イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ハマコレ
昨日は(も)、いわみざわ公園。
イコロに電話、Jimyさんに思わず「岩見沢の工藤です」って言っちゃいました。
そんな感じですよね。

雨模様だったので、色彩館(温室)作業。
他の施設に行くと、見慣れない道具類があるのでおもしろい。
f0160407_5545132.jpg

f0160407_5551115.jpg

上はトラスコ中山製の鋼板製の台車。
ストッパー付き、重厚感あり、手作り感もいい。
下はバロネスのバッテリー式のリールモア。
ユアサのバッテリーを搭載、静音、パワフルで保ちもいい。

どちらも当然廃盤もの。
自分には宝ものに見えました。
大切に使ってください。

帰り際、久しぶりに「ハマナスの丘」のてっぺんまで。
f0160407_5555169.jpg

各地のハマナシ、ハマコレです。
遺伝子保護、個体変異を見せる場面として、本来はすごく意味のある場面と思います。
いちばん上の北方領土から下の道南圏までブロックごとに分けられていますが、各市町村の株が混ざってしまい個別の判別不能。
ハマナシはストロンが出るので、放っておくとすぐに株が入り乱れてしまいます。
百合が原公園でも毎年ストロン処理が大変でした。
(今は混ぜ混ぜでしょうが…)
植えつぶしにはいいが、個別に株を維持するには結構大変なのです。

今後、新たに個体差のあるものを収集して再構築する必要があります。
来年から少しずつ進めたい。
自生種のハマナシの収集、数年ぶりですが、今やらなければ間に合いません。
あちこち個体選抜された移入種に押されていますから。
頑張りませう、Annaさん。

f0160407_5563787.jpg

「ハマナスの丘」の導入部にあるカラフトイバラ(Rosa davurica var.alpestris)。
欧米ではいまだに旧学名のRosa marretiiで流通していることも多い。
これも北海道の誇る原種と思います。
だいぶ色づいていました。
いい感じでした。

やることいっぱいあるな〜
by geesgreen | 2013-08-31 05:56
ひっさびさ目線
昨日は朝方、イコロで木酢散布。
「ひっさびさ」のイコロでした。
朝方12℃、肌寒いほど。
もうそんな季節なんですよね。
長期予報では9月も残暑とのことですが、季節は確実に秋ですね。

諸々あり、この所、週一の木酢散布だけイコロに行く状態に陥っています。
やばいですよね〜
でも、「ひっさびさ」っていうのは、ある意味新鮮で、全てを客観的に見ることができます。
場面を客観的に見るっていうのはすごく重要と思っています。
いつも講習会でくどくどと語ってますが。
とくに自分のホームグランドは、日常の風景になってしまうのでいろいろ見過ごしてしまう。
日常の風景を無理矢理外から目線で見ることって、結構難しいことと思います。
20年間公園で、毎朝その頭で(来園者の視線で)場面を見ることが自分のいちばんの仕事だったと思います。

で、イコロ、いい感じでしたよ。
あら探しすればいろいろありますが、この時期にしてはしっかり管理してるぞ感が感じられました。
スタッフ皆んなに感謝です。
それしかない。

打合せ後、月形の雪の聖母園の苗畑へ。
先日めげた除草の仕上げと施肥。
つるバラの枝もぐんと伸びていい感じ。
収穫が楽しみ。

f0160407_4542987.jpg

何故か聖母園のH氏からトウモロコシの採り頃具合、もぎ方のレクチャーを受けるKimさんの図。
その後トマトハウスで、木成りで十分に熟したミニトマトも味見、収穫。
めちゃ美味しかった!
お土産もいただき、感謝です。
満足万蔵!
by geesgreen | 2013-08-30 04:53
ムクゲ嫌い
毎日蒸し暑いですね。
で、この時期どこでもムクゲが目立ちます。
改めて結構植えられているものだと感じます。
よほどのことがなければ枯れないので当たり前かもしれませんね。

でも、なぜか自分は昔からどうにもです。
もともと中国原産、韓国の国花にもなっていることからの、anti‐Chinese、anti‐Korean feelingではなく、アオイ科嫌いでもなく、です。
でも、ハイビスカスはもちろんモミジアオイ、フヨウ、ケナフなど、どうにもHibiscus属は北国より暖地の方が似合う気がします。
でも最も「どうにも」の理由は樹形と思います。
硬く直線的で、杯型、逆さ箒型って言うのでしょうか、全く積雪地向きではないですよね。
それって、なんか北海道には似合わない。

f0160407_4513345.jpg

ですが、この写真。
自宅近くの空き家の前のムクゲです。
3、4年前から、いやもっと前から空き家だったでしょうか。
放任、毎年屋根からの雪で潰されてました。
株張り4m、高さは背丈ほど。
いいですよね。

こんなの人の手ではなかなか仕立てられない。
株中の枝の仕組みを覗きました。
この手の中低木の仕立ての参考になります。
同じく耐雪性のないバラの仕立ての参考にもなる。
雪に逆らわない。
ある意味、積雪地での自然形かもしれませんね。

こんなムクゲなら好きだな。
by geesgreen | 2013-08-23 04:51
Iwamizawa Sunset
昨日はいわみざわ公園。
午前中は、つるバラの誘引と枝抜き。
辛うじて雨は免れられました。

f0160407_5135033.jpg

f0160407_5142462.jpg

この時期まで、何とか後手にならず、しっかり手が入れられています。
お盆過ぎ、開花の端境期ですから、本州はもちろん、道内でもいちばん花があるバラ園かも。
この時期限定の日本一かもしれませんね。
さすがにスタッフ皆さんの疲労の色は隠せませんが、やはり、やることやってる場面は締まって見えます。
秋花、そして来年以降につながります。
なんかマラソンみたいですね。
持久力が勝負ですから。

そんな中で、枝変わりを発見。
ピラー仕立てで植えている‘レモン メレンゲ(Lemon Meringue)’。
シュラブですが小型のクライマーとしても使えます。

f0160407_516041.jpg

f0160407_5164273.jpg

本来は名前通りのレモン色ですが、強いサイドシュート2本は微妙にイエローが入るオレンジ花が。
これほどの枝変わりはあまり見られない。
うーん、登録はややこしいものの、‘Iwamizawa Sunset’なんて枝変わり品種としてどうかな〜なんて考えていました。

でも、‘レモン メレンゲ’はコルデスのあの黄花の‘オータム サンセット(Autumn Sunset)’の枝変わり。
そしてその‘オータム サンセット’は、やはりコルデスのオレンジ花の‘ウェスターラント(Westerland)’の枝変わり。
この花、‘ウェスターラント’と花色だけでなく花芯の感じとかそっくりなので、先々代戻りかもですね。
新葉の赤みも似てる。
アメリカの枝変わり品種は固定していないものもあるので、可能性は大。
経過観察したいものです。

良しも悪くも、毎回いろいろ発見があります。
多品種が見られるバラ園ならではでしょうね。
by geesgreen | 2013-08-21 05:19
夏爛漫
f0160407_505148.jpg

昨日は久しぶりに月形の雪の聖母園の苗畑へ。
品種によって生育にでこぼこはあるものの、ほぼ順調。
今年は辛うじて草に負けずに済みそう。
よかった。
あと二ヶ月でどこまでいけるか、期待大。

それにしても暑かった!!!
車を降りると猛烈なセミの声。
除草をしていると、ハチやらアブやらいろんな虫たちの攻撃。
背中一箇所やられました。
またたく間に汗まみれで、シャツは絞れるほどに。
まあ、夏だからしょうがないですよね。

でも、バテたものの、精神的にはいい。
やっぱり一次産業は好きだな。
コミュニケーションの世界を泳ぐのは疲れる。
畑に這いつくばってる方が断然いいもの。
by geesgreen | 2013-08-20 05:02
ターニングポイント
f0160407_604287.jpg

昨日はローズトレーニング#4。
イコロも朝から猛烈な雨、森の学校の入口が池状態になり急遽レストランで行うことに。
こんな雨の中、来るのかいなと思いましたが、8名の参加。
ありがたいことです。
お茶を飲みながら、じっくり2時間話させていただきました。
こういうスタイルも悪くはないですね。

それにしても道南中心の記録的な豪雨、被害が拡大しないことを祈るのみです。
昨夜の札幌も蒸し暑い夜でした。
熱っぽいのかと思うほどでした。
一昨日のイコロ泊まりは、夜は掛け布団が必要だったので、やっぱり随分違うもんですね。

昨日まで世の中お盆週間、今日から平常通りでしょうか。
イコロも自分も通常の動きでしたが、やはりお盆は一年のターニングポイント。
これからは来年を見据えての動きになります。
他の施設、公園なんかも同様なんでしょうね。
ずれなく、もれなく、前向きに考えられるか、ですね。

でも、こんな蒸し暑さの中、正直キツい。
そんな時は、やっぱりイコロです。
全然楽だもの。
悩み多き皆さま、とくにご同業の皆さま、是非イコロでお過ごしください。
きっとヒントが見つかりますよ。
by geesgreen | 2013-08-19 06:02
自由奔放
札幌は夜中しとしとと降ってました。
日中は蒸し暑くなるのでしょうかね。

昨日は、またまた久しぶりになってしまったイコロ。
朝から夕方までいたのは本当に久しぶりかも。

f0160407_51044100.jpg

時々雨模様だったので、管理棟での事務仕事を優先しましたが、いつのまにか夏草に覆われた管理棟。
全く手つかずの状態だとこうなるんですね。

f0160407_511179.jpg

中から見ると、もっと草の中度が高い。
こういうのも悪くないです。
虫の気持ちになれます。

自由奔放に伸び伸びと育つ、育てる、ある意味植物栽培や場面づくりには必要不可欠な要素かもしれませんね。
それを目指すわけですが、人の手が入るとそれがなかなか難しい。
どうしてもちまっとしてしまいますから。
こういうのをまじまじ見てると、インスピレーションが刺激されます。

f0160407_5121142.jpg

そんな意味では、昨日ガーデンの中を歩いていて、いちばん目を引いたのはセイヨウアカミニワトコ ‘サザーランド ゴールド’ (Sambucus racemosa 'Sutherland Gold') 。
ボーダーガーデンの奥、ベンチの横にあります。
かつて自分が輸入した株でしょうか。

雨模様の天気の中では、引き寄せられます。
そんな意図を持って使うと効果的でしょうね。
いい感じでした。
by geesgreen | 2013-08-13 05:12
4分で36億円
新しい高速のインター、新千歳空港ICが3日に開通しました。
従来の千歳ICを利用する場合と比べて、札幌からだと空港への所要時間は約4分短縮とのこと。
総事業費36億円。
もちろん時間短縮だけでなく、混雑緩和など他のメリットもあるんでしょうが、いずれにしても4分で36億円。

イコロへも札幌からはいちばん近いインターになりましたが、2、3分の短縮でしょうか。
新しもの好きですから、早速利用しています。
で、新千歳空港IC利用の新たな道順をご紹介。

f0160407_4431766.jpg

周りに一切建物が見えないインター出入口。
勇払平野然たる、らしい風景は北海道らしくていいかも。

f0160407_4434791.jpg

インターを下りてすぐの青看を、臨空工業団地方向へ右折。
空港へは直進します。

f0160407_4441671.jpg

蛇行する道を道なりに進み、臨空工業団地が見えてくる辺りでイコロへは左折。
この左折箇所が少しわかりにくいかも。
千歳ICからは逆方向からなので、桂ゴルフ倶楽部の看板が目立ち、目立たないもののイコロの看板もありますが、新千歳空港ICからはペット霊園とブルックスカントリークラブの看板が目印。

ここを左折すれば、あとは例の林道を道なりに桂ゴルフ倶楽部へ。

f0160407_445988.jpg

途中不安になりますが、イコロの看板も2箇所ほどあり。
今は林縁部にノリウツギがまだ満開、楽しめます。

途中、桂ゴルフ倶楽部方向へ一度右折、桂ゴルフ倶楽部の入口を過ぎてまだまだ道なりに進み、高速道路の上の陸橋を越えるとゴール!
左側にイコロの入口が見えます。

おわかりでしょうか?
一般にはご案内通り、苫小牧東からのルートが多いとは思います。
このルートは林道の一部が桂ゴルフ倶楽部の私有地なので、あまり声高にはご紹介できないのです。
ですが、札幌からは近いし、緑のトンネル度も苫小牧東からよりも質が高い。
イコロへはお薦めのルートです。

昨日は久しぶりにイコロへ。
朝だけで札幌にトンボ帰りしましたが、相変わらず気持ち良かった。
札幌の蒸し暑さがなく、まさに天然の冷房室にいるように感じました。

f0160407_4455587.jpg

芝生だけで溜め息でちゃいました。
ボーダーもいい感じ。
暑い夏はイコロはお薦めです、ヨ!
by geesgreen | 2013-08-08 04:46
「Desert Rose」
f0160407_4585254.jpg

f0160407_4592282.jpg

昨日は一日、いわみざわ公園。
結構夏本番でした。
昼に撮った写真ですが、さすがに誰も入ってませんね。
何故か「Desert Rose」の言葉が頭の中をよぎりました。
スティングの曲ではなく、アデニウムでもなく、ただただ言葉のイメージですが。
でも、暑いには暑いけれど、風がメチャ気持よかったですよ~

場面はまだまだこれからですが、しっかり管理されてました。
頑張ってますね、それが感じられます。
大変でしょうね、まだまだやり足りないでしょうね、それも感じられる。

f0160407_501480.jpg

なんかいつもの図ですが、昨日の自分は、駐車場の'クリムゾン ランブラー'とツクシイバラの誘引、主シュートの芯止め、未熟シュート処理、除草。
広い駐車場、照り返しがキツかったですが、これも風に助けられました。
ひとつ決めれば、気持ちいいもんです。
それの積み重ね、ですね。

いわみざわ公園、指定管理者の切り替え時期でもあり、今後は今までより一歩深く入り込むことにしました。
それで見えてくるものもあり。
やっぱりその場に這いつくばらなければ、いろいろ見えない。
昨日もいくつか新発見ありました。
岩見沢の皆さん、これからもよろしく!
by geesgreen | 2013-08-07 05:00
レストランガーデン
f0160407_5462681.jpg

イコロのレストランガーデン。
めったに使わないスイングパノラマ機能でパシャ、パシャ、パシャ…
シャッターを切りながら左右に動かすとパノラマサイズで撮れます。
後で合成するよりは楽ちんではありますが、画像が小さいとわかりにくいかも。

遠目ではまとまっているように見えますが、かなり草やらオレガノなどが入り込んで、近景はかなりキツい状態になっています。
で、いよいよこの秋全面植え替えの予定。
存在感出てる低木は残し、新たな花木類を加え、宿根草とのミックスボーダー。
この秋の一大イベントになりそう。

でも、昨日もKimさんと話しましたが、レストランは秋〜冬も営業するので、いつやるかが問題。
「でも、レストランのKさんは気づかないかも。」
「うん、きっとわかんないと思う。」
「うん、そんなヤツだよね。」
「だよね、早めにやっちまおう。」
と、勝手に話を進めてしまいました。

f0160407_5474389.jpg

レストランからの景色、どんな風に変わるか、楽しみ、楽しみ。
でも、Kさんには変わらない景色かも、そんなヤツだよな〜
by geesgreen | 2013-08-03 05:47