イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
光の魅力
一昨日、昨日と久しぶりに連チャンでイコロで作業ができました。
そうは見えないかもしれませんが、嬉しくてたまりません。

f0160407_5191143.jpg

両日とも朝方は、この時期のイコロらしい深い霧と雨模様。
やっぱりスコットランドだと一人合点。
昼頃からは時々陽が射して、周りの景色、色が激変。
この一瞬の変わり様は、目が変になったかと思えるほどで、思わず周りを見渡して一人ため息。
この辺の変化は長い時間いてこそ感じることができるので、やはりイコロは滞在型なんだと改めて感じます。
花見もいいけれど、光の変化こそがイコロの魅力ですからね。

f0160407_520236.jpg

朝方いつも目に入るのは、芝生に点在するクモの巣状の菌糸。
ピシウム菌病か?
キトサンでも散布すればいいのかもしれませんが、それほど影響はないようなので、空中湿度が高いイコロの景色の一つと思った方がいいのかもしれませんね。

f0160407_5202929.jpg

レストランガーデンの奥のコーナーで異彩を放つルス ティフィナ(Rhus typhina)の黄葉種(園芸品種名ありましたよね?)の新葉の展開。
いろいろ開花も始まりましたが、まだまだ新葉の展開も楽しめます。
考えられないような横張り、暴れ樹形、抜群の存在感、どこかでどーんと使ってみたいものですね。

それにしても、このところ作業の進みが遅々たる歩みになっています。
ややこしい雑草が気になり、取りあえず手の届く所は抜きたい、後を考えると徹底的に抜きたい…
狭く深く、広く浅く、この二つのせめぎ合い…
by geesgreen | 2015-06-01 05:21