イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
f0160407_4595699.jpg

昨日は多少二日酔い気味でしたが、またまたいわみざわ公園で這いつくばってました。
今度はオールドローズの小径でRU。
見上げれば、随分大きく育ってきたもんだと多少感無量。
この辺は、切り戻しものと違うので、年数の経過が如実に出ます。
黙っていても育つ、そういう方が好きです、いや、好きになってきたと言った方がいいかも。
若い頃はいじくり回す方が好きだったのですが。

一昨日、コテージGの20周年に行き、梅木さんのご配慮で月形温泉泊まり。
早朝、いちばん乗りの久しぶりの温泉で、酒も抜け、助かりました。
ありがとうございました。

20年、節目ですね。
自分も百合が原公園20年を節目としました。
その後Gee'sでやりたいようにやって3年ほど、その後意を決してイコロを受けて今年で4年目。

先日、久しぶりにスタッフの女性と一緒に作業していて、「工藤さんの夢って何ですか?」って聞かれました。
正直、ドキッとしました。
百合が原の20年は、夢ばっかり見ていたような気がする。
何もかも手探り、開拓者のノリでしたから。

今は立場上、金勘定、損得勘定がどうしても優先します。
青息吐息の状態ではしょうがない。
そういう意味では、持続していくことが夢なのかもしれませんね。
後は植物も景色も時間が作ります。
それを見るのが夢でしょうか?

いわみざわ公園も、まだまだ道半ば、いっぱい夢を見たい、語りたいものです。
震災を経験し、原発も全然解決していない中での夢、きっと従来のバブリーな夢とは違うはずです、から。
by geesgreen | 2015-08-31 05:00
地場もの
f0160407_4482280.jpg

このところ、イコロであちこちに見られるこやつ。
何タケなんでしょうね。
食べられるんでしょうかね?
昔百合が原公園でも、もっと白くてマッシュルーム然たるものが毎年出て、マッシュルームの仲間だから食べられるとの話もありましたが、結局誰も手を出さなかったような。
ですよね、キノコはわからない、危険です。
誰かが実験台になってから、です。
いやいや、他人がOKでも自分は死ぬ目に遭うかもしれない…
いつぞやのように…

f0160407_448515.jpg

昨日出向いた、近くの堆肥屋さんのバークの堆積場。
すぐそばの林からの広葉樹バーク。
粉砕して、厩肥と混ぜ醗酵させてバーク堆肥となります。
メッカの道東は牛糞ですが、ここは馬糞。
どちらも地場もの。

いいですね地場もの。
ポット用の培養土の打合せでしたが、来年は地場もの主体でいきたい。
基本土が問題ですが、悔しいかなやはり赤玉土には敵わないとの思いはあります。
で、厚真の焼き赤土+やはり厚真のレキでどうかとのことに。
これからハツカダイコンで試験しようと思っていますが、どう出るか?

f0160407_4491925.jpg

生のバークは粉砕後、5mm目のフルイにかけられます。
奥がメッシュを通った細目、セル用の堆肥に。
手前が繊維質の粗目、通常の堆肥、もしくはこのままマルチング用に使われます。
法面なんかのマルチには、よく絡んで使えそうです。

地場もの、まだまだ使えるもがありそうです。
by geesgreen | 2015-08-25 04:49
制覇
数日前とは一変、すっかり秋らしい空気に変わりましたね。
夜明けもグンと遅くなり、札幌の今日の日の出は5時少し前の4時45分ですから、これも徐々にというより一気。
各所の高速道路沿いも、ススキの穂が一気に目立ってきました。
一気、一気、ですね。
夏は終わり、秋になったわけです。

昨日はいわみざわ公園で、止められなくなったRU塗布の2箇所目を制覇。
少し雨がぱらつきましたが、何とか完了。

昨日見た1箇所目のその後の経過。
f0160407_511484.jpg

f0160407_5122018.jpg

7月28日実施ですから、23日後の状態。
ほぼ制覇。
枯れ草、目立ちませんよね?
スギナは一気に白くなるので、マルチのチップの色と同化して目立たない。
f0160407_512586.jpg

多少緑もまだ残ってますが、生長点がイッテいるので、じきに枯れます。

50m以上の植え床、幅2mほどの両側から攻めたので延長100m以上になりますが、何回かに分けてやったものの、多く見積っても1人工弱。
今後、今年は一切除草に入らなくても済みます。
来年もマルチも効いて楽なものです。
除草手間をいかに軽減するかは大きい、その分他に回すことができれば御の字ですから。
除草って、大げさだけど、後世に禍根を残さないためにも!の気合いが必要と思います。

でも、本当に細心の注意が必要です。
垂れ落ちたり、毛が暴れて他に付くのを避けるため、豚毛の刷毛を使いました。
緊張が続かなくなれば、すぐに休みます。
で、またまたですが、良い子はくれぐれも真似しないように。

スギナ根絶、請け負います。
でも、高いですよ。
by geesgreen | 2015-08-21 05:13
お盆明け
お盆も終わりましたね。
昨日は久しぶりの仕事の電話に、正月明けのように「今年も改めてよろしく」と言うところでした。

お盆中も何かと雑用に追われておりましたが、しっかりどこかで抜きたい、夏休み取りたい。
念願のオホーツクの原生花園探訪やらなにやら。
急に涼しくなったこともあり、夏休みではなく秋休みになるでしょうか?

f0160407_4454395.jpg

昨日のいわみざわ公園。
ブラッシュ ノアゼットとハイブリッドムスクのギルランド ダムール 、よく咲いています。
お盆前から夏花が結構咲いていましたが、この時期はいかに手を入れるかにかかります。
勢いで咲かせる一番花とは違います。

f0160407_4461336.jpg

暑さ対策として、園路沿いのベンチに設置されたターフ。
森のガーデンの真似っこですが、時間によって変わる陰の位置が微妙なものの、心理的には効果的でしょうね。
真夏のバラ園、暑い中での管理には頭が下がりますが、暑い時には入園者は極端に少ないし、花の質もキツい。
それでもアピールするなら別ですが、いっそスパッと秋花狙いにするのも手かもしれません。
スパッと切っちまって、皆んなで夏休み。
そうもいかないか?

f0160407_4464464.jpg

色彩館では、(日本最大級の)ゴールドクレストの刈り込みをやっていました。
足場3段、この高さになると両サイドに控えの足場も必要になる。
この秋予定のイコロのニオイヒバもこの高さが必要になります。
200m以上も移動しながらとなると、やはり無理ですね。
高所作業車を算段しなくては。

盛り沢山の秋前に、やはり休むべきでしょうね。
実行しますよ!!!
by geesgreen | 2015-08-19 04:47
お盆
昨日は久しぶりに夕方までイコロ。
早朝の木酢散布から、堆肥切り返し、近くの現場の計測、挿し木バットの手入れ、打合せ。
日中は暑かったものの、夕方には風が心地良かった。

f0160407_535916.jpg

f0160407_5353154.jpg

うん、ブッドレアがいい感じ。
昔、平岸霊園のそばに見事な大株がありましたが、今はない。
そのせいか、どうにもブッドレア=霊園のイメージがあります。
偏見ですね。

世の中お盆、本格的には昨日あたりからでしょうね。
札幌でも、昨日から急に車が少なくなったような。

その平岸霊園の墓清掃とお参りは、一昨日済ませました。
月曜に母が病院からグループホームに移り、まだ少し混乱しているので、家内と二人。
だんだんと減って遂に二人。
今にどっちか一人になるんだよね、と話しながら。
後は嫁いだ一人娘だけですから、いずれ草に覆われ朽ち果てる。
そして、全てが歴史からも記憶からも消え去る。
「夏草や兵どもが夢の跡」
お盆ですね。
by geesgreen | 2015-08-14 05:38
RUのfive times liquid
f0160407_5283132.jpg

いわみざわ公園、ハマナシのヒップがだいぶ色づいてきました。
実なりも、早さも、大きさも、やはりピカイチ、早くも秋の風情が感じられます。

このところ、行く度にハマナシの株元にうずくまっています。
リニューアルで植え床改修を行ったのですが、場面によってスギナが混入してしまいました。
堆肥類ではないでしょうから、基本土に使った峰延の土かと推測してます。
想定外でした。
とくにハイブリッドルゴサのコレクションと、新たに設けた半円形の緑陰広場のハマナシの植え込みの所がひどい。

f0160407_5315883.jpg

で、これを使うことに。
グリホサート除草剤のRUのfive times liquid。
何やら暗号じみてますが、モンサントへの市民感情からぼかします(ぼけてないか?)。

f0160407_530049.jpg

これが一週間ほど前に処理した状態。
地上部を束ねて掴み、5センチほど残して切り去り、残った部分に刷毛でRUを塗布します。
塗り残し以外は、ほぼ効いています。

公式にはスギナは25倍との表示になっていますが、過去百合が原公園で25倍では根までは効かず、15倍、10倍と試し、結果five timesで完全駆除。
現在に至るまで抑えられています。
当然非常識な濃厚液ですから、非常に慎重に行わなければなりません。
地上部が揺れて飛散しないように刈り込みます。
何度か痛い目に合っての後に(内緒です)、この手法に至りました。
結果、除草剤散布後然の殺伐とした見かけも避けられます。

手間はかかり、危険とも裏腹ですが、ハマナシなどではサッカー(吸枝)が出てくれば不可能、今しかできません。
この作業は人任せにはできない。
でもやらなければ、後々手がつけられなくなります。
くれぐれも、良い子は真似をしないように。
内緒話でした。
by geesgreen | 2015-08-10 05:31
暑苦しくない庭
連日暑さが続きます。
イコロも例外ではない。

f0160407_452365.jpg

昨日も暑くなる予報だったので、木酢液散布日だったこともあり早出しました。
まだ薄暗いなか札幌を出て、5時過ぎにはイコロ着。
暑くなる予感はするものの、まだまだ過ごしやすい。
これに限ります。

f0160407_453846.jpg

レストランガーデンがいい感じ。
お気に入りは、奥のギンドロ~カラコギカエデ~ノリウツギの固まり。
ボリュームが出てきて、何とも好きな場面になってます。

先日のローズトレでもお話ししましたが、この時期、暑苦しくない庭がいい、それを目指そう、って。
毎年の猛暑を考えれば、北海道でもこの要素は外せなくなっている感があります。
イコロにはそのヒントが多々ある。
何と言っても余白、芝生でしょうが、園路舗装のレンガ敷きも一役買っています。
コンクリート平板やインターロッキングブロックでは、照り返しがキツイですからね。

f0160407_4534654.jpg

このところの暑さで食欲も減退気味ですが、最近顕著に通うのは狸小路の老舗甘味処。
時節がら、かき氷も人気ですが、自分のお気に入りは餅2個入りの熱々のぜんざい。
暑い時に熱々のぜんざい、これがなかなかいいのです。
今のパワーの源になってます。
お試しあれ!
(引かれますかね?でしょうね)
by geesgreen | 2015-08-06 04:54
Io Cielo
昨日のイコロも無風でカッと暑かった。

朝方、乗馬クラブリーフさんから馬ふんを移動。
昨年の秋もいただきましたが、この秋の土改に結構使いそうなので追加で仕込むことに。

f0160407_448477.jpg

また生まれたんですね。
5月5日生まれのIo Cielo(イオ シエロ)君、スペイン語で「夜明けの空」という意味だそう。
こどもの日の早朝生まれ。
流し目が妙に色気のある美男ですが、まだまだお母さんにぴったりくっつく甘えん坊。
見ているだけで癒されます。

f0160407_4492951.jpg

手前が今回いただいた3ヶ月堆積もの、奥が昨年秋もの。
どちらも、切り返しながら脱脂米ぬかと、種堆肥としての籾殻豚ぷん堆肥を混入しました。
堆肥屋もどきで、45日完成を目指します。
この2週間は頻繁に切り返しを行う予定、最初のスタート、一次発酵がポイント、です。
百合が原公園では、堆肥用バイメタル温度計を使って厳密に計測していましたが、勘でやります。
堆積高さ1mが基準、だったですよね?
気温が高いのが幸いです。

これから少しの間、ナーサリーの横でお騒がせします。
少し臭うかも。
悪しからず。
by geesgreen | 2015-08-02 04:49