イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
お土産付き
蒸し蒸しが続きますね。

昨日「8月のイコカル」が発表されていましたが、「アイスコーヒーを美味しく愉しむ」、「真鍮パイプで作るプランターハンガー」、うーん、楽しそう。
「お土産付き」ってのも魅力ですね。

で、ローズトレーニングも、前回参加していただいた方には少しお伝えしましたが、「お土産付き」にします。
一応テーマは「夏越しと再生」ですが、挿し木の実習も併せてしようかと。
品種はもう決めています。
お薦めの2品種ですが、内緒です。
挿し床にするポットと用土+挿し穂(一人5本程度かな)は、ご提供します。
皆さんに気合いを入れて挿してもらい、お持ち帰りいただきます。

f0160407_4591794.jpg

先日室内で挿した第一弾は、屋外の樹林下に移動しました。
遮光率90%(だったか、な?)の寒冷紗下。
このところの蒸し蒸しが功を奏しています。
今のところは順調です。
(鹿だけが少し心配)
今週か来週に第二弾をやるつもりなので、ローズトレはその引っかけを兼ねてます。
悪しからず。

自根は以前から自分のテーマでもあります。
イコロのローズガーデンも、7割方自根の構成になっています。
理想は全部自根。
自根はオーガニックとも関ります。
ジコン、ジコン、何だか念仏みたいですね。

お楽しみに!
by geesgreen | 2015-07-27 04:59
蒸し蒸し
f0160407_522468.jpg

昨日の朝、イコロまでもうすぐの桂ゴルフ倶楽部の林床。
今はどこでもノリウツギが旬ですが、そろそろ終盤のオオウバユリ。
やはり企てたくなりますね。

昨日も蒸し蒸しでした。
さすがのイコロも、少し動けば汗が吹き出ました。
まあ、こんな日だからこそビールがメチャ旨い!と思っておくことにしてます。
だから午後からはあまり水分入れない。
昨日も帰ってからのビールは格別でした。
いつもの3倍はいきました。

今日も同じようなものらしい。
同じパターンになりそう。
まあ、それはそれで歓迎とします。
by geesgreen | 2015-07-24 05:02
バラの挿し木
f0160407_573136.jpg

昨日はイコロで終日バラの挿し木をしてました。
年中行事ですね。
一昨日羽幌に走って採穂したもの、第一弾。
涼しいイコロの、さらにいちばん涼しい管理棟で作業、温度的には最高でした。
ここ数年、どうにも歩留まりが悪い。
で、今年は気合いを入れ直しました。
挿し木は気合いです。
今後、湿度保持のため屋外の林床に移動しますが、今年はどうなるか?

もちろん種苗法的には問題のない、ある意味古典的品種が対象ですが、掘り出し物はあるものです。
期待の品種をお知らせしたいところですが、今後活着するかどうかわからず、順調にいっても再来年デビュー。
来年のことを言うと鬼が笑う、再来年のことを言っても神様に笑われるだけ、ですよね。
by geesgreen | 2015-07-21 05:09
苗畑草刈り
昨日は、月形雪の聖母園の苗畑の草刈りへ。
過去に周りの草が伸び過ぎてしまって被圧されたこともあるので、そろそろかと決行。
植込み後、初めての再会です。
期待の実生のオオタカネバラも補植してきました。

f0160407_447444.jpg

遠目ではモノが見えず、焦りましたが、マルチングのおかげでぎりぎりセーフ。
通路の草ははち切れんばかりに育っていました。
いっそのこと通路もマルチングとも思いますが、そうなると全面カバー、雨水の供給もできないでしょうから、それはさすがに無理でしょうね。

f0160407_448131.jpg

草刈り終了。
聖母園から刈り払い機+新しい鋸刃を貸してもらい、順調に作業できました。
ありがとうございました。

f0160407_4483762.jpg

バラも宿根草もそれなり根が動いて、シュートも伸び始めてました。
こうなればしめたもの、掘り上げまで3ヶ月強、大きく育ってほしいものです。

f0160407_44923.jpg

周りの林縁を見れば、エゾニワトコの赤い実が目立っていました。
トロピカルですよね。
札幌からの道中もあちこちで見られましたが、この辺りは個体が多い。
実は食べられるものの美味しくはなく、果実酒は美味らしい。
別名「カラスノミ」とも呼ばれるので、カラスは好きなんでしょうか?
セイヨウニワトコの実からのエルダーベリーワインがあるので、Japanese red elder Wineなんてどうでしょうね?(長過ぎるか?)

今度は、暑さが過ぎた9月に入ったら行くことになるかと。
アライグマや鹿にも負けず、頑張ってほしいものです。
by geesgreen | 2015-07-17 04:49
一株5,000輪
f0160407_5481156.jpg

昨日も暑かったですね。
本当にまっくろくろすけになってしまいました。
予報では一転涼しくなるとのことだったですが、なんのなんの十分夏の暑さを感じました。
もっとも、昨日イコロにいらした本州からの方は、なんのこれしき、とのことでしたが。
まあ、そうでしょうね。

f0160407_5482737.jpg

f0160407_5484188.jpg

どうしてもイコロでは、ガスっぽい天気や曇天にこそゾクゾク感を感じてしまいますが、らしからぬ炎天下でこそ似合うな〜なんてバラもあったり、新たな発見もあります。
f0160407_5485768.jpg

昨日目立っていたのはローゼンドルフ シュタインフルト '04(Rosendorf Steinfurth' 04)
ドイツSchultheisの2004年作出のランブラー。
何回か書いていますが、今の花は今まででいちばんウォームカラーかもしれない。
翳りのない天真爛漫さが、陽の光に似合います。
この株、本来は枝抜きしてランブラー然に仕立てたかったのですが、それより早く鳥が営巣してしまい、そのままにしました。
まあ、それもイコロらしくていいのかと。

うん、イコロのバラ、今がいちばん花が多いでしょうね。
ランブラーなんかで一株5,000輪って例え話がありますが、正しくそう。
マリア リサをカウントして納得しました。

昨日、大通公園のボランティアの御一行様がいらっしゃいましたが、満開状態を見て「花摘みに来ますか〜」とのこと。
きっと見てられないんでしょうね。
ありがとうございます。
でも、ヒップもの、放っときものも多く、大輪の多いバラ園とは違う。
究極、花摘み無しが理想、かな。
by geesgreen | 2015-07-16 05:43
まっくろくろすけ
昨日も暑かったですが、扇風機並みの風があったので助かりました。
午前中は岩見沢で、つるバラのシュートの結束してました。
またまたジリジリ焼けたよう。
職種がら(植種がら?)どうしてもバラをいじってる時間が長くなるのでいつも炎天下、そうなりますよね。
無防備だし、まっくろくろすけ。
まあ、いいや。

f0160407_43853100.jpg

いわみざわ公園、最後の大トリ、ローゼンホルム(Rosenholm)が満開。
やはり遅咲きですね。
時間差演出には最適の品種です。

作業中、チャイニーズの観光客のグループが2組。
ぺちゃくちゃワイワイ、交代でバラを背景ににっこり写真を撮ってましたが、大人気は満開のアメリカン ピラーとラバグルト。
ローゼンホルムは流されました。
納得ですね。
赤もの多い岩見沢はチャイニーズには受けるかもしれない。
イコロは…
f0160407_4392720.jpg

受けないでしょうね。

そのイコロ、土日のLOPPIS x Plant Fairには、イコロらしからぬ猛暑にも関らず、多くの方にご来園していただきました。
遅ればせながら、ありがとうございました。
出展者、関係者の皆さんにも、この場を借りて感謝御礼申し上げます。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

人目もはばかるまっくろくろすけ、目立たぬようにしていたものの、やはり日常とは違っていたようで、終わってから自分も少し気が抜けたような。
2日間、自分にとっては一年分の愛嬌を振りまいたようなものですからね。

今年は、フインランド映画祭+食事会、新たな仲間、NPO法人いぶり自然学校による森のようちえん+クラフトワークなども加わり、よりイコロらしさがアップした2日間だったと思います。
場に合った仕掛け、そのための場を磨く、いいイベントだったと思います。
by geesgreen | 2015-07-15 04:39
選択的除草
昨日は雨の中の岩見沢でしたが、一昨日は気持ちの良いイコロ。
日替わり、いや一日でも時間替わりの天気模様ですね。
イコロでは、久しぶりにローズガーデンには一切入らず、全体を周り、枝抜きやら草抜きやら。
自分なりには満足万蔵でした。

スギナの完全除草は意地と気力と根気勝負ですが(ですよねKimさん)、イコロのナチュラルガーデンなんかの選択性の除草は楽しい。
どれを抜くか、残すかは当事者次第ですから。

f0160407_442622.jpg

池の縁のタケニグサ。
随分立派に育ってきました。
よく残しておいてくれました。
いかにも帰化植物ぽいですが、日本の多年草。
最大級の多年草かもしれません。

以前の自宅の裏のお宅でも、毎年見ることができました。
そこもブロックの塀際でしたが、何故か何かの境目で育っていることが多い。
雑草と捉えられることがほとんどでしょうが、別にむやみに増える訳でもなく、数年間は単独で育ちます。
そしていつの間にか忽然と消える。
きっと栽培しようと思うと、結構難物なんではないかと推測します。
こういうものは大歓迎です。

f0160407_4433241.jpg

イコロのバラも結構賑やかになっています。
ガーデン入口そばのノイバラ然とした株も満開。
鳥の種子散布により自然実生株とのことでしたが、どうにもそうではない。
見たことあるんだよな~
だいぶ前にアメリカから輸入したもの?その残り株を誰かが植えた?と推測します。
調べます、きっと出てくる。
トゲはキツイが、いい個体と思います。

色気がないので、昨日のいわみざわ公園でのお気に入り2選。

f0160407_4435810.jpg

ベラ ローザ(Bella Rosa)
KordesのFl、Flでは最強の耐寒性の部類に入るかもしれません。
別名トインビー ホール(Toynbee Hall)でだいぶ昔に輸入したことがあります。
やっと株ができてきました。
うずまき花壇の中央付近に植えています。
自分的には、本当は中央部はこの品種だけで埋めたかったくらいの品種です。
いろいろ褒め称えたいが、長くなるので止めます。

f0160407_4441760.jpg

ラベンダー ラッシィー(Lavender Lassie)
以前から推している、やはりKordesさんのハイブリッド ムスク。
ムスク系の甘い香り、何をか言わんや、です。
これもやっと存在感が出てきました。
ローズガーデン入口そばのフェンスに絡まっています。

今日はまたイコロに居られる、何が見つかるか、楽しみ、楽しみ。
by geesgreen | 2015-07-08 04:44
羽幌日帰り
f0160407_563375.jpg

昨日は羽幌日帰り。
前回は頭花のかたまりだったのが広がったエゾニュウ、やはり圧巻でした。
ノハナショウブの紫色もあちこちで目立ち、帰りに少し足を伸ばしてサロベツ原野のぞいてきたかったのですが、体力不安で断念。
戻ってぐったりで、妥当な判断でした。
また今度。

はぼろバラ園、ちらほら色が見える程度で、このところの低温続きで、随分足踏みしています。
頑張っているのですが、相変わらずの支柱+結束の仕立てありで、もう少ししっかり伝えるべきと反省。
来年以降マイナーチェンジの計画もあり、少しずつでも修正できたらと願います。

帰りに秩父別のバラ園ものぞいてきました。
ほぼ満開でした。
こちらもいろいろ???で、ノーコメント。
どちらも「木を見て森を見ず」、バラ園って難しいですね。

f0160407_574496.jpg

行く度にいつも目に入る苫前の海沿いのお宅。
お手製の浮き球キャラクター、年々数が増えているような気がします。
孫のためのお爺ちゃん、あるいはお婆ちゃんの仕業でしょうか。
楽しい、こういうの好きだなー
by geesgreen | 2015-07-02 05:08
雨中のバラ
九州なんかの大雨の比ではないですが、雨模様ですね。
しかも肌寒いほど。
このところ、どこへ行っても、半袖からすぐに長袖に替えての作業となります。
昨日の岩見沢も然り。

昨日は一気にボト(ボトリチス病)が出ていた花を摘んでました。
低温+多湿+日照不足、条件が揃ってますからね。
でも、一夜にして広がるユリなんかより気は楽ですね。
ユリの場合は一年に一回の開花、悪夢のようでしたから。

今年は、やはり一番花の花保ちがすこぶるよい年かもしれません。
逆に品種によってはボトが出やすい年でもあるといえる。
まあ、一気に咲き終わるよりは長く楽しめるので良しとした方がいいでしょうね。
全てそんなに上手くはいかないもんです、何ごとも。

f0160407_514937.jpg

きれいに咲き揃っていたエグランタイン(Eglantyne=Masako)も花吹雪状態。
落ち花が雪のようで、見惚れました。
いちばん目を引いていました。
後でブローで飛ばすようですが、これはこれで見せ場とも思います。

雨だからこそ、目を引くバラもあります。
光ものですね。

f0160407_523571.jpg

何がいちばんかと見てみましたが、昨日の最高点はストライク イット リッチ(Strike It Rich)
アメリカのWeeksもの、比較的新しいGr。
本来はイエローベースで少し赤みを帯びる花色ですが、この花はイエロー帯びたオレンジ花然。
違う花かとも思いましたが、赤い花梗が特徴なのでラベル違いではないですね。
秋花も真っ青、気温の成せる業ですね。
「思いがけなくもうける」的な品種名は、こんな発色からではないとは思いますが…
驚きました。

イコロのバラの満開?天のみぞ知る、です。
(あっ、LOPPISの11、12日くらいが最高潮でないですかね)
by geesgreen | 2015-07-01 05:02