

昨日から始まりました。
恒例、いわみざわ公園色彩館(温室)のつるバラ剪定。
休む間もなく、またまた葉毟り、刺との格闘、です。
いやいや楽しいですよ、これだけのつるバラは他ではありませんからね。
温室の中、全ての枝がぬくぬくと伸びているわけですから、やりがいがある。
昨日は天気も良く、暑くて足場の上で頭クラクラになりました。
あ~楽し(ヤケクソではありません)
正月明けまで続きます。

今回は大きな不安があります。
一緒にやってきたAnnaさんが途中から抜けます。
12月で退職します。
家庭の事情で、本人も苦渋の選択でした。
つるバラはどうにかなるものの、これからのバラ園にとって大きな大きな痛手です。

再整備はしたものの、まだまだ途中、これからが重要です。
これからバラが、木々が育って景色が作られる。
魅力を高めて、それを発信していくのはこれからです。
すごく楽しみだし、期待していました。
その中心メンバーが抜けるのは、あまりに痛い。

残ったメンバーで頑張るしかありませんが、やはり戦力低下は否めない。
そこで、新たなメンバーを募ります!
これからのバラ園を担う人材です。
やりがいは大きいものの、荷も重い。
ですが、おこがましいですが、工藤がそれを軽くします。

取りあえず一年間、いわみざわ公園をベースに、工藤に帯同してイコロはもちろん、各所の公共や民間、家庭のバラ園やガーデンに接してもらいます。
うちのKimさん、Jimyさんにも全面的に協力してもらいます。
バラや植物の知識や経験は、あったに越したことはありませんが基本的に不要です。
植物を1作(1年)育てても1回、2作で2回、3作でも3回ですから、漫然と見ていただけの3年経験ならあまり意味はない。
無意味な経験を省き、ポイント、意味合いを理解すれば、1年で3年分の経験はできます。
Annaさんがそうでした。
それを伝えるのが自分の仕事と思っています。

何も自分のコピーを作ろうとのことではありません。
そんなの全く無意味で、面白くもないし、世のためにもならない。
技術的なことは伝えるが、とにかくいろいろな関わりをもってほしいのです。
いろんな視点、考え方、場面、今の時流等々、良しも悪しも諸々を現場で見て、自分の頭で考えてほしい。
それを今後のいわみざわ公園で活かしてほしい。
そんな思いです。

条件等、いろいろお尋ねはあると思います。
もし興味がある方がいれば、イコロにメールください。
工藤が対応させていただきます。

どなたか手を挙げてくれることを切に願っています。
「キツい仕事」と言っておきながらですが、キツいけど楽しい仕事と思います。
懇切丁寧に対応させていただきます。
よろしくお願いいたします!!!
f0160407_4515081.jpg


# by geesgreen | 2015-12-09 04:51
格闘技
昨日は、やっと自宅の冬囲いをしました。
もっともバラは総入れ替えする予定なので、イボタの垣根やらだけなので楽チンなものです。
f0160407_5224130.jpg

今秋も、最後の冬囲いでいくつもの皮手を使いつぶしました。
一日でおさらばのものも数多くありました。
写真のお気に入りの葉毟り用の厚手も、ついに限界となりました。
f0160407_523871.jpg

先々週から使い始めたマウスピース。
効果てきめんで、使用後はウソのように歯の痛みがなくなりました。
もっと早く使うべきだったと後悔。

ある意味、バラを数多く扱うことって、正しく力業、格闘技みたいなもんですね。
農家出身の作業員の方に「今の農家にこんなにキツい仕事はない」と言われましたが、確かにそう思う。
農業や酪農、林業の世界は機械化が進み、季節的なメリハリもある。
園芸も生産の現場は然り、均一な相手だからいろいろ工夫はできるでしょう。
一方こちらは多種類、デコボコ、個々に違った対応が必要になるし、年中、刺との格闘。
庭の世界の特殊性でしょうね。

だからこそ、その結果である場面がその報酬、見返りとならなければならない。
そうでなけれ徒労で終わります。
きっと報われる、そう信じます。
# by geesgreen | 2015-12-06 05:23
ウサギ囲い
うん、昨日はイコロのローズガーデンのウサギ囲いのための結束。
積雪もまだまだあり、なかなか手強い作業となりました。
あと1.5日でしょうか?

戻ってから写真探し。
ダブリンのNational Botanic Gardens of Irelandで撮った中に見つかりました。
懐かしかった。もう6年前になるんですね。
で、探していた写真ではなく、全く時節がらでもなく関係のない写真を。

f0160407_4551416.jpg

f0160407_4553882.jpg

f0160407_456239.jpg

この植物園はどこもストーンウォールだらけだった印象があります。
さすが石の国ですね。
三枚目の写真は、道路の擁壁を利用したバイン類、つるものの見本植栽。
確か50種類以上あったはずで、延々と続いていました。
すべてラベルが付けられ、混ざらないようにしっかり管理、よくやるもんだと感心しました。

その他、ロックガーデンやローズガーデン、マルスやナナカマド等々のコレクション、コンサバトリーもマレーシャクナゲやネオレゲリア、センテッドペラルゴニウム等々のコレクションあり、派手さはないものの実に楽しい植物園でした。
すぐそばのホテルに泊まり、2日間朝から夕まで隅々見て回った記憶があります。

どこを掘っても石だらけ、不毛の地とされてきたアイルランドですが、だからこその景観がある。
北海道は雪でしょうね。
雪景色だけでなく、雪が作る景色っていうのもある。
ウサギ囲いをしなければ、雪に押されてイコロのバラはきっと人間業ではできない、いいい樹形になると思っています。
うーん、来年は別な手を考えよう。
# by geesgreen | 2015-12-01 04:57
来るものが来ちゃいました
今朝の札幌はまたまた積もっています。
昨日からの積雪深は32cmになったよう。
来るものが来ましたね。

f0160407_4461938.jpg

f0160407_4464526.jpg

昨日の岩見沢、頑張りましたがまだバラの囲いは途中。
データでは岩見沢は14cmですから、あの後は積もらなかったようですね。
少し安心。
千歳は18cmで11月としては新記録だったよう。
イコロが心配。

この時期なのでいつ来ても不思議ではなく、しっかり備えるべきでしょうが、今年は後手になりました。
どこも怠けていたわけでもないので、戦力不足の結果。受け入れるしかありません。
昔は雪かきしながらの冬囲いも、何回かありましたっけ。
懐かしく感じましたが、ラッセルしながらの囲いはキツいし、どうしてもキメが甘くなる。
来週までかかるでしょうね。
大変だけど、終わることは終わる、これも何かの試練と頑張るしかありません。

最近、歯が全体に痛い。
虫歯とは明らかに違う浮いた感じの痛さです。
この所の作業続きで、やたらと歯に力を入れていたせいかと。
マウスピースを買おうかと思ってます。
まだ、いっぱい力入れなければならないですから。
体がキツい!
# by geesgreen | 2015-11-25 04:48
刈り取り、取りあえず終了!
11月に入り穏やかな日が続き、作業がはかどり助かります。
昨日も風もなく穏やか。
覚悟して厚着して臨みましたが、汗かくほどでした。
ボーダーからオータム、ホワイト、ドライと、やっと大ものの刈り取りが終わりました。
f0160407_458251.jpg

f0160407_4585539.jpg

春と違い、秋の作業は力業です。
なんせ雪との競争ですから悠長にはできないし、対象が一斉だから力業になる。
まだまだやりたいこと、やるべきことはあります。
どこまでやれるか?
やり切って冬籠りに入りたいものです。
それが春に繋がる。

f0160407_4594266.jpg

ギンドロの落ち葉。
秋からずーっと、見る度にティッシュが落ちていると思ってしまいます。
遠目ではまさしくそう見える、紛らわしい…
全て白い葉の裏面を上にして落ちてる。
重さの関係なんでしょうか?
どうでもいいことですけど。

今日は岩見沢、せっせっと結束でしょうね。
イコロのバラ、最後の最後になるな。
まあしょうがない、頑張ります!
# by geesgreen | 2015-11-21 05:01
喘ぐ
f0160407_5532792.jpg

昨日も岩見沢。
朝方は冷えてました。
芝生も雪が乗ったように白っぽく、バラの残り葉にも霜が乗っていました。

でも、日中は風もなく小春日和。
いい日が続いています。
葉毟りの最終段階、はかどりました。
はかどるのはいいのですが、ヨレヨレ工藤にはキツい。
珍しく昼は駐車場の車の中で爆睡してしまいました。
でも、人気のない駐車場、日も降り注ぎ昼寝には最高、本当に気持よかった。

葉毟りしていると、よく「大変な作業ですね」と声をかけられます。
つい「大変です、こんなにお金をかけていいのですかね?」って答えてしまいます。
バラ園って本当にお金がかかる、それでいいのかといつも考えています。
それに見合うだけのものを提供しているのか、と。
ましてや公共施設、税金を投入しているわけですからイコロとは違う。

f0160407_554363.jpg

f0160407_5542529.jpg

色彩館も暖房が入り始めました。
色彩館然り、暖房費、管理費に見合うものを提供しているのか?
この時期だからしかたないでしょうが、昨日の来館者も数組。
昼寝にはいいが、本当に静かでした。

豊平公園では、明日まで洋ラン展、17日からシャコバサボテンとシクラメン展が始まります。
百合が原公園では、先日まで紅葉の水盤展、17日からクリスマスディスプレイ展、その後は市民ラン展。
シャコバサボテンはTKRさん頑張ってのものでしょうか。
相変わらずどこも喘いでますね。
でも、喘ぐことが必要と思います。

いわみざわ公園も、今後大きく管理体制が変わります。
皆んなで喘ぐことができるのか?
それにかかります。
# by geesgreen | 2015-11-14 05:55