イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
‘サクラ’咲く
昨日は雪模様でしたが、あまりに雪が少ない、少ない…いずれ帳尻が…なんてことを聞くと、余計この先が恐いような気もします。
いわみざわ公園の色彩館、そんな屋外とは別世界です。

f0160407_4474653.jpg

‘サクラ’が咲いていました。
Camellia ‘Sakura’、まさにサクラらしくて好きな品種です。
アメリカの品種だったような(すみません、曖昧です)。
ヒメサザンカ(C. lutchuensis)、いやカメリア ロサエフロラ(C. rosaeflora)系の品種だったでしょうか。

一応香りツバキもので、ツバキらしからぬ小輪、花もやさしい樹形もたまりません。
ヒメサザンカやC. rosaefloraも是非ストックしてほしい。
昔から結構集めたものですが、この株もGee's~ikor~岩見沢へ引継いだものですね。
やっと落ち着いた感じです。
今年は植え替えせず、そのまま作り込んでほしい。
来年はもっともっと、いっぱい‘サクラ’咲きます。

温室の中では、あれやこれや芽吹いてきてわくわくします。

f0160407_4482196.jpg

その中でいちばんドヤ顔の芽吹きはオウゴンマサキ(Euonymus japonicus var.aurea
本州ではどこにでもあり、何てことない刈り込み、暖地の方には意外でしょうが北国では温室ものなんですよね。
(道南などでは屋外で越冬、札幌でも辛うじて越冬はしていますが)
色彩館の中では安定感抜群。
昨日は少し剪定の打合せもしましたが、これはこれで存在感もあるし、このままでもいいんじゃないか、と。
でも、◯はしっかり◯としたい、どこから見ても◯、マニアックにまん◯、しっかり◯。
いや、□でもいいかな~でも、それならかっちり□にすべきだな~しっかり角は90°に。
いやいや、どうせなら遊園地絡からみで「ベイマックス」のトピアリーなんてどうだろう?あれなら簡単に仕立てられそうですよね。
どうにでもイケる。
何でもいいわけではなく、いろんな仕立てができる、のですね。
楽しそう。
楽しみましょう!
楽しさは伝わる、楽しくないのも伝わる…
by geesgreen | 2015-02-25 04:48
heavenly bamboo
昨日は曇天、気温はプラスなものの、もうすぐ春と言っておきながら、このところ何だか寒くないですか?
ピーンとした厳寒期には感じないスースーする寒さ、風が妙に冷たい。
心構え、着構えが違うせいですかね。
体調のせいでしょうか…

f0160407_581535.jpg

近所で見つけたナンテン。
道南の屋外では見たことありますが、札幌です。
いやはや、さすが街なかですね、びっくりしました。
建物の南側、しかも少し雁木っぽくなっている下に植えられているからでしょうか?
一応ハーディネスはZ6になっているので昔は何回か挑戦しましたが、残ったのは皆無でしたが…

でも、矮性のオタフクナンテンほどではないにせよ、冬って全体にアントシアニン色にならなかったっけ?
こんな寒さの中で紅葉もしない、せめて落葉してもよさそうですが…かたくなに常緑です。
やはり少しは枯れ枝が見られるものの、これだけ実が残り、葉が残れば春からはモリモリでしょうね。

メギ科ナンテン属のナンテン、学名Nandina domestica
属名Nandina、ナンディナでしょうが、ナンダイナって読めますよね。
なんとなくインドっぽい。
NantenをNandenとの聞き違いから命名されたものですが、わかる気がします。
西洋人にとってはNantenなんて言いにくいでしょうね。
イチョウの、銀杏→音読みでGinkyo→属名Ginkgoを連想してしまいます。
正確にNantenと発音されていれば、属名はNanteniaになっていたんでしょうか。
その方がしっくりくるような…後の祭りですが。

種小名domesticaも、 どうにもですね。
ひねりがない、表現力に乏しい。
「国内の、その土地の」なんていう意味でしょうが、よほどあちこちに植えられていたんでしょうね。

学名に難癖つけてもしょうがありませんが、「難を転じる」からのナンテンの和名、そして英名のheavenly bambooの方がありがたみがあります。
この株は今後も要経過観察とします。
by geesgreen | 2015-02-23 05:10
いちばん早い春
昨日のイコロは朝方-11℃まで下がりましたが、日中はプラス。
雪融けもどんどん進んでいます。
3月に入るとフクジュソウやらヤナギの花も目に付くようになるんでしょうが、まだまだ雪が残る屋外は真冬と同じ。

f0160407_5275231.jpg

そんな中で、数日前から目に付くのがハンノキの雄花。
わかりにくい写真ですが、枝先にぶら下がる雄花が伸びてきて赤みを増してきています。
黒い実は昨年から付いているドライもの。
イコロに通うようになってから、毎年いちばん先に春の気配を感じさせてくれます。

ウトナイ湖の方には山ほどありますが、イコロ周辺では道中の、桂ゴルフ倶楽部横の湿気のあるところに集中しています。
目立つものではありませんが、その下を通ると、やはりこれまでの冬の情景とは明らかに違いを感じます。
どんどん赤みを増し、じきに花粉を飛ばすんでしょうね。

ハンノキハムシや虫こぶで嫌われものかもしれませんが、この時期の雄花が目立つ頃と、若葉の頃は美しいと感じます。
もうすぐ春です。
by geesgreen | 2015-02-22 05:28
グレーの日
f0160407_523852.jpg

昨日は暖かったものの、どんより曇りのグレーっぽい日でしたね。
堅雪になったので、スノーシューなしでも歩けるかと思いガーデンへ。
少し歩いたものの、あまりの暖気でずぼずぼ埋まり断念。
久しぶりにのぞきたかったのですが…

今日か明日かと首を長くして待っていた、今期第一弾の輸入ものアメリカからのバラ、センチュウ発見で全部不合格との連絡あり!
ネグサレセンチュウの一種、Pratylenchus sp.とのこと。
うーん…全部かいな…

初めてのナーサリー、数もさほど多くなかったので、気を利かしてくれて郵便で発送してくれ、これは楽チン、配達を待つだけと思っていたのですが…
アメリカからはやはりキツイですね。
かなり危険視されてるんでしょうね。
バラ科、しかも原種ものが多かったので余計でしょうね。
自分が検査官なら、きっと気合い入れて見るものな~

今後、やはり輸出得意の大手から、あるいは水耕もどき仕様、あるいは穂木でなければ難しいかもしれない。
土耕なら、しっかり検査すれば確実に見つかりますよね。
アメリカの片田舎の畑、マツノザイセンチュウ、ダイズシストセンチュウ、ネコブセンチュウ…きっと山ほど見つかる。

まあ、実害がなかっただけ良しとします。
そして、日本の土壌が守られたと良しとします。
他への植栽分が多かったのですが、その分はこれから入る分で何とか。

でもな~実生の原種は魅力だったんだがな~
マリーゴールドいっぱい植えればいいのに…
残念!
by geesgreen | 2015-02-19 05:02
冬の嵐
昨日は札幌でしたが、終日風が強く時々吹雪、とくに夜は風が強かったようです。
今も騒がしい。
こんな冬の吹雪ももう少しでしょうが、記憶にも新しい、あのオホーツクで何人もの犠牲者が出た平成25年の暴風雪は3月、まだまだ油断はできません。

f0160407_4533232.jpg

とくにイコロ、このところ行く度にまたまた少しずつではあるものの、積雪が増えている感じがします。
発表されている苫小牧、千歳の積雪深よりかなり多く、現在70cmほどでしょうか、札幌、岩見沢とあまり変わらないような気がします。
どこもかしこも70cmですね。
ハウス屋根、谷部の補強シートを接合しているテープもかなり緩んできていることもあり、心配です。
今日もKimさん一人になりますが、明後日にはJimyさんも復帰、何とか乗り切ってほしいものです。
どうにも冬の一名作業時は心配。
発見された時はカチンコチン…なんてことはないように…

f0160407_4543261.jpg

昨日円山近くを車で走っていて、ふと横を見た図。
樹木の樹形をイメージしてしまう、壁面を這うナツヅタの茎の軌跡。
二次元表現ですが、何とも巧みなもんですね。
吸盤もよく観察できます。
まだまだ年数を経ていないので、その模様が妙でした。

じきに全面を覆いますね。
どうするんでしょうね。
それが狙いでなければ、早めに取り去った方がいいでしょうね。
でも、もう数年間は冬のツタの模様を楽しみたいものですが…
by geesgreen | 2015-02-16 04:55
作戦会議
f0160407_4322811.jpg

昨日は岩見沢。
冬期間は駐車場は開放なので、早めに行っては車の中でPC作業ができてはかどります。

いやー、本当に雪が少ない。
岩見沢に行き始めて初めてのことです。
気象庁のデータでは、札幌も岩見沢も現在の積雪深は70cmほどとのこと、道理で少なく感じるはずです。
札幌の北区なんかよりは少なく感じます。

昨日はイベントなどの打合せ、作戦会議。
どこもかしこも、冬の間にどこまで詰められるかが勝負です。
焦らせるわけではないけれど、2月はあっという間、残り時間は僅か。

でもイベントって、あくまで本来業務を補填するもので、それが目的ではないはず。
多大な労力、エネルギーを要しますからね。
できれば本来のもので勝負するのが原則、イベントのために本来のものが手薄になるのは本末転倒です。
そのことを忘れないように進めてほしいものです。

巷では工藤はイベント嫌いと思われているようですが、そうではない。
補填する必要、効果が見込められれば、しっかりやるべきと思います。
要は費用対効果ですね。

皆さん大変ですね。
他人事ではないか…
頑張りませう!
by geesgreen | 2015-02-14 04:33
続・植え替え
f0160407_4434816.jpg

昨日の夜明け頃の高速、イコロへ。
最近、朝の除雪がなければ早めに現場に向かうようにしています。
とくに今の限られた時間では、朝は貴重です。

立春、やはりこれまでとはかすかに違うような。
これからどんどん日が長くなりますね、助かります。

f0160407_4442446.jpg

昨日書いた、植え替え時に出たバラの残土。
きれいなもんです。
根などの残渣もきれいに取り去っています。
ちょうど一年使用、しかもたっぷり堆肥類を入れているので、本来ならこれからがいい団粒になるステージでしょうね。
でも、当然バラには使い回しはできない。
もったいないですよね。

百合が原時代には、鉢土の残土は芝生の目土に再利用していました。
売ってるものより数倍優れもの、贅沢な目土です。
薄めたり、混ぜもの入れたりして他の植物のポット用土や、花壇にも使っていました。

f0160407_4451551.jpg

そしてゴロ土として使っていた炭。
これは問題なく再利用できます。
結構根がしっかり絡んでいます。
いい微生物やらがいっぱい住み込んでいるんでしょうね。
最終形なので一生ものです。

イコロではもう在庫が少なく、宝ものに見えてしまいます。
根をほぐしながら出てきた炭は、拾えるだけ拾ってます。
だんだんエスカレートしてくるような…
ほどほどにしなければ、ですよね。
by geesgreen | 2015-02-06 04:46
植え替え
f0160407_4414835.jpg

だいぶ屋根の雪が減って、少し明るくなったハウス、
一人流れ作業で、在庫バラの植え替えをしています。
剪定をして〜ポットから抜いて古土を落とし〜根洗い〜新しい用土で植え込み。

f0160407_4422417.jpg

あんまりいいサンプルではありませんが、根洗い後の様子。
桶の中で何度も株をふるい、徹底的に土を落とします。
この時、根の様子をじっくり見ます。
それが楽しい。

f0160407_4431470.jpg

植え込み完了の図。
根量が多いので、きっといい芽がドバッと伸びて来るはず。
期待できます。

まだ全体の1/4程度でしょうか。
輸入苗が来る前に終わらせたいものです。

あっ、その合間に高いところにも。
高いところはお任せください。
高いところは昔から好きですから。
by geesgreen | 2015-02-05 04:44