イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
イコロ晴れ
f0160407_5445195.jpg

f0160407_5452124.jpg

f0160407_5454125.jpg

昨日はイコロ晴れ。
スタッフと研修生でバラの馬糞マルチ。
イコロの乗馬クラブリーフさんからの提供です。

馬糞マルチ、馬糞堆肥マルチではありません。
ほぼ生糞、とてもすき込めない。
表土に薄く敷き均して現場で堆肥化を図ります。
苦肉の策です。
いつもは~年ものがいいなんて言いながら、です。
すみません。

以前、現代農業に「現地発酵方式」っていうのが載っていた記憶がありますが、まさにそれですね。
これから作物を植え付ける訳でもなく相手はバラ、しかも稲藁混ざりの馬糞、マルチングによる酸化的条件下での使用、ある意味究極の省エネ方法とも言えます。

でも、良い子の皆さんは決して真似しないように。
イコロ晴れだからできる業ですから。
もっとも公共の公園なんかではとてもできないよな〜
by geesgreen | 2013-09-28 05:46
悶々の9月
一気に寒くなりましたね。
そろそろ暖房を入れている所もあるんでしょうね。
季節は確実に進んでる。

9月ももうすぐで終わり。
今年は文字通り「計画の月9月」でした。
いや「悶々の月9月」だったかも。
計画と悶々は全然違うよ〜な

f0160407_450324.jpg

自宅近くで見つけた‘リンダ キャンベル(Linda Campbell)’
遠くからでも目を引く最後の赤花をしっかり咲かせていました。
年数から推測すると、きっとGee's時代のものでしょうね。
確実に育ち、最後までしっかり花を咲かせている、やっぱり植物にはかなわない。
愛おしく、嬉しく思いました。
こんなの見ると、本当に励まさられる。

さてさて「実行の月10月」はどうなることやら。
確実に実行したいものです。
悶々としていても何も始まらない!
by geesgreen | 2013-09-27 04:51
ヒップ鈴なり
f0160407_5274547.jpg

f0160407_5281038.jpg

昨日はいわみざわ公園。
午前中は若手S君と、「ハマナスの丘」でハマナシの現況調査。
ぽつらぽつら花も咲き、ヒップも鈴なりで迫力ありました。
大きな声では言えないけれど、自分にとっては今の公園の中ではいちばん居心地が良い場所です。
ハマナシを含めての緑の安定感、やっぱり大きな木があると落ち着きますね。
高い所好きの性格もあるかな。

全道各地のハマナシ、
正体不明やら、欠株ありで、これからじっくり作戦練りますが、開発の進んだ地域ものは怪しい、素朴な所(って?)はらしい、って感じでしょうか。
でも、残った株はいいものもたくさんある。
やっぱり年数ですね。
残ったものは財産、有効に活用したい。

もっともっといい場面にしたいものです。
きっとイケます。
景色と素材の潜在価値はぴか一ですから。
あとはどう磨くかです。
楽しみ!
by geesgreen | 2013-09-21 05:28
朝の一瞬
f0160407_4423578.jpg

昨日の朝のボーダー。
朝日が射して、十分水を含んだ地面からもうもうと水蒸気が上がる、の図。
こんな場面が見られるのは秋だけ、一年に数回のことでしょうね。
しかも、朝のほんのひと時。

涙が出るほど感動しました。
いろいろあるも、この光景を見られるだけでも、イコロを続ける意味があると思いました。
感謝。
by geesgreen | 2013-09-20 04:42
秋心
昨日はほぼ台風一過のキラキラ、気持ちの良い秋晴れでした。
そんな時にはイコロにいたいもんですが、いつもは家内に押しつける銀行やら何やらで、一日中札幌の街中をあちこち。
まあそれも仕事、苦手なもののたまには致し方ないですかね。

f0160407_525982.jpg

夕方には、日差しのある中で突然雨が降り出し、濃厚な虹が楽しめました。
虹を見たら大吉兆、何故か昔からそう信じてます。
昨日も、一瞬だけど幸せな気分になりました。

f0160407_5431.jpg

近所の子柴。
生後4ヶ月くらいでしょうか。
ぬいぐるみ状態の幼犬時から、珍しく屋外で飼われています。
この4ヶ月、少し遠回りになるものの、できるだけその前を通るようにしてます。
大分一人前になってきました。
これも、見ているだけで幸せな気分になる。

そういうものに飢えてるんでしょうかね。
秋だからなんでしょうね、きっと。
by geesgreen | 2013-09-19 05:04
秋の赤花
世の中、連休#1ですが雨模様。
まあ9月だからしょうがないですかね。
雨が続いてバラも影響大、あちこちで黒星病での落葉が目立ちますね。
ひどいものはほぼ枝だけの品種もある。
そうでないのもあるので、耐病性の優劣が如実に出ますね。
でも、開き直るわけではないですが、秋バラってそんなもんだとも思います。
一番花のように一斉に咲かないので派手さはないものの、雨に叩かれながらも咲く花は十分魅力的です。

そんな中で、やはりこの時期の赤花は別格です。
f0160407_4444467.jpg

f0160407_4451262.jpg

どちらも‘ラバグルト(Lavaglut)’
上の写真は一昨日のいわみざわ公園で、下は同じ日の大通公園で。
別名‘Intrigue’ 、あるいは‘Lava Flow’、世界中のバラ園での定番品種でしょうね。
やはり、この秋花は見惚れます。

f0160407_4455545.jpg

いわみざわ公園の‘ニコロ パガニーニ(Niccolo Paganini)’
やはりかなり葉は傷んでいるものの、色合い、締まりの良さは秋花ならでは。

f0160407_4461958.jpg

大通公園で今いちばん目を引いているのは‘オリンピック ファイアー(Olympic Fire)’
暗くなる直前でしたが、本当に光ってました。
今まではやや濃いめのオレンジ花でしたが、秋バラは光る。

f0160407_4464547.jpg

そして、いつも騒いでいる‘オイティン(Eutin)’
これほどあちこちのバラ園で植えられている所は、世界中でも北海道だけでしょうね。
いつの間にかそうなってしまいました、すみません。
でも、この秋バラを見ればそうなりますよね。

他の花色もそうですが、この時期の花はまさに筆舌に尽くしがたい。
もう少し、あと一ヶ月ほどですが、秋雨なんてなんのその、じっくり楽しみたいものです。
by geesgreen | 2013-09-15 04:47
至宝の残りもの
f0160407_5191391.jpg

一昨日、久々にホワイトガーデンをあちこちじっくり見ていて目に入った、‘ブラッシュ ノアゼット(Blush Noisette)’。
イコロのオープン時に植えられたものですから、6年ものでしょうか。
樹齢は+2年で正確には8年ものか。
二番花の蕾がいっぱい付いてました。
これからの花はもう少しピンクが入ってくるはず。

残ってたんですね!
毎年、毎年、叩かれて、叩かれて、残った数株。
6年ものには見えないほどのサイズですが、らしい樹形を作っています。
残った株は至宝です。

ローズガーデンにも数株植えてましたが、今年諦めて、抜いちゃいました。
枝の越冬はイコロでは無理、まあ宿根草感覚でもいいかと思っていましたが、あまりに地際まで枯れ込むので諦めました。

すごいヒントをもらいました。
バラに対してはもちろんですが、少し悶々としていたので、これからの生き方についても考えさせられました。
大げさですかね?
by geesgreen | 2013-09-13 05:19
朝だけイコロ
f0160407_595357.jpg

f0160407_5102475.jpg

f0160407_510579.jpg

f0160407_5112299.jpg

昨日の朝のイコロ。
いい光、いい空気感、ぐっとくるテクスチャ。
でも朝だけで、すぐに移動して打合せ、そしてまた移動して打合せ、打合せ。
最近そんなのばっかり。
でも、短時間だけど救われた気がしました。

毎年9月は計画の月と覚悟はしているものの、今年はなおさら。
札幌の各公園では指定管理の計画書の作成は完了したようですね。
皆さまご苦労様でした。
自分もなぜか現在、いわみざわ公園の計画書の作戦会議に参加してます。
大詰めです。

手を挙げたからには、前向きにかかるべきと思います。
どんな手法が市民の利益に適うか、どれだけいっぱい考えられるかにかかります。
公共施設ですからね。

一方、食いぶちを一から稼がなければならないイコロ、こっちの方がよっぽど重く、厳しい。
でも、どこよりも居心地がいい。
それはお金では賄えないものです。
企業秘密です。

頭パンパンになっている方、秋のイコロがお薦めです、よ。
by geesgreen | 2013-09-07 05:13