イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
夢の超特急
f0160407_53406.jpg

一昨日、やっと終わった販売用つるバラ自根苗長尺仕立て(長いですね)。
年末の自分の仕事納めからかかり、ほぼ一ヶ月経過したわけです。
支柱用の枝の切り出しからですが、しっかりかかれば一週間、いや4、5日仕事でしょうね。
合間合間ですから仕方がない。

全部で97株、今期は全てつるバラです。
多いか少ないかは微妙です。
いつもはトレリス風、変形二脚鳥居支柱風のものも作りますが、今回は全て3本結束としました。
この方が支柱のブレが少なく安定しますが、手間はかかります。
だからなんなのよ~でしょうが、効率化、スピードアップより重要視したいものがあるのですよ。
それは外せない。

スピードアップといえば新幹線。
あと2ヶ月を切ってカウントダウン。
盛り上がっているんでしょうか?いるんでしょうね。

自分は全く盛り上がっていない(またかよ~でしょうね)。
時間短縮して移動するということ=豊かさではないですよね。
錯覚です。
時計もない暮らしをしている人は世界中にいっぱいいるわけだし、そんな人々と比べて夢の超特急で移動することが豊かとはいえない。
取りあえず新函館北斗駅まで開通しますが、北斗、函館は札幌まで延伸すれば悲惨と思います。
今盛り上がるほど後でしっぺ返しがきます、高速道路と同じ。
結局は、ますます一極集中を増幅するだけになると思う。

もっとゆっくりと過ごせる慎ましい方法、選択はなかったんでしょうか?
お金をかけるなら、先ずは原発事故を解決してからだと思う。
オリンピックも。
こんなことやってたらますます社会は荒廃します。
そんな岐路に日本人は今いると思う。

ごめんなさい、朝から久しぶりに語ってしまいました。
イコロオープンまであと3ヶ月を切りました。
できることは限られますが、できる限りしっかり準備したいと思います。
効率化、スピードアップはなかなか図れませんが、だからこそのゆったりとした時間を感じる場面を楽しんでもらえるようただ頑張るのみです。
by geesgreen | 2016-01-29 05:03
つらら
f0160407_4535967.jpg

ついに下まで到達。
3m以上の大もの。
高気密の住宅が多いので、こんなつららも近頃ではあまり見かけなくなりました。

ガキの頃はこんなのを見つけると、うずうずして絶対取りに行ったでしょうね。
慎重に、慎重に揺らして取る。
でも、大ものほど失敗して途中で折れる。
恨めしそうに何故か先っぽを舐めてみる。
よくやったものです。

今なら近づいたら注意されますよね。
昔は危険なこと山ほどやったものです。
危ないほど楽しいもの。
小学生数人、ビニールの風呂敷を持って円山のてっぺんまで雪の中を登り、雪崩を起こしてそれとともに一気に下まで滑り降りる。
半日かけて登り、一気に滑る。
あれは最高でした。
そんなガキは今いないでしょうね。

築70年以上、いろいろ傷んでいます。
昨日、岩見沢で築100年の住宅があると聞きましたが、木造住宅、あの豪雪地では珍しい。
100年で全てが消え去る、北国ではそうなんでしょうね。
それはそれで自然の摂理、潔いかもしれません。
by geesgreen | 2016-01-27 04:55
マイソールのツンベルギア
この土日は札幌でデスクワーク。
どなたかの件ですが、これも仕事、頑張ります。

一昨日の岩見沢でも、作業は一段落したのでデスクワーク、バラのデータ整理を始めました。
これは興味津々なので楽しみ。

合間に温室内を見て回りましたが、熱帯温室で見慣れない花が。
f0160407_5101673.jpg

ツンベルギア マイソレンシス(マイソルヤハズカズラ Thunbergia mysorensis)のラベル。
キツネノマゴ科ヤハズカズラ属。
種小名は「(インド南部の都市)マイソールの」という意味。

ど熱帯っぽい。
ツンベルギアといえば、昔からあるのは黄花で中央に黒目がある平たい花のヤツやら、あるいは青花のヤツが思い浮かびます(ヤツって言っちゃいけませんね)。
まあこんな派手なものがあっても当然と思います。
熱帯ですから。
京都府立植物園なんかにはありそう。
ってことは前にいらしたSさんの置き土産でしょうね。

同様の熱帯性のつるものでは、毎年咲いたら新聞にカラーで出る北海道医療大学の温室のヒスイカズラ(Strongylodon macrobotrys)を思い浮かべます。
まさしく翡翠色、マスコミ受けはいいですよね。
府立植物園や淡路夢舞台なんかでも人気あります。

熱帯温室はこの辺のインパクトあるものが必要です。
熱帯温室といってもそれぞれ環境は異なります。
とくに加温時期以外の室温は異なる。
しっかり室内環境、管理環境を見極めて、その施設に合うものを見つける、その辺が重要となります。

個人的にはペペロミアのコレクションなんか興味あり。
グラスゴーの植物園では見入りました。
でも地味かな〜
先ずは一般受けするものでしょうね。
これからです。
いいネタ見つかればいいな。
by geesgreen | 2016-01-24 05:15
甘いもの
f0160407_4524547.jpg

昨年末からの定番のおやつ。
このところの作業は一人仕事なので、気の向いた時(小腹がすいた時)に口に入れ、昼代わりにするときもあります。

甘いもの好きです。
それをよく知る友人は、フレンチのコースの予約に自分だけ最初からデザートを、それも他の人の分も自分に振り向けてくれるようにしてくれます。
年末の友人たちとの飲み会の居酒屋でも、最初から最後までアイスクリームで飲んでいて呆れられました。ですよね。
甘ければ洋でも和でも歓迎です。
甘いもので生きているようなもんです。
変ですよね。
つまらない話でした。
すみません。

うん、花新聞なくなります。
創刊以来15年の付き合い、寂しくなります。
いろんな影響、見方があるでしょうが、とくに若い人が執筆する機会が無くなるのが大きいと思います。
こういう媒体で公に述べるには必死に勉強して頭を巡らす、そういうことってなかなか自ずからはできません。
自分も成長させてもらいました。
残念です。

世の中、いろいろな離合集散、再編統合が進んでいます。
収益、効率だけで物事が進む、その一方で何か大切なものを置き去りにしているような気がしてなりません。

最後のコラム、どんなネタにしようかな。
うーん。
by geesgreen | 2016-01-22 04:54
真冬のピーカン
昨日は久しぶりにイコロ。
朝方は札幌出る時は-8℃、高速走るほど気温は下がり千歳空港ICで-15℃、最後のイコロでもうひと超え-18℃。
さすがに寒い。

f0160407_543497.jpg

でも日中はピーカン。
さすが太平洋側ですね。
曇天ばかりの札幌や岩見沢とは全然違う。
積雪は15cmほどでしょうか。

寒いのと雪が多いのはどっちがどうよと問われれば、微妙なところです。
連棟ハウス、このところの原油安、今期に限れば寒さ>雪。
でも、外の植物にとっては当然、雪>寒さ。
何ごとも一長一短、一利一害は世の習わし、ですね。
by geesgreen | 2016-01-18 05:05
どんと焼き
f0160407_555689.jpg

昨日は、どんと焼きでした。
昼前から諸々予定ありで、古札を持参し朝方北海道神宮に。
無病息災、家内安全、商売繁盛…で、パンパン。
欲張り過ぎですかね。

屋台も結構並んでましたが、まだ人がほとんどいない朝方の境内。
やはり神社は独特の空気感があり、背筋がピーンとして身が引き締まります。
こういうところに身を置くのは好きです。
イコロにも通じるものを感じるのです。

一方、昨日で3日連続の打合せ。
さすがに一昨日の連続13時間には疲れました。
話をしているうちに何が言いたいのか自分でも分からなくなってしまいました。
なにやら深いこと言った気になっているだけで、ひょっとしたら言いたいことなんて何もないのかもしれない…
そんな思いになりました。

いずれもイコロ外の案件。
テンション上げるのには努力が要ります。
イコロにいたい…今年も何度もそんな思いをするんだろうな…
ふーっ。
by geesgreen | 2016-01-15 05:06
白もの
昨日は岩見沢でしたが、朝方札幌を出る時には晴れていたものの、高速途中からホワイトアウト、ポプラ並木を目印に辛うじて公園に着きました。
おーこわっ、久しぶりに真冬を感じました。
こういう時には列植のポプラはいい誘導標になりますね。
それを意識してのことなら素晴らしい。

札幌は冷えるものの、依然として雪かきは無し。
冷えるといえば、このところなかなか行けないイコロ、連日キーンと冷えているようですね。
今朝の予報は千歳-15℃でしたから、おそらく北見並の-20℃くらいになったと思います。
まさしく冷凍庫、何もかもカチコチでしょうね。
おー寒っ。

昨日は午前は鉢ものいじり、午後は打合せ。
合間に色彩館の中をじろじろ。
f0160407_4511517.jpg

オレンジっぽいミズキ(Cornus sanguinea 'Midwinter Fire' )のステムの間にスノードロップが咲いていました。
いい感じ、少しらしくなりましたね。
外なら一瞬の景色でしょうが、ここではしばらく楽しめそう。
Midwinter Fire、なかなか勇気のいるネーミングです。

懐かしく見たのは、あちこちで咲いていた鉢植えの小輪のツバキ。
どれもGee's時代からのもので、イコロ~岩見沢への引き継ぎものです。
少し肥料切れぽいですが(余計なことですみません)、そのせいか花付きはまずまず。
f0160407_452554.jpg

ヒメサザンカ(Camellia luchuensis

f0160407_4524113.jpg

Cinnamon Cindey

f0160407_453476.jpg

Popcorn

どれも甘い香りを放っていました。
好きだな〜こういうの。
昔お歳暮替わりに、1mくらいに育った花芽付きのCinnamon Cindeyの鉢植えを5、6軒に配ったことあります。
バブリーですね。
今はなかなか入手できないでしょうね。
また挿し木でもしてみようかしらん。

外は雪景色、そして全部白花でした。
色もの載せろよ!ですよね。
すみません。
by geesgreen | 2016-01-13 04:53
寝ぼけ顔
f0160407_4561052.jpg

雪少なく暖かいイコロ。
この時期いつもは屋根の雪で薄暗いハウスも、昨日も日差しが明るくポカポカ。
こんなの初めてです。
もっとも、こんな年はない、初めてとのフレーズはいつものことですけどね。

f0160407_456376.jpg

見えてる芝生とタイムの上にウサギの糞が山ほど。
せっせと芝刈りしてくれてます。
雪を掘らなくてもいいので楽チンでしょうね。

f0160407_457447.jpg

昨日は、イコロの裏の林に支柱用の枝を切り出しに行ってきました。
伐採した跡地からの先駆樹種のハンノキなんかの実生を狙います。
動物の足跡だらけ、熊もいるので少し緊張。
なにせ冬眠から起き出すような陽気ですから。

帰りの道路の真ん中に黒い固まりが2個。
車から落ちた氷の固まりかと思いきや、もそもそと動き始める。
エゾタヌキのペアでした。
道路脇に移動してしばらくにらめっこ。
外見だけ愛嬌顔のアライグマより、とぼけた顔がいい。

タヌキも半冬眠の冬籠もり中のはず。
この陽気でアスファルトの上で日向ぼっこしていたのでしょうか。
う~ん、あの顔は明らかに寝ぼけ顔だったな。
by geesgreen | 2016-01-07 04:57
恭賀新年
f0160407_5144393.jpg

明けましておめでとうございます。

というか、今年はいつのまにか明けてしまった感があります。
というのも、年末の30日から今日までずーーーーーーーーーーーっと読書に明け暮れていました。
それもいつもとは違う、工藤らしくもない私小説もの。
最後の数冊は念願の三島由紀夫もので、頭がパンパンになってしまいましたが至福の時でした。

もちろん正月ですから人並みにおせちをいただき、朝から酒も入れましたが、いつもより量はかなり少ない。
まあいつも好きなだけ飲んでいるので、正月くらいは少し控えてもいいかもしれませんね。
人様と逆なのはいつものことです。

そんな訳で30日から一瞬もテレビを見ていない。
もともとあまり見ませんが、これほど全く見ないのは初めてかもしれない。
これは続けてもいいかも。
昔ジョンレノンも「テレビは頭を悪くする、テレビから離れろ」って言ってましたっけ。

外に出たのは昨日の母のグループホームを訪ねただけ。
雪が降らないのもこれ幸いでした。
暖かいですよね、昨日なんか雨模様、庭のイチイの株元は芝生も見える。
雪かきしないのは助かりますが、少し変、異変を感じるほどです。

明日から通常の生活にガラッと戻ります。
心して戻ります。
今日は北海道神宮まで歩いて参拝してこようかと。
しっかりイコロを祈願してきます、よ。

皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
by geesgreen | 2016-01-03 05:16