イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ベニバナトチノキ満開
f0160407_5205928.jpg

知る人ぞ知る、満開を迎えた北4条通りのベニバナトチノキの並木。
引っ越して町内ほどになり、並木横のセンブンイレブンが毎日行きつけのコンビニになったので、いやでも毎日見上げることになりました。
樹冠が大きく、やっぱり貫禄あります。
写真を撮りに来ている方も結構見られます。

歩道幅もかなり広く確保されていますが、トチノキ用なんでしょうね。
大きな通りではありでしょうが、東側は龍谷学園でどん詰まり、西側も歩道幅が狭くなるので、2丁だけの限定仕様。
思い切った区画整理をしたもんです。
担当者の気合いが感じられるような気がします。

f0160407_5214171.jpg

植樹枡も道路から5mほども確保されています。
当然日陰になるので、フウチソウとギボウシが植えられています。
常套とは思いますが、あまりにトチノキの緑が強いので、どうにもアンバランス感を感じてしまいます。
黄葉、斑入り葉の多用って難しいですよね。
緑一色の方がグッと締まって落ち着くような気がしますが、暗くなり過ぎて嫌われるでしょうか。

当時の担当者はどんなイメージを持っていたんでしょうね。
きっと夢を持って作ったと思います。
今では少ない、そう感じる場面ではあります。
by geesgreen | 2014-05-31 05:23
シピリカの花園
昨日は、合間にニドムの現場に。
否、ウェディング会場ニドムフラワーガーデンヴィラ、否、「シピリカの花園」でしょうか?
昨年から上野さんから引き継ぎ、Kimさん担当で第2期、第3期と拡張工事を進めてきました。
「ノーマの泉」やら「ミナの扉」、「プリンセスガゼボ」やらやら、よくわかりませんが盛り沢山ですね。
f0160407_4541537.jpg

f0160407_4543844.jpg

f0160407_4545833.jpg

雨も十分に当たり、全ていい感じで育ってました。
バラも通常の3倍の密度で植えているし、長尺を多用、さらには樹高を保つために一部秋に掘り上げてイコロのハウスで養生、今後モリモリと思います。
日常管理は、以前研修生としてイコロに来ていた女性が当たっています。
今後は一般公開も予定しているとのこと。
こんなイベント的な場面も、たまには楽しい。

何故かKimさんがガーデナーズブログを書いています。
大変ですね。
頑張ってください。

それにしても、ウェディングって旨いんでしょうね。
余計な話でした。
by geesgreen | 2014-05-29 04:55
フルートの音色
一昨日から予定通りローズガーデンに入り込んでいます。
今日も続けますが、やっと半分強でしょうか。
枯れ枝除去主体の剪定、施肥、プラス昨年やった馬糞の粉砕と敷き均し、プラス除草と補植。
進まないわな〜

昨日は家内も引っ張り込みました。
最近引っ張り込んでます。
これも引っ越し効果かもしれません。
何せ生活がコンパクトなので、外に出やすい。

f0160407_512288.jpg

f0160407_5125326.jpg

今のイコロも極上と思います。
シラネアオイやら、エンレイソウやら、ヘレボルス、スミレ類、プルモナリア、ブルンネラやら、やら。
ボーダーのリップもいい感じですよ。
芽出しの緑にすごく効いてる。

昨日はどこからかフルートの音が。
ホワイトガーデンでの一人の男性の独演会。
難曲を流れるように、玄人はだしでした。
林に囲まれているせいか、ガーデン内の音響環境は最高。
よく響きます。
先日はウグイス、昨日はフルート、どちらも絶品でした。

下手っぺの人が来たらどうしましょうね?
当然、止めてもらいます。
でも、腕に自信のある方は大歓迎です。
by geesgreen | 2014-05-23 05:13
今日から3連チャン
怒濤の日々が続いています。
体に鞭打っての日々が続いています。
どこまで遅れなく、漏れなくやれるか今が勝負、この時期ですから致し方ありませんね。
ご同業の方々も同様でしょうね。
頑張りませう!

走り回っているうちに、リラ冷えの札幌でも早咲きのライラックは既に退色してきたものが見られます。
早いですね。

f0160407_4465626.jpg

近所のライラック、入口横に大株が一株。
家の横にももう一株、ややこれより薄い、やはり大株が一株。
That's all。
いろいろ入れたくなるでしょうが、That's all。
普通のフレンチライラックですがモノトーンだけの建物に妙に似合っています。
こういうの好きだなー

f0160407_4473682.jpg

疲れ切って最後に向かった実家のHT。
蕾がかなり膨らんできました。
もう摘蕾できるほど。
やはりどこよりも早い。

今日から3連チャンでイコロに入れます。
今季始めてかもしれません。
バラは、つるの剪定と誘引だけ終わったものの、まだまだ他の剪定もこれから。
札幌では蕾が膨らんできたというのに、です。
ひたすら切ります。
体に鞭打って頑張ります。
キツイが楽しみ!
by geesgreen | 2014-05-21 04:51
タイムスリップ
f0160407_431142.jpg

昨日は今期初めての真狩。
札幌はヤエザクラ、ボケが満開、ライラックも場所によっては満開のものもありですが、定山渓から先はまだまだヤマザクラとコブシが見頃。
林縁部のエゾエンゴサク、ミズバショウも満開、ちょっと前にタイムスリップしたような気分になりました。

意外と喜茂別周辺にはサクラが多い。
樹冠が絡んで合体したようなサクラとコブシがあり、ワォ〜と車を停めてデジカメを向けましたが…何と電池切れ。
うーん、不覚。
で、写真はイコロへ続く樹林の中のサクラ。

やっぱり、里のサクラよりは山のサクラの方がいい。
おどおどらしさがなく、純一無雑を感じます。
自然の樹形も溜め息もの。
この辺の空気感を庭で表現したいと思っていますが、難しい。

真狩、サポーターさん達とのバラの剪定でしたが、いつもながらすこぶる状態はいい。
各品種の自然な樹形ができてきました。
ほぼ満作に近いボリュームに育ち、全体の一体感も出てきたような。
作り込まない仕立てが真狩には似合う。
それを目指して、ブッシュは敢えて排除した訳ですから。

f0160407_431286.jpg

札幌に戻り、街の喧噪。
日替わり、時間替わり、場所替わりで目まぐるしく変わる空気感。
それを楽しむのも悪くもないかも。
by geesgreen | 2014-05-13 04:32
甘いもの
f0160407_4465025.jpg

ドロッピエさんの新作、キャロットケーキ。
濃厚で最高でした。
イコロハウスで売ってるクッキーもどれも好きです。

f0160407_4473223.jpg

甘いもの、何でも好きなわけではありません。
でも、いろいろ好きです。
この時期、甘いものなければやってられません。
それともちろんウイスキーも。
ウイスキーに合う甘いものが好きな訳です。

どうでもいい話でした。
すみません。
by geesgreen | 2014-05-08 04:47
年季
f0160407_5235033.jpg

昨日は、いわみざわ公園で中央の花壇のHTやらGrの剪定。
まだまだボリューム不足ですが、やっと少し剪定らしくなってきました。
枝が残ってくれれば、先に繋がります。

f0160407_5242242.jpg

その前日の羽幌のHT。
いつもながらですが、枝の歩留まりはピカイチです。
越冬前に切り戻した位置までほぼ残っています。
こうなれば剪定は楽しい。
2,000株、3名で20日ほどかかるとのことですが、そうでしょうね、このボリュームなら。

岩見沢もあと2、3年でこのクラスまでいけると思う。
年数の積み重ね、それを無駄にしない確実な手当、早道は無し、やっぱり真摯にやるしかありません。

f0160407_52545100.jpg

新居のマンションの眼下、霧雨の中の気象台のソメイヨシノ。
毎朝見ていますが、一気に満開になっちまいました。
数年前までさほど存在感はなかった気がしますが、2、3年前から急に存在感を増しました。
やっぱり年季ですね。
それに勝る感動はない。
でも、人間がそれについていくのが大変です。
がんばろ!
by geesgreen | 2014-05-04 05:28
時間差
f0160407_4475176.jpg

一昨日から昨日、久しぶりにイコロ泊。
札幌はどこも、サクラやウメやレンギョウなどで一気に賑やかになっていますが、イコロはまだまだ冬色。
違うもんですね。

f0160407_4483232.jpg

でもでも、林床の中はこの時期だけのお花畑、ナニワズが満開。
早朝の霧雨の中、久しぶりにゾクゾク感を味わえました。
人間業ではできない、自然の業に脱帽。
イギリス人もびっくりでしょうね。
今年はとくに花付きがいいような気がします。
さすがメッカです。

f0160407_4491513.jpg

一日半かけて、メインの園路脇からローズガーデン入口のハマナシの剪定完了。
いつも後回しになり、結局本格的に手がかけられなくて枯れ枝だけで済ませていました。
今年は何よりも先にやろうと、イコロでのシーズン最初の剪定作業としました。
山ほど枝を抜きましたが、わからないでしょうね。
公園なんかでは、ばっちり切り戻しでしょうが、やっぱり自然形がイコロには似合う。
楽しかった、さっぱりしました。

今日は羽幌、明日も明後日も他所でバラの剪定。
イコロはまだウサギ剪定残骸のまま。
まあ他所より芽出しが遅れているので、順番は最後も致し方ないですね。
体はひとつ、この時間差は助かります。
では、出発!
by geesgreen | 2014-05-02 04:50