イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
渋色、明るい色
f0160407_4122922.jpg

f0160407_493127.jpg

昨日のいわみざわ公園。
日差しが強くて暑いほどでしたが、空気はすっかり秋の気配。
植え床には花びらや枯葉は一枚も落ちていなく、雑草も全くない完璧な管理状態でした。
草がなければいいのか、生育or勢い>除草だろうが、と昔は毒突いていましたが、しっかり管理していることに文句はありません。
ロングランの緊張感の持続には頭が下がります。

これからが秋花の本番。
じっくり良花が見られます。
f0160407_483077.jpg

HTのフレーミング ピース(Flaming Peace)、「燃えるピース」、ですね。
別名クローネンブルグ(Kronenbourg)、ビールの銘柄。
McGredy4世得意の渋色もの。
花弁の裏がクリームなのでリバースが強調されますが、赤花の中で何故か表れる紫がかる花色は特出と思います。
秋には似合う。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

このところ、急速に母の認知症が進んでいます。
先日は札幌医大で検査。
半日以上神経精神科に付き添い、同類の患者に囲まれ精神的にかなり疲れました。
再来週検査入院することに。
検査、検査できっと弱ることと思います。
できれば避けたいのですが、致し方ありません。

家に送り夕方再び顔を出すと、いつものように庭にしゃがみ込みバラの病葉を拾っていました。
一枚の花びらも病葉も、一本の雑草もなく、見事なほどきれいにしています、春からずーっと。
でも、その日病院に行ったことはすっかり忘れていました、見事なほどに抜けている…

蕎麦が食べたいと言うので近くの蕎麦屋へ。
f0160407_410146.jpg

そのすぐそばのマンションの前の花壇。
バラは別にして渋色が好みだった母が、「とってもきれい」としばらく離れません。
今までにはない言動、驚くことの毎日。
頭の中の変化はわかりませんが、明るい花色の力はわかるような気がしました。
by geesgreen | 2014-08-30 04:10
ガーデン巡り
行ってきました。
旭川、富良野編に続いて、一昨日から昨日にかけては帯広編、(一泊二日)×2、両手の指の数のガーデン巡り、一気に回りました。
夏と秋の狭間、どこもシーズン中では最悪の時期だったかもしれませんね。
だからこそこの時期なのです。
見かけにごまかされずに見て取れますから。
イヤなヤツですよね、ごめんなさい。

色々考えさせられました。
「いっぱいの人に来てもらうことと庭の居心地の良さ」、「質の高い緑」、「花を多用することの意味合い」、「バラを使うことの意味、難しさ」等々。

f0160407_4484376.jpg

f0160407_4493350.jpg

f0160407_450825.jpg


番外編ですが「 十勝トテッポ工房 」、帯広市内「とてっぽ通り」にあるチーズケーキとナチュラルチーズがメインのお店、中庭を見ながらのカフェも併設しています。
「 トテッポ 」とはビートを運んでいた今はなき十勝鉄道のこと、2011年度北海道赤レンガ建築奨励賞を受賞した施設です。
設計は札幌の鈴木理アトリエ、イラストは東京の寺田晶子。
いい感じでした。

家内によると、死ぬまでにもう一度食べたいソフトクリームだったとのこと。
いったいいくつ死ぬまでにもう一度食べたいスイーツがあるのかよ~とも思いますが、「食いものの強さ」も今回改めて感じました。
食が引っ張る。

イコロ、独りよがりでは難しい局面になっています。
色々考えなければいけません。
by geesgreen | 2014-08-25 04:50
ラジオ体操
f0160407_446628.jpg

昨日は終日雨でしたね。
涼しく、涼しく、もうすっかり秋の気配、今年は短い夏だったかもしれません。
でも、その分秋が長いということで、まだまだですよね。
これで終わっちゃ堪りませんから。
うん!

昨日はいわみざわ公園で来年の作戦会議。
最近はどこへ行っても、すっかり来期へ向けての話が主体になってます。
もちろん最後までしっかり管理したいものですが、それとて来期に繋がる動きと言える。
愛でる秋は今までの成果、今さらアタフタしても遅い、だから今の動きが重要、来年を左右する訳ですから。

今日と明日は、旭川と富良野のガーデン巡り。
今から出かけます。
一日空けて、今度は帯広方面あちこち。
楽しみです。
いろんな居心地の良い場所を見つけたいものです。

昨日の朝、いわみざわ公園で皆んなとラジオ体操しました。
行く時はいつも参加しています。
公園時代も一時期毎朝してましたっけ。
各自の体操を見れば、それぞれの性格がわかる、何よりもわかります。
by geesgreen | 2014-08-20 04:46
「石彩の教会」
お盆ですね。
昨日から札幌の街なかはめっきり車が少なく、静かになりました。
正月とお盆、年に2回の別世界でしょうか。
昨日の自分は、早朝の木酢散布の後、すぐそばのニドムへ。
f0160407_443458.jpg

f0160407_4432765.jpg


何故か石の教会の中で、ヘデラの手入れ、植え替えをしていました。
冷房が効いた静かな室内、やめられません。

それにしてもこの石積みはカッコいい。
あのイサム ノグチご愛用の四国の庵治石(あじいし)。
イサム ノグチお抱えの石工が長期間泊まり込んで施工したとのことです。

ランドスケープは東京の岩城造園。
小川治兵衛(植治)の流れ、さすがですね。
とくに人工池は必見もの、カッコいい。

上野砂由紀さんプロデュース、我がKImさんデザインのフラワーガーデンもモリモリ。
今後は一般開放もするそうで、イコロとセットでどうでしょう。
お薦めのコースです。
by geesgreen | 2014-08-14 04:44
お盆
f0160407_516475.jpg

世の中夏休み、明日からはお盆休みも重なり、札幌の街中もめっきり静かになるんでしょうね。

今日は実家にお寺のお坊さんが来ます。
娘と孫も来るようで、久しぶりに顔を見ることができます。
お墓の除草と清掃は先日済ませ、お盆中に再度母とお参りに行く予定。
すっかりお盆モードです。

そしてそして、お盆明けには道内のガーデンを一気に回ろうと思っています。
なんもかんも放って一気に回ります。
2泊3日、いや1泊2日しか時間取れないかな〜
イケますよね、決行します。
久しぶり、楽しみです。

同じ時に見るのが意味あると思っています。
いつもそう、バラ園もそうしていました。
その方がフェアだもん。

どこもお声はかけません。
風のように走り去る、日に焼けた目つきの悪いヤツがいたら工藤です。
無視してください。
by geesgreen | 2014-08-10 05:16
出来上がった緑
相変わらず札幌では寝苦しい日が続いています。
土日だったせいもありますが、世の中はすでにお盆モードに入ったような。
街中の車が異様に少ない。

f0160407_4514817.jpg

昨日もですが、この所のイコロの日は朝方集中モードにしています。
イコロと言えども、日中陽が射すと暑いし、虫たちに攻撃されますからね。
昨日も朝4時頃に家を出て、5時には運搬車でガーデンの中を移動していました。
薄く広く、目に入る草を抜き、枝を切り、最後はバラの花切り。
静かで、涼しく、やめられません。

今はボリュームが出て賑やかなボーダーが絶好調ですが、いちばん奥のオータムガーデンの居心地がいい。
その両サイドの図。
f0160407_4522763.jpg

f0160407_4525249.jpg

樹林とガーデンの境界、緑のボリュームがたまらない。
春の芽出しからの完成形。
多少枝抜きもと思ってしまいますが、樹林側は自然ぽい方がハマりますよね。
ガーデン側とのメリハリが効いています。
この辺は街中の公園や、田んぼや畑の中の施設などとの違い。
樹林様々です。

札幌に戻って、デスクワークやら諸々。
母親絡みの諸々ですが、その諸々に少々疲れてはきてます。
でも、イコロで生き返る。
今日は出遅れましたが、これから出ます。
フィトンチッドいっぱい吸って、元気をもらいに行きます!
by geesgreen | 2014-08-04 04:54
諸行無常
f0160407_452869.jpg

今の住まいのマンションのすぐそば、西20丁目通りの北1条より北側には、大きなシンジュの街路樹が多くあります。
ススキノの南4条通りのものと良い勝負でしょうね。
こんな暑い日には好適な緑陰になり、歩を休めて木の下で涼んでいる人も見られます。

先日、ついに北5条通りの北側両側の大株7本が撤去されました。
f0160407_4524091.jpg

高所作業車で上からチェーンソーでバツバツ切られて、こんな姿に。
翌日見ると…
f0160407_453745.jpg

跡形もない。
実に素早い。
3日ほどで完了。
こんな作業は迅速さが要求されるんでしょうね。
うるさ型も多いでしょうから。
歩道を盛り上げ、除雪にもかなり支障を来していたとは思います。
この後にはベニカエデ(アメリカハナノキ)が植えられるそう。

狭い植え枡で、大雪にも強烈な台風にもぶつ切り剪定にも耐え、自分よりはるかに長く生きていたシンジュ。
よく頑張りました、天寿を全うしたとも言えます。

景色自体が変わってしまいました。
それもすぐに見慣れた景色になるんでしょうね。
人間社会と同じように感じます。
諸行無常、思わず合掌してしまいました。
by geesgreen | 2014-08-01 04:53