イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
花摘み#1
f0160407_555538.jpg

昨日は大通公園。
ボランティアの皆さんと花摘みの#1。
どこより早い花摘みでしょうね。
まだまだ咲き始めなので、品種解説を兼ねてじっくり全体を見ることができました。
遅咲き以外はほぼ咲き揃い、下谷地所長によると一週間ほど遅いとのことでしたが、自分的にはほぼ例年通りと思います。

矮性のブッシュタイプは昨年よりボリュームアップしましたが、ポールとフェンス仕立てのものは花数が少ない。
凍害の影響もあるでしょうが、古株なのでそろそろ土改が必要なんでしょうね。
耐寒性は他より強いはずの唯一のオールドローズ、HPのフラウ カール ドルシュキ(Frau Karl Druschki)がいちばん精彩を欠いてましたから。
秋に実行しましょうね。

それにしても、このバラ園のボランティアの皆さんは熱心だし、スキルも高い。
何よりも皆さんの人がらがいい。
いつも気持ちよく参加させてもらってます。
この辺の管理者の姿勢、意気込みって場面に出ますよね。
公共だけでなく個人の庭も含めて、どんな場面でも出る。
植物がよく育っているかどうかだけではなく、ちゃんと除草などの手が入れられているかでもなく、人の気持ちが出る。
愛情ですね、きっと。
それが場面に出る、それを感じるのが楽しい。

花フェスタの影響もあるのか、結構賑やかでした。
見る人、ボランティアの皆さん、皆んなが満足そう、よかった、よかった。

その花フェスタ、賑わっているようですが、今年も車で走りながら横目で見るだけになりそう。
先日も大通のそばで飲んでましたが、静かな仲通でしたっけ。
どうにも本能的に人混みは避けてしまいます。
これは変わらないようです。
by geesgreen | 2013-06-27 05:06
晴天微風のモエレ沼公園で
f0160407_562678.jpg

昨日はモエレ沼公園、レストラン前のハーブガーデンでの掘り取り。
再利用ものは、イコロで株分け後に戻します。
こんな時期にかよ〜って感じですが、諸々事情ありで致し方ない。

それにしてもいい天気。
イコロからKimさん、Jimyさんを待つ間は、極上の昼寝(朝寝?)をさせてもらいました。

一転、作業が始まると、日陰がないので久しぶりの掘り取りでヘロヘロ。
でも自分は掘り取り後現地解散でしたが、Kimさん、Jimyさんはその後イコロへ2回往復で運搬。
夜までかかったでしょうね。
ご苦労様でした。

この苗、別に特殊なものではありませんが、当時はこの手の大株はなかったので、百合が原公園での株分けものを使用しました。
そして、この度またその株を株分け。
因縁を感じます。

f0160407_571469.jpg

モエレ、やっぱりいいですね。
うーん、仕事するより芝生の上で孫と遊びたかった。
by geesgreen | 2013-06-25 05:07
ヒーリング
f0160407_4434625.jpg

この所、全道各地に濃霧注意報が出されていますが、ご多分に漏れずイコロも毎朝霧模様。
昨日もかなりの濃さでした。
らしいと言えば、らしい。

そんな霧の中、イコロへ向かう林道では満開のカンボクの白花にハッとさせられ、庭の各所でも幻想的な風景が堪能できます。
絶品です。イコロのひとつの魅力ですね。

ただ、霧が晴れて陽が射すとあちこちから虫たちが一斉に活動開始。
庭で作業をしていると一斉攻撃を受けます。
昨日も4、5回、体中にメントールが最も多い「ほくと」100%のオイルを散布しましたが、それでもやはり数カ所やられました。
相手も必死、人口密度が低いので格好の標的です。

何か毎日オイルまみれの感じ。
昨日は加えて木酢+キトサンを散布。
正露丸の香りとメントールの香りがミックス。
強力アロマテラピー、いやでも癒されますよね。
by geesgreen | 2013-06-20 04:45
ほぼ除草
札幌ではハクウンボク終わり、ニセアカシア、セイヨウバイカウツギが満開、そして、そろそろバラが咲き始めました。
いよいよ来ましたね。
やはり夏咲きものは通常通り、やっと季節に追いつきました。

f0160407_4291153.jpg

イコロでもハマナシの品種が咲き始めました。
一番乗りは昨年同様 ‘ダーツ ダッシュ(Dart's Dash)’

一昨日、昨日と、久しぶりに2日連続でローズガーデンに入り込んでいました。
まだ枝切り終わってません。
枝切りだけならばんばんと進められるのですが、周りの草も気になる。
で、枝切り1:除草9くらいのペースになるので、なかなか進まない。
幸い雨模様で来園者も少なく、はかどりました。
顔見知りの方も見えましたが、「あら工藤さん、珍しくいらしたんですね、でも邪魔したら悪いので話しかけませんよ」って。
ありがたい限りです。
その通りです。

f0160407_4294148.jpg

f0160407_430786.jpg

合間に植えたロビニア マルガレッタ ‘カスク ルージュ’(Robinia ×margaretta 'Casque Rouge')。
ニセアカシアとハナエンジュの交雑種。
いい花です。
在庫株がいい花付きだったので、ウサギにやられたヤマボウシの代わりに植えちゃいました。
ウサギ、今度はどうだろう?
by geesgreen | 2013-06-19 04:30
BBQ?
今朝書いたブログ、操作ミスですぐに消失したようなので今頃再アップ。
こんなん最近多いです。
みなさん要注意。

f0160407_11352938.jpg

昨日はKimさんと真狩へ。

天気もよく、すごく気持ちよかった。
8株の樹木の補植、空の庭のSigaさん、HKさん、助っ人のKDさん、地元助っ人のNTさんご夫婦、Kimさん、皆さんの頑張りで楽チンさせてもらいました。
腰痛がひどかったので非常に助かりました。
ありがとうございました。

新たに設置されたガーデンパラソル、居心地良く、快適でした。
一杯飲みながらBBQには最適でしょうね。
おっと、介護施設でしたね、すんません。

この心地良さは、天気のせいばかりではなく、羊蹄山だけでもなく、庭の植物でもなく、スタッフ、利用者、空の庭に関る皆さんの、人が出す空気感だと思います。
これは財産です。何ものにも代え難い。
それがベースにある庭って、本当に楽しみ。

夕方イコロへ戻ったらまたまた霧雨。
一日中しとしと天気だったよう。
別世界でした。

(個人情報保護のため、画面を一部加工しています)
by geesgreen | 2013-06-14 11:35
灌水#2
f0160407_4353736.jpg

昨日は昼から予定変更で月形の雪の聖母園の苗畑へ。
雨予報がだんだん遠のいてきたので、もう一回だけの駄目押し灌水。
いつもならもう飲む時間まで時間がかかってしまいました。
乾ききったものを放っておいて自分だけ飲むわけにはいきませんよね。

車に積んだタンクからジョウロで何回も何回も往復。
前回の反省から16リットルの大型ジョウロを持参。
水は入るが重い。
何か修業僧のような心境でした。

少し少ないと「何で俺だけ少ないのよ、差別すんなよ」なんて声が聞こえてきます。
で、700株ほどへ均等に、均等に。

あちこち大変ですね。
喜んでいるのは米農家だけでしょうか。
公園なんかも気をもんでいるでしょうね。
大通公園なんかは、雨不足の年のスプリンクラーフル稼働で数百万の出費になるようです。

世の中、本当に都合のいいようにはいかない。
人生苦行多し、でも、苦行を乗り越えてこそ新たな未来が広がる。
うん、頑張ります。
by geesgreen | 2013-06-13 04:35
道東遠征
f0160407_5205958.jpg

昨日は、とある個人庭園の改修の打合せで音更へ。
プライベートの空間、公開もしたくないとのことで、導入部だけちらり。
見上げるハルニレなどの大径木がうっそうと生い茂る3,300坪の敷地。
暑い十勝晴れの中でも心地よい緑陰でした。

庶民の日常空間とは別次元のもの。
こういう現場は楽しい。
いろんなプランが浮かびます。
既存の緑が豊かなので、きっと、どう転んでもいいものになる。
担当、Jimyさん。
楽しみ、楽しみ。
by geesgreen | 2013-06-11 05:21
サンタン
f0160407_52314100.jpg

何か毎年同じ画ですが、今年も月形の雪の聖母園の畑を借用、昨日植込み終了。
今年はバラ+花木類で、例年の1.5倍ほどの数。
来年用のネタです。
昨年はいろいろ後手に回り不本意な出来でしたが、今年は期待したい、というか頑張ります。
自分にとってはこの出来、不出来がその年のテンションを左右しますから。

それにしても昨日の月形もピーカン。
当然日光を遮るものもは何もなく、イコロに戻ると一段と焼けたと言われましたが、今朝もうなじがヒリヒリ。
完璧な土方焼けです。
今からこうならこれからどうなるんでしょうね。

畑の表土もからから。
何かアフリカの干ばつをイメージしてしまいました。
いつもは植込み後に適度の雨があり、秋の掘り取りまで無灌水なのですが、この晴天続きではさすがにキツい。
ちょうど今日はコテージガーデンでの講習なので、終了後じっくり水をやってきます。
灌水設備がないので、タンク持参でジョウロで一株ずつ。
気が遠くなりそうですが、頑張ります。
でも、また焼けるんだろうなー
皮膚がん、シミ、そばかす、しわ…うーん。
by geesgreen | 2013-06-08 05:25
レアもの花木
毎日良い天気。
そろそろ水不足が話題になりそうですね。
f0160407_4562685.jpg

この冬輸入した花木の中でいちばんの大株、オオムレスズメ ‘ウォーカー’(Caragana arborescens 'Walker')がナーサリーで満開です。
英名Weeping Pea Shrub、マメ科の花木、痩せ地、干ばつ、強風に強く、耐寒性は最強のZ2。
背丈ほどのスタンダード仕立て、テラコッタに入れていますが、庭の中のフォーカルポイントにどうでしょう。

在庫5株、3株は勝手に行き先決めて、残り2株。
こんな大株はもう入れない、今季限りのものです。
滅多なことでは枯れませんよ。
13,000円、いかがでしょう?
高くはないと思うんですが。
あと2株です(しつこいですね)。

昨日もまたまたニドムの補植。
Kimさんと行ってきました。
打合せを兼ねて、昼はちゃっかりフルコースのランチをいただいてきました。
Kimさんが甘いもの好きだとのことで、デザートはダブル。
役得です、ありがとうございました。

話の中で、ウェディングも北海道では稼ぎ時は6月から9月の4ヶ月しかないとのことでしたが、園芸業界はもっと短いかもしれませんね。
暑くなる前までですから、今年なんかは実質6、7月の2ヶ月かもしれない。
どひゃーですね。
でも、例年他より涼しいイコロは真夏もイケる、後半も長い。
それに期待しています。

そろそろあちこちモリモリしてきました。
出足の寒さでまだいらしていない方も多いようですが、そろそろのぞいてみてください。
これからイコロは本番です。
by geesgreen | 2013-06-06 04:58
最低8℃、最高18℃
昨日も良い天気。
合間合間にバラの剪定、まだやってます。
もう少しですが、なかなか終わらない。
この時期になると、どうしても株回りの除草も手を出してしまうので進みが遅くなる。
でも、作業にはちょうどよい陽気。
札幌や岩見沢のように暑くはないので、気持ちが良い。

考えてみれば、一年でも最高の季節でしょうね。
最低8℃、最高18℃くらいって、たまりません。
相変わらず話しかけるなオーラを出しまくっている工藤ですが、本人はいたって穏やかなのですよ。
これ以上は何も望まないくらいの至福の時なのですから。

Kimさん書いていたようにクロフネも満開になってますが、それも見ているとどこからか甘い香りが。
f0160407_51247.jpg

オオチョウガマズミ‘オーロラ’(Viburnum carlesii 'Aurora')でした。
すぐそばのナチュラルガーデンの樹林下で満開。
天気が良かったのでちょっとハレーション気味ですが、随分大きくなりました。
やはり年数ですね。
こういうものこそ宝ものです。
いまあるもの、これから仕込むもの、こういう宝ものをいっぱい育て上げていきたい。
こういう季節は気持ちも前向きにしてくれます。
by geesgreen | 2013-06-03 05:13