イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ゼナのジンジャー
副業が続いています。
一日中PC、肩バンバンです。
今日1月の最終日をひと区切りとしていましたが、やはり区切れない。
まあ、しょうがない。
しょうがない、しようがない、ってダメですね。
嫌いな言葉です。
天変地異なら正しくしょうがないでいいが、能力の問題ならギブアップってことですから。
でも、よく使ってしまいます。
これも、しょうがないかな。
うーん。

今日で1月も終わり、1年の1/12があっという間に過ぎ去りました。
2月は例年もっと早い。
恐ろしや、恐ろしや、ですね。

今日は岩見沢、いつものように1泊用の下着と靴下とウイスキーを鞄の中に入れました。
未だ一度もありませんが、帰れないことは十分に想定されますから。

f0160407_4555578.jpg

ウイスキーは33cl=330mlのちびボトル。
どういう訳か、どこに行く時も一晩にこんなに飲むのかよ~って量を入れていきます。
何があるかわかりませんからね~
ちなみに中身は、携帯用の小瓶に入れ替えてのいつものLaphroaig。

隣のゼナのジンジャー。
これも中身はLaphroaig。
晩ご飯をどっかに食べに出た時に、シングルモルトがあれば頼み、なければ他の酒を飲んだ後のキメにこれを飲みます。
よっぽど美味しくて、居心地よければ、無理矢理Laphroaigなんかを置いてもらいます。
今まで数件あります。
でも、中々そんな店もなく、そんな時はゼナのジンジャー。
アンバーがかった瓶なので中身がバレない、姑息ですね。
量は50ml、スコットランドのワンショット程度なのでちょうどいい。
鞄から出して堂々と一気に飲みます。
ちょっと風邪気味だからって感じで。

どっかの店で、おもむろにゼナのジンジャーを飲んでいるのは工藤です。
くれぐれも店の人には告げ口しないように。
by geesgreen | 2014-01-31 04:56
本業
昨日の札幌は断続的な雪、夕方はかなりの吹雪状態でした。
昨日も一日中デスクワーク。
1月は心を鬼にして植物と離れた動きをしています。その割りに事が進んでいるかといえば、必ずしもそうでもない。
そろそろ見切りをつけなくては、ですね。

f0160407_585895.jpg

先日のイコロ。
ハウスの中は行く度に植え替えが進んでいます。
うらやましい…
kimさん、Jimyさんの仕業、着々ですね。
(でも、彼らもきっと焦っているに違いない…ねっ?)

先日、いわみざわ公園での洋ラン展の依頼で、久しぶりに、えるむ花園の川面さんと話しました。
その中で、何で通販、ネット販売しないの?って尋ねたところ、ハウスにいる方が楽しい、株をいじってないと維持できない(シャレではありません)とのこと。
さすが親父さん譲り、筋金入りですね。
マスデを始め、川面さんの増殖モノはある意味マニアックなので、外から見ればまさしく通販でこそ、いや、通販でなければ成り立たないと思うんだけど、それよりも栽培重視。
もちろん、人手の問題が解決すればある程度こなせるのかもしれないが、彼なら少しの時間でもあれば洋ランをいじっていたいんだろうな~と思います、きっと。
(巷にあふれる、安易に通販に走る植物関係者に聞かせてやりたい)

この辺の本業と副業的なものの時間配分、バランスって、ずーっと付きまとってます。
公園時代は特にそうでした。
でも、今はすっきりしたもんです。
それが個人事業の特権かも。
そうでなくっちゃ、やってられんってこともある。

「いいモノ作っていればどうにかなるかな」って川面さんは言ってたけど、その通りと思う。
イコロではいい場面、そのための空間づくり、そのための人材であり、植物苗なんだろうなーと思う、それがあれば鬼に金棒。
でも、それに至るまで頑張れるか、ですね。
だから冬の貴重な小遣い稼ぎにデスクワークで悶々としている訳で…
今日は久しぶりにハウスでバラをいじってきます。
それが本業ですから。
by geesgreen | 2014-01-27 05:09
どう化けるか
f0160407_6151810.jpg

昨日も岩見沢。
このところ、行く度にずーっと地下足袋と二連梯子でつるバラと格闘してます。
時期外れですよね。
でも、これも後一日でやっと抜け出せそう。
品種的には?のものもありますが、まあ大きく育ってるんだから取りあえず何とか引っ張ります。
サイドシュート優先、かなり枝の更新を図りました。
どう化けるか期待。

天気も良かったので、結構入館者もいて、それなりに冬の温室らしい…
のですが、どうにもまだまだ見せ場に乏しい。
全面改修して、ベースになる植物も徐々にボリュームが出てはきてはいるものの、まだまだこれから。

温室って、如実に管理者の力量が出ます。
当たり前だけど、全て意図的、作為的な訳ですから、屋外の場面より如実です。
本来はそれが醍醐味でもあるはずです。

今まで自分が関ってきたどの温室より、期待はしてる。
そのために植栽内容も管理体制も見直した訳ですから。
先ずはコンセプトでしょうね。
しっかり確認して、そのための具体策を目一杯考える。
これには微力ながら自分も目一杯協力したい。
でも、それを具体化し、実行するのは当事者、それにかかります。

どう化けるか期待しています。
新任の斎藤さんにも期待しています。
頑張れ!!
by geesgreen | 2014-01-22 06:15
太陽の力
f0160407_5195574.jpg

昨日は岩見沢、久しぶりに終日晴天でした。
反対に札幌は朝から雪模様で、何回か雪かきが必要だったよう。
たまにはそうでなければ不公平ですよね。

やっぱり太陽の光は何ものにも代え難い、皆んなの表情が緩みます。
毎日の雪、曇天続きは、やはり気分的にも鬱ぎがちになります。
晴れというだけで前向きに考えられる。

個人的な話ですが、85歳になる自分の母親、実家で独り住まいをしていますが、正月明けからかなり物忘れが進んでいます。
昔のことはよく覚えているのに、すぐ前のことはすっかり抜けてしまっていることが多い。
食事とか身のまわりのことをする意欲もかなり低下しています。
様子を見ていると、雪続きの暗い日は元気がなく、晴れだと調子が良さそう、天候でかなり違うようです。
わかるような気がします、自分たちも少なからずそうかもしれませんから。

庭に出てバラを世話するのが何より楽しみな母、春になりまたそれができれば、元気になるかもしれません。
「イコロも大好き」と、春になってイコロに行くのを楽しみにしてます。
庭って、そんな意味も大きいんでしょうね。

それまで、できるだけ付き合おうと思っています。
春はもうすぐ!ですから。
by geesgreen | 2014-01-18 05:20
札幌もホワイトアウト
昨日は、イコロから午前中早めに札幌に戻りましたが、案の定高速の札幌南から小樽方面は吹雪で通行止め。
いつものことですが、全くピーカンのイコロにいると想像できない。

f0160407_5225374.jpg

高速を下りて、札幌新道を走るうちに全くホワイトアウトに。
一時は岩見沢並みでした。
札幌市内では珍しく冷や汗もので戻りました。
中央区に入ると穏やかだったので、今回の雪雲は石狩湾から高速の北側沿いに北区、東区、江別にかけてのラインだったようですね。

どこに行くにも高速が不可欠な身としては、何とも気が気でない日々が続いています。
何せ、一度止まると必ず渋滞に巻き込まれ、いつもの2、3倍の時間を要します。
自分にとってはtime is moneyは座右の銘みたいなもん、だから通勤時間なんてものは極力短くするべきで、早朝出勤早退は欠かせないわけで…まあ、自分の都合ですがね。
いずれにしても冬道の運転って疲れます、お金もかかる。
この確率30%の、10年に一度の寒波が去れば、そろそろイコロに泊まり込みも考えないと…

でも、昨日のイコロの夜明けは-23℃、久しぶりにキーンとした、しばれに身が縮みました。
寒さも雪もキツい。
もう少しの、いやもうしばらくの辛抱ですね。
うーん…
by geesgreen | 2014-01-14 05:23
岩見沢が心配
昨日あるいは今日は岩見沢の予定でしたが、危険だから来ない方がいいとのことで中止に。
昨日から高速は江別東から美唄あるいは奈井江までずーっと止まっていて、国道も危険とのこと。
今も降り続いているようですね。
市内の道幅も極端に狭くなり、少しの移動にもかなり時間がかかっているよう。
岩見沢の皆さん、本当にご苦労様です。
電話口の疲れたAnnaさんの声を聞いて、かける言葉もなかった。

昨日は予定を変更してイコロにしましたが、札幌同様穏やか。
朝行く途中の札幌JCT辺り。
f0160407_549043.jpg

江別方面の上空は真っ黒い筋状の雲に覆われていました。
あまり見られない怖さを感じるほどの雲、あの中で皆さん恐怖に怯え、憔悴していると思うと、何とも言えない思いになりました。
早く収まってくれることを願うだけです。

f0160407_5495897.jpg

そんな悶々とした気持ちの中、バラの支柱用の枝を黙々と元削り。
脇枝を落とした右側の枝を黙々と削ります。
こんな時は両手使いが役立ちます。
もともとレフトハンドなのですがナタは両手でいけるので、右が疲れれば左に、左が疲れれば右に。

f0160407_5502572.jpg

太めの100本ほどはガーデン用に回し、ポット用の500本ほどが完成。
考えてみたら、公園での剪定枝リサイクルを始めてからずーっとやってるでしょうか。
バラだけでなく、いろんなつるものに使ってました。
手がかかる、こんなんやってる人はいないでしょうね。
長さも曲がりもまちまち、でもそれがいい、株に合わせて選び、仕立てられる。
個性が出せて、それが楽しい。

取りあえず一段落、でもこれを使うのはまだまだ先。
その前にまずは今ある在庫の見極めです。
いちばんの楽しみは最後にします。
あっ、その合間に岩見沢にも…
うーん、とても岩見沢が心配です。
by geesgreen | 2014-01-12 05:51
首が痛い
f0160407_585250.jpg

昨日は岩見沢で、色彩館の中のつるバラの剪定。

ずーっと手をつけたかったので、念願のって感じです。
いやー楽しかったのですが、一日やってると首が痛くなりました、今も痛い。
写真見ているだけで痛くなる。
で、上を向かなくてもいいように次回からは2連梯子でやることに。
まだまだあるので、だいぶスピードアップが図れると思います。

昨日はブルボンのつるのスーヴニール ドゥ ラ マルメゾン(Souvenir de la Malmaison, Cl.)から、黄モッコウのロサ バンクシアエ ルテア(Rosa bannksiae f. lutea)、白一重のモッコウのロサ バンクシアエ ノルマリス(Rosa bannksiae var. normalis)、ランブラーのヴィオレット(Violette)、あのカカヤン、ハイブリッド ブラクテアタのマーメイド(Mermaid)、そしてポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー(Paul's Himalayan Musk Rambler)の途中まで。

室内ではポールズ ヒマラヤン ムスクだけがミスキャストでしょうね。
ヴィオレットは親株として保護する意味はある。
屋外>室内ものは、やはり屋外で見せるべきと、他のものは北国では室内栽培での意味合いはあります。
今後はそんなもので構成されるといいな。

それにしても奮闘しているAnnaさんの脚立を支えるMizさん、どちらもかつてはGee'sのスタッフ、因縁を感じます。
Mizさん、しっかりAnnaさんを支えてくださいよ。
by geesgreen | 2014-01-08 05:09
霧の島の57度
昨日の夕方から雪の札幌、今は止んでいますが結構積もりました。
これから雪かき。

世の中、今日まで正月休みの方が多いんでしょうね。
自分もイコロでの作業は明日からにしました。
案の定、冬の間のデスクワークの宿題も進捗が悪い。
まあ致し方ない、本格的には明日からですね。

で、正月に紛れて酒の話題。
年末からずーっと日本酒がメインになってます。
これは恒例、やっぱり正月料理には日本酒が合いますから。
でも、締めにはやっぱりウイスキー、大晦日も正月もこれは外せない。
365日外せない!
f0160407_4473366.jpg

タリスカー 57° ノース、12月から年末バージョンにしていました。
ストックものの1000ml瓶が空いたので、次は700mlの国内オフィシャルもの。
10年、18年の45.8度は札幌でもあちこちで見られますが、57度は通販になります。
でも、本場ものの1000mlは国内ではないよう。
やっぱり少し違うような。

タリスカー蒸留所は、スコットランドのインナー ヘブリディーズ諸島の最も北方に位置する最大の島、スカイ島にあります。
別名「ミスト アイランド」とも呼ばれるようで、行ってみたい。
北緯57度にあるスカイ島、それにちなんでアルコール度数を57度にしたスペシャル版です。

強ければいいってわけではありませんが、この57度ってのが病みつきになる。
ほどほどにしないと…
で、今まで飲んだ中でいちばんアルコール度数の高いウイスキーって何かと考えてもぞもぞ探していたら、こんなものが出てきました。
f0160407_448762.jpg

スコットランドの、ど田舎のホテルのバーのMalt Tasters Check List、ワインリストみたいなもんです。
当時飲んだ4種類に印が付いてましたが、その中に何と66.5度っていうのがありました。
Glen Eskの13年もの、エスク渓谷ですね。
当然ボトラーズのカスクストレングス(無加水原酒)ものでしょうが、カーッと強かった記憶はあります。
何故か一緒に飲んでいたチェコ人の若い女性に呆れられたことも。

今年も旨い酒を飲みたいものです。
そのためには頑張らないと、ですね。
取りあえず、雪かき頑張ります。
by geesgreen | 2014-01-05 04:50
初詣
f0160407_537574.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨日の朝、北海道神宮へ初詣に行ってきました。
軽く一礼して鳥居をくぐり、手水舎で手、口を清め、賽銭を投げ入れ、二礼二拍手一礼、イコロをよろしくと真心をこめて祈願。
うっ、あれこれ祈願だけして感謝しなかった(汗)
まあ神道でもないので神様もお見通しですね、お許しを。

今年はどんな年になるんでしょうね。
願わくば、皆さまにとって良い年になるようお祈りいたします。
自分?
It's better to burn out than to fade away.
Neil Young
錆びつくより燃え尽きる方がいい。
ニール・ヤング
です。

今年もよろしく!
by geesgreen | 2014-01-03 05:37