イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
函館出っ張り
昨日も穏やかな日でした。
が、相変わらず長い一日になりました。
3時過ぎに札幌を出て、4時半にイコロから函館へ。

f0160407_5594450.jpg

見晴公園で、ボランティアの皆さんとバラの植え込み。
函館の洋風レトロな空気感、周りの和風植栽、背景の明治時代の裾レンガの片屋根木製温室、これらに似合うバラは派手やかなモダンローズではなく、野趣のあるシュラブローズでもなく、毅然としたクラシックなハイブリッド パーペチュアルだと思っていました。
2年越しの計画を実行。
函館のボス、五日市さんの力技です。
ありがとうございました。
今後、修正は必要でしょうが、先ずは第一歩、これからが楽しみ。

f0160407_602693.jpg

夕方戻ったイコロ。
イコロハウス前の「春の小径」(でいいのかな?)。
昨日Jimyさんも書いていましたが、いい感じです。
白だけのクロッカスに、青と少しのピンクのチオノドクサが混ざり、最後はびっしりの青のチオノドクサで締め。
ベタでない疎々感がいい、イコロらしい。
いい計算、狙いです。

これが終わるとスイセン。
今の時期はどんどん場面が変わります。
お見逃しなく!
by geesgreen | 2014-04-26 06:00
ルナ
f0160407_434899.jpg

乗馬クラブリーフさんの、3月23日生まれ生後一ヶ月を経過したアイドル「ルナ」。
正確にはLuna Piena(ルナ ピエナ)。
イタリア語で「満月」とのこと。

ちょっと手違いありで凹んでいましたが、癒されました。
眉間の白毛がワンポイント。
ハート形になりそうとのこと、そうなれば大人気でしょうね。
うーん、胆振日高版ではなく、絶対全道版だな。
うっ、また思い起こしてしまった。

わからないでしょうね。
わからなくてもいいです。

21日、イコロの森静かにオープンしました。
静かに(うーん)。
by geesgreen | 2014-04-23 04:34
まもるくん
オープンまで後二日、昨日は売り場への苗出し。
風が強く、寒く、温室育ちにはキツい日でした。
とても立てておけないほどの強風、得意の支柱付きつるバラ長尺苗は出すのを諦めました。
f0160407_5215621.jpg

同じく自根苗の葉が展開しているものも、出してはみたものの次々倒れる。
で、全てを横倒しにして、防寒用に不織布をかけました。
一昨日ジョイフルに走りゲットした不織布、「まもるくん」っていう商品名。

ジョイフルの苗売り場もサッと見てきましたが、柔らかく展開したバラの新葉は大分傷んでいました。
まだまだ寒い、危険ですね。
バラも宿根草も、少しずつ出します。

「まもるくん」頼みますよ!
by geesgreen | 2014-04-19 05:22
てっぺんまで到達!
f0160407_5234728.jpg

昨日はいわみざわ公園で、つるバラの剪定と誘引。
整形式花壇にいくつかあるポール仕立て、数株ですが最上部まで到達しました。
やっと残ってくれました。
やりましたね。

写真はアメリカン ピラー(American Pillar)、Walter Van Fleet博士のHWich系。
花粉親のHTの影響か、どちらかといえばLClぽい枝ぶりで固い。
昔、アメリカの牧場の牧柵にさりげなく絡まされていた株に魅了され、今はないですが百合が原公園のレストランのアーチに使っていました。
Z4とされているので、枝が残って当然でしょうが、今までの苦労もあり感慨深いものがあります。
満開時が楽しみ。

f0160407_5241868.jpg

中央のメインのポール、メイ クイーン(May Queen)とニュー ドーン(New Dawn)の絡みも健在。
シュートはまだまだ少ないものの、元枝が残ればサイドシュートでどんどん伸ばせる。
ピンクと白のグラデーションが楽しみ。

まだまだ風が冷たく、鼻水たらたらでしたが、至福の時でした。
よかった!
by geesgreen | 2014-04-16 05:23
全貌現る
このところ晴天が続いていますが、肌寒いですよね。
少し薄着になったせいもあるものの、風が冷たい。
まだまだ真冬の恰好で正解ですね、とくに外作業は。

f0160407_474735.jpg

一昨日のイコロのローズガーデン、ほぼ全貌が現れました。
今年は例年に比べて、岩見沢、札幌での枝の凍害はかなり少ないと感じていますが、イコロも少しはそんな感じではあります。
昨年植えたHMsk各種なんかは、結構上部まで枝が残ってくれました。
でも、もういい加減残ってくれよと放任したつるバラは、やはりかなり枯れ込みが大きい。
切り戻しのブッシュが少ないので、枝が上部まで残ってくれなければ存在感ないですよね、やっぱり。
それよりも…
f0160407_482250.jpg

この冬は前年に比べて巻きものを減らしたせいもあり、やはりやられました。
ウサギです。
レンガ壁前の安定感のあるマリア リサ(Maria Lisa)、地際から4、50cm残して上部は全てやられています。
樹高が揃っていますが、工藤はそんなことしない、それもウサギの仕業。
先ずは柔らかい枝先を食べ、積雪が減ってきて、さらに堅雪部分の地際を残して枝の周りの皮をしっかり食べている。
見事なもんです。
トゲが少ないので食べやすいんでしょうね。

鹿に対しては、カナダなんかではdeer-resistant plantsってリストアップされていますが、ウサギに対してもRHSではrabbit-resistant plantsとウサギに狙われない植物が紹介されています。
その中で、バラはトゲが密生するのがいいよと。
まあルゴサは全然やられていないので、当たり前って言えば当たり前かも。

やっぱりルゴサですかね、イコロは。
凍害の心配もないし。
でもな〜
by geesgreen | 2014-04-14 04:08
今期初見参
昨日はいわみざわ公園。
今までの冬期間は色彩館、温室の中での諸々でしたが、今期初めての屋外作業。
天気も良く、上空には宮島沼へ向かうハクチョウ、マガンが飛び交い、イコロ同様賑々しい。

f0160407_4431010.jpg

メインの渦巻き花壇は雪が残るものの、園路除雪、雪割りのおかげで、ほぼバラの状態は確認できました。
いつもながらこの瞬間はハラハラドキドキ。
いやーやりました!!!
ほぼ凍害はなし!
札幌並み、いやそれ以上かもしれない。
朝Annaさんの顔を見るなり、思わずハグしかかりました。
枝さえ助かれば後はどうにでも、ですから。
いろんな条件が重なったのでしょうが、いずれにしても去年とは大違い、本来の姿です。
皆さんの努力の賜物、それ以外ありません。

いくつか巻きものを外してみると、蒸れ蒸れ寸前。
こんな陽気ですからね。
昨日は急遽、コモ外しをすることに。
通常は去年同様、結束外し〜ヒラヒラ状態で外気順化が定番でしょうが、昨日、今日の陽気なら一刻も早く、でしょうね。
ぎりぎりセーフだったかもしれません。

f0160407_4434638.jpg

駐車場は除雪のおかげで一足早く雪が消え、ツクシイバラが完全露出。
これも心配でしたが、一部枝折れがあったものの枝先まで全然凍害無し。
巻きものをコモ、PP袋、タイベックもどき、ネットで比較してみましたが、昨日の感じではネット>タイベックもどき>PP袋>コモの順と感じました。
半年くらいも深い雪にカバーされる所では、蒸れを回避するのが肝要と改めて感じました。
プラス、早めの枝先止めでしょうか。

f0160407_4442061.jpg

皆さんと結束を外して、剪定〜誘引。
ルンルンでしたね。
去年の1.5〜2倍は確保できたかも。
来年にはてっぺんまでもイケるかも、ですね。

今年のいわみざわ公園は楽しみ!
by geesgreen | 2014-04-09 04:45
佳境
f0160407_453278.jpg

ハウスの中は春爛漫。
ポッティングされた苗たちも少しずつ動いてきています。
燃料や雪の問題は大きいものの、やはり広い一間の連棟ハウスは作業効率が良いし、何よりもこの時期の高温を回避するには都合がいい。
よくないところもあれば、いいところもある、ですね。

f0160407_4514767.jpg

f0160407_4521090.jpg

自家生産、自根苗の長尺の仕立ても佳境、だいぶ芽吹いてきましたが何とかぎりぎりセーフ。
残り数品種、後一日で終わりでしょうか。
やっとです。
昨日はファイルヘンブラウ(Veilchenblau)が終了、やはりトゲがないのでやり易い。
見上げながら、こんなに手間かけて、いったいいくらの値段を付ければいいんだろうか?と思わず考えてしまいました。
まあ、自分の労賃は放っときますね、とびっきり高くなっちゃいますから。

f0160407_4523349.jpg

早々と終了したアッシュ ウェンズディー(Ash Wednesday)。
目覚めが早く、もうすぐ蕾が見えてきそう。
うどんこの問題はあるものの、いい品種ですよね。
イコロでは無理だけど、札幌では使える。

本当は、一品種ずつご紹介と思っていたのですが、結局できなかった。
ごめんなさい。
オープン時には全てを並べます。
数量限定、早い者勝ち、ご期待ください。

さて、これからラベル。
この土日が勝負です。
新居の机の位置もやっと決まったので、張り付きます。
電話も出ません。
ごめんなさい!
by geesgreen | 2014-04-04 04:54