イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
まつり
f0160407_45945.jpg

世の中、今日からお祭りでしょうか?
自分と関わりのあるところでは、今日、明日の土日は「大通公園バラフェスタ」と「はぼろ甘エビまつり」(直接的には関係ありませんがバラ園のすぐ横でやるもんで…いちばん参加したいのですが…甘エビ絶品だもの…)
「いわみざわ公園バラまつり」は今日から7/5まで。
「花フェスタ2015札幌」も上に同じで、全くかぶり。
先週は旭川まで出っ張り、平間造園さんの10周年の「花pit祭り」で語ってきました。
祭りづいてます。
何かいいですよね、皆んな日常とは違い楽しそう、高揚感がある。
素直にそう思う。

f0160407_50680.jpg

イコロの変わり葉のイワガラミ 'ムーンライト'(Schizophragma hydrangeoides 'Moonlight')
4年前イコロを受けて最初に植えた株です。
遅々たる伸びですが、だいぶ伸びてきました。

f0160407_50315.jpg

同じ時に植えたツルアジサイ ‘ミランダ’(Hydrangea petiolaris 'Mirranda' )
他にもこれらの品種ものを数株植えました。
耐寒性が強く、イコロのような夏期空中湿度が高い太平洋側には合います。
周りにもいっぱい自生ものありますからね。

生育は本当に遅い、開花期も遅い、でも、いつのまにか存在感が増している…
そんなの好きです。
「お祭り」とは別もの。
どうにも「お祭り」になると、全く別、反対のものを見てしまう。
性格ですかね。
すみません。

あっ、ヨシオさんってどなたでしょう?
今日、明日は大通公園のお祭り現場にいます。
by geesgreen | 2015-06-27 05:01
岩見沢、見頃になってます!
f0160407_4461135.jpg

昨日のいわみざわ公園の朝、まだ開園前。
役得、やっぱり早朝に限ります。
結構咲いてきました、6、7割程度でしょうか。
この週末は凄まじいでしょうね。
恐ろしい感じもするほどです。

今年はどこも花保ちがいい。
この所あまり暑くもなく、何と言っても雨がない。
バラにとっては進み、傷みが少ないので幸いです。
開花時期といい、こんな年はないですよね。
しっぺ返しが恐ろしいですが…

f0160407_4463825.jpg

オールドローズの小径は総じて満開過ぎ。
こちらは少しは早いがほぼ適期でしょうから、いかに他が早いか、ですね。
花は見られるものの、まだまだ株が出来てない、せめて1.5倍くらいになるだろう来年からでしょうね。
今年は期待をもって見てほしい。
来年はきっとこちらの方が楽しめる、と思います。

f0160407_447316.jpg

ほぼ出来てきたのはルゴサコレクション。
こちらは来年はかなり枝整理しないと、手出しできないほどのグチャグチャになります(どっかみたいに…)。
ルゴサの品種維持は力仕事になります。
血だらけでやりますよ、そんなの好きですから。

f0160407_4475430.jpg

その中で目立っていたルゲルダ(Rugelda)
まともに見たのは久しぶり。
KordesでもHRgにクラス分けしているので仲間に入れましたが、花粉親がロブスタ(Robusta)だからでしょうが、明らかに種子親のボナンザ(Bonanza)似。
数世代さかのぼってのピースファミリーの所に入れた方がいいかも。
まあどっちでもイケルので、いいネタではありますね。

昨日はバラには一切触らず、樹木の枯れ枝を切っていました。
いつもそう、バラが咲いたら目地除草したり…
そんなもんです。

バラ園、今から見頃です。
きっと冥土の土産ものになります。
当事者が書かないので声を大にしてお伝えします。
(ったくー、頼みますよ!)
by geesgreen | 2015-06-24 04:50
原生花園
一昨日、昨日とオホーツクでした。
いつもはkimさんが行っている網走の北海道立オホーツク公園、今回はイレギュラーで自分が講習、指導。
昨日が本番でしたが、それに引っかけ前日の打合せ後に小清水原生花園に。

f0160407_454578.jpg

久しぶりでしたが、朝の空気感も感じたくて、本番当日の早朝も車を走らせました。
やっぱりいい!ハマナシ好きには世界遺産ものです。
ハマナシも以前より逞しく、強く育っているような感じを受けました。
たまったリターや牧草類の除去のための、名物にもなった「野焼き」の効果でしょうか。
確か毎年場所を変えての野焼きですから、結果的に数年に一度の地際までの切り戻しをしているようなもの、強いシュートが出るはずですよね。

根源的な心象風景、原生、原始の香りがビンビン感じられます。
オホーツク人が草原を掻き分け進む姿を思い浮かべてしまいました。
うーん、この辺の空気感がたまらない、何とも贅沢な時間です。
近くにはワッカ、コムケ、オムサロ、ベニヤなどの原生花園もあり、まさにオホーツクは原生花園のメッカですね。

f0160407_4555972.jpg

合間に北方民族博物館に。
日本で唯一の北方民族の文化を専門に紹介する博物館です。
初めて行きましたが、これも感動ものでした。
前に近美で観て感涙した、イヌイトのビデオも常設で観られます。
あまり時間がなく駆け足でしたが、そばにいたなら毎日でも通うでしょうね。

網走市内にはオホーツク人のモヨロ貝塚館もあります。
うーん、行きたい!
今年はガーデンツアーに代わり、オホーツクの原生花園+史跡ツアーとすることに決めました!
うん!
by geesgreen | 2015-06-20 04:56
お祭り
昨日まで北海道神宮例大祭(札幌まつり)。
昨日の夕方は札幌の町なかを移動していて、何度も山車の行列に遭遇、久しぶりに見物できました。
派手さはないものの、荘厳で、やはりよさこいソーラン祭りよりは全然いい。
よさこい、言いたいこといっぱいありますが、苦言、暴言になるので封印します。

日中は岩見沢で会議。
昨日は寡黙でいこうと決めていましたが、やはりそうもいかず、いろいろ提言。
苦言、暴言ではなく、せっかく皆んな目一杯努力しているのですから、少しでも進歩するための前向きな意見を言わせてもらいました。
でしたよね?
だいぶ抑えてはいたんですけど…

バラ園はスコッツローズは満開過ぎ、ウエルカムガーデンのモーデン ブラッシュが満開。
良い株になってきました。
ハンザランドも咲き始め、もう少しでフロントの場面は赤く染まります。

f0160407_5145962.jpg

メインの渦巻き花壇、HTも数品種開花が始まりました。
クライスラー インペリアル、Lammerts博士の銘花。
晴天だったわりには典型的なダマスク香が楽しめました。

f0160407_5152853.jpg

外周で目を引いたFlのフランクリー スカーレット。
今まであまり目立たなかったのですが、やっと株ができてきました。
耐寒性重視で導入した品種ですが、Flとしては大輪で整形、見直しました。
これなら、あちこちで使いたい。
こういう品種が見つかるのが楽しい、バラ園ならではです。

夕方は今日の下見で大通公園に。

f0160407_5155548.jpg

どはーっ!!!
一気に満開状態でびっくり。
この一番花の一斉開花はまさにお祭り、一瞬の花園、バラ園の醍醐味です。
今日はボランティアの方達に花摘みの指導ですが、やりがいありますね、あり過ぎですかね。

f0160407_5193517.jpg

家に戻って、すぐそばの街路樹のハシドイが満開。
祭りもいいですが、何か救われた気がしました。
祭りばかりでは身が持ちませんからね。
by geesgreen | 2015-06-17 05:16
常備品
f0160407_4254493.jpg

昨日のイコロは夏の日差しを感じました。
札幌は曇りがちだったようですが、イコロはほぼピーカン。

そうなれば、一斉に虫たちも活動開始。
無農薬ですが、農薬使ったとしても周りは林、その中で美味しい蜜を提供しておいて、ガーデンにだけ来ないでね、入らないでねは通じない。
何せ彼らのテリトリー、自己防衛しなければなりません。
今シーズンも出だしに無防備でガーデン作業をして、未だにその痕跡が腕の各所に残っています。
で、今の自分の常備品。

f0160407_4274963.jpg

左の赤いのは、森林作業者御用達、富士錦の赤い線香、赤函。
防虫スプレーなどいろいろ試しましたが、これがいちばん効果ありで基本常備品。
腰に下げる携帯用の容器、蓋を固定すれば中の線香がズレず、一度着火すればかなり動いても立ち消えしません。
太巻きで煙の量も多く、一巻きで一日保ちます。
優れものです。

それに加えて、露出した肌などにスプレーを散布します。
現在いつも持ち歩いているものが右の4種類。
以前はよくあるハッカ油を使っていましたが物足りず、よりメント-ルの含有量が多い和ハッカ「ほくと」100%を使用(右から2本目の青い容器)。
普通の人には薄めた方がいいとのことですが、工藤は100%。
何でも濃いのが好きです。
普通のハッカ油よりは効果抜群。
加えて昨年からはシトロネラも併せて使用(右の白い容器)。

さらに今年はカリフォルニア発の「buzz spray」と、三重県発の「鉄腕アトムのアロマガードミスト」(アトムの7つの威力にちなんで7種類のハーブを混合とのこと、どうにもアトムものには弱い)。
まだまだ効果のほどは不確かですが、どちらもディート不使用で、シトロネロール、レモンユーカリ、レモングラス等々の各種のハーブのブレンドもの。
頻繁に散布する必要はありますが、安心して使えるし、柑橘系の香りがさわやかで精神的にも効果あり。

昨日は、赤函プラス4種全てを使いました。
でも、どっかの健康食品みたいに、あれこれ入っているから効果抜群ってわけではないでしょうね。
しじみのエキスを錠剤で飲んで、いくら酒飲んでもいいってことではない。
話違うか?

昨日は半袖で被害無し。
効果はあります。
でも、いろんな香りでわけわかんなくなりました。
良い子の皆さんは真似しないように。
by geesgreen | 2015-06-15 04:26
恒例行事
f0160407_553783.jpg

毎年の風景ですが、すっかり恒例行事になった月形、雪の聖母園での苗の植込み。
来年のネタになるバラと宿根草、花木を昨日植えてきました。
この畑での生産は今年で5年目になります。
広い畑での輪作、今回も初めての場所です。

Kimさん、Jimyさんと8時半現地集合。
雨に当たるのを覚悟で行きましたが、雨もなく無事終了。
その後雨が降ってくれると最高でしたが、それは空振り。
そうはうまくいきません。

後は放っときですが、最初だけはたっぷり一度水が欲しい。
今後これからはずーっと、晴れ予報。
うーん。
by geesgreen | 2015-06-14 05:06
小平のルゴサ
昨日は羽幌。
バラもだいぶ進んでいるかと思いましたが、まだまだ静か。
昨日も海風が冷たかったですが、6月に入って曇天、寒い日ばかりで、足踏みしているようです。
札幌からも大挙押し寄せる人気イベント、甘エビまつりは27、28日とのことで、ちょうどよかったのかもしれません。
でも、バラより甘エビでしょうね、やっぱり。
バラ園のバラは元気モリモリ、安心しました。

f0160407_534674.jpg

帰りに発見した小平のハマナシ。
10m2くらいの小規模のコロニーを作っていますが、不思議と今まで気づきませんでした。
少しパープル、モーブがかった濃色、自生種でありながらの強い一斉開花の性質は明らかに他とは違います。
サロベツ原野は別にして、この辺りの自生種は年々少なくなっています。
しかも、護岸、道路工事により植栽ものが入り、その後の放置管理により自生ものとの区別が難しい場合も多くなってきています。
でも、場所や株の状態から、この個体群は明らかに自生もの。
久々の驚きでした。

エゾスカシユリやエゾカンゾウもあちこち見られました。
やはり例年より少し早いかもしれません。
昔は毎年あちこちハマナシ見比べツアーに行ったものですが、こんな個体を見ると、また再開したくなりました。
by geesgreen | 2015-06-12 05:05
そろそろ満開@札幌中心部
昨日もグズグズ天気でしたが、朝の木酢散布は無事終了。
f0160407_583044.jpg

実家のバラも咲き始め、ではなく満開近くになってきました。
すぐそばの大通公園も然り。
f0160407_584674.jpg

近くのつるピースも満開。
少し高いフェンスに絡ませ、ニオイヒバの垣根の間から咲いていました。
見上げる位置の意図的な使い、いいですね。

昨日の後半は、Kimさんの現場でバラ植込み。
先日もJimyさんの現場でバラ植込み。
今日は羽幌へ補植もの持参、指導。
最近、バラの植込みが続いています。

どこも土質が違い、面白い。
植え込みながらどう育つか考えてしまいます。
どこもしっかり育ってほしい。
花より先ずは木づくり、じっくり付き合ってほしいものです。
by geesgreen | 2015-06-11 05:07
所変われば品変わる
昨日は久しぶりに真狩のKu's Garden、空の庭。
中山峠の朝は5℃、寒いと覚悟して行きましたが、以外や途中から日も挿し半袖に。
気持ちの良い日でした。

f0160407_4594952.jpg

バラはモリモリ、緑のかたまり具合がいい。
当初から驚いたものですが、やはり土質ですね。
余計な景色も隠れ、いい感じになってきました。

f0160407_502446.jpg

で、母屋の玄関前もガリカに、昨日の仕業。
バラを使わない手はない。
きっとすぐにモリモリのかたまりになります。
イチイとガリカ、自分は似合うと思うんですが。

反面、宿根草の育ちが今一と感じました。
迫力が感じられない。
イコロとは逆、これもやはり土質でしょうね。

基本はやはり土。
今日のイコロのローズトレーニングの2回目は「植え床と土壌改良」。
その辺の話もすることになるかと。
よろしくお願いいたします。
by geesgreen | 2015-06-07 05:01
目土、取りあえず完了!
昨日もまだ一昨日に続き雨模様。
昼からの雨で、合羽間に合わずパンツまで濡れました。

一昨日で取りあえず今シーズンの目土終了、その意味ではいい雨でした。
全部で17m3、ホワイトとローズガーデン以外はたっぷり入れました。
薄めることも選択肢でしたが、ボーダーに入れていると、やっぱりしっかり決めたくなる。
体力的、時間的にも分割が妥当かと。
ホワイトとローズガーデンは来シーズンに、是非。

f0160407_458578.jpg

ホワイトガーデン、いい感じになってなってきました。
ミツバウツギ(Staphylea bumalda)
ミツバウツギ科ミツバウツギ属、ウツギの仲間ではないが、花が似ていることや、葉が3つに分かれているので、この名前がついたようです。
3株あり、去年からやっと目立ってきたようですが、これからこの時期の主役になりそうで楽しみ。

昨日は気になっていたホワイトガーデンのハマナシの台木取り。
何で接木なんだよ〜と一人ぶつぶつ言いながら。
まだまだこんなことしているこの頃です。
by geesgreen | 2015-06-05 04:59