イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ちょっと引き気味
一昨日、昔からの知り合いの道北の観光農園の社長がイコロに見え、バラを植えたい云々。
いろいろ聞いて、(またまたですが)止めた方がいいんじゃないって言っちゃいました。
イコロからバラを入れたい希望があったようですが…でもなー

先日札幌であったGIHの『北海道ガーデンショー』の報告会でも、今年のガーデン街道はローズプロジェクト2013と銘打ち、バラをテーマに進めるとの話がありましたね。
f0160407_4554162.jpg

加盟する各ガーデンでバラを増やしたりバラ絡みのいろんな仕掛けをするそう。
やっぱりバラ人気は強いんでしょうかね、今も。
少しは落ち着いてきたと感じていたんですが。
まあ、いろんなバラやバラの場面が見られて楽しみではありますが…

本来北海道で主体になるバラって、一般的にイメージする絢爛豪華なものとは別もののような気がします。
カナダでの圧倒的にルゴサ系が主体で使われているような、低木のひとつとして緑の固まりとしての使い、あるいは他の灌木なんかと絡むオールドローズや原種類等々、そんな意味ではいい材料だし、北海道の景色にも合う。
でも、それってイベント性は全くない。

もし、一般の方が期待するような、花を前面に据えたイケイケの使いをするならそれなりの覚悟が必要になると思います。
ほんとうに手がかかるもの。
費用対効果に見合うものにするにはほんとうに覚悟がいります。
抜かれた管理ではとても見苦しいし、逆にない方がいい。
個人的にはもっともっと少なくした方がいいと思ってます。
あそこも、あそこも…無理だもの(ガーデン街道の各施設ではないですよ)。

それは、意味通り囲まれたガーデン、バラ園なんかで目一杯管理してこそ成り立つことと思います。
だから、まだまだ未知数ですが、新生いわみざわ公園のバラ園に期待している訳で、ある意味市の花をバラにした公共施設だからこそ辛うじて成り立つものかもしれません。

いろんな仕掛けがあるんでしょうが、一過性のものなら興味はないし、そもそも北海道のガーデン、質の高いガーデン云々を突き詰めていけばきっと静かな落ち着いた場面に成らざるを得なく、それが100万人もの集客を狙うネタには成り得ないのではないかと…

すみません、いつものことですが否定的な方向で。
昨年の『北海道ガーデンショー』、棚からぼた餅、開いた口へ団子、イコロも随分恩恵を受けたと思いますよ。
本来なら菓子折りでも持っていくべきでしょうね。
感謝しております。

集客を否定する訳ではないです。
いいガーデンがあちこちにできることも歓迎すべきことです。
でも、しっかり管理できる体制抜きには成り立たない、それを維持するのが難しい。

長くなりました。
久々に語っちゃいましたかね。
まだまだ夜明けは遅い、イコロの朝は長い。
by geesgreen | 2013-01-31 04:56
研修生募集について
f0160407_4472167.jpg

タテハチョウの仲間でしょうか、数日前から管理棟の中を飛んでます。
早過ぎないか~
昨日jimyさんは英国へ旅立ち、kimさんが戻るまでイコロは自分一人。
泊まりも多くなってるので部屋の中はチョウにとっては居心地いいのかも。

さて、一昨日からイコロのweb上で研修生募集をお知らせしています。
唐突でしょうね。
ですが、自分なりにはだいぶ前から、公園時代から考えていたことです。
植栽絡みの手法や技術を学ぶには、どんな情報や座学よりも身をもって体験してこそ理解できるし、伝えられる、
とくに公的な場面では、人材発掘や契機づけ、場面の提供も自分たちの仕事のひとつだ、と。
おこがましいですかね?
いや、職種の問題だと思います、なんせ相手が植物や景色ですから。

もちろん、今回のkimさん、jimyさんの英国研修も、踏み出す上での大きな動機づけになりました。
きっと素直な彼らですから、この度の体験や情報も惜しみなく出してくれるでしょうし(ねっ?)
彼らがいるから踏み出せました。
場面によっては工藤も(控えめに)参加します。

ですが、イコロは教育機関ではないし、もどきのこともできない、するつもりもありません。
普段通り、素でやります。
いろんな葛藤や反省も含めて、生の現場を共有するのがいちばんと思います。
ガーデン管理だけでなく、苗の輸入や繁殖、販売、個人や公共施設の設計や施工・管理、いろんなメニューが考えられる。
イコロだけでなく、関わりのある他の施設や個人の現場もフィールドにしたい。
何よりも楽しさやじわっとくる感動を共有できたらと思っています。

ご案内にもあるように、ご希望の方は先ずは連絡先をお知らせください。
説明会、面談は3月に実施する予定です。
いろんなパターンがあるでしょうね。
Max一年365日泊まり込み、そんな人いれば大歓迎ですが、いないよなー
by geesgreen | 2013-01-30 04:51
記念日
f0160407_4484821.jpg

つまらないネタですが、いつも朝方イコロに向かう途中、新川通の工事現場の新型バルーン投光機。
やっちゃいますかねーここまで。
昼間は全てペチャンコになります。
「うん、うん、わかりましたよ〜」って思わず言っちゃう。
好きですよ、このキャラ。

もうひとつどうでもいい話。
25日、結婚記念日でした。
それも30周年。
真珠婚式って言うそうですね。
35周年は珊瑚婚式、40周年はルビー婚式、45周年はサファイア婚式、で50周年が金婚式(Wikipediaより)。
イコロに泊まっていて、「今日って何かの記念日だったよなー」と寝る前に気づきました。
家内は知っていたとのこと、言ってくれればいいのにー
怒られはしませんでしたが、きっと呆れてるよなー、いや諦めてるかー

どうでもいい話でした。
すんません!
(家内にも)
by geesgreen | 2013-01-28 04:49
爆音
f0160407_5273867.jpg

イコロもやっと真冬日を抜け出しました。
朝方も-10℃程度、やはり-20℃の世界とは全然違う、楽勝ですね。
日中の日差しも強く、ハウスの中は常夏状態になったので扉や天窓を開けて換気を図りました。
外からの空気が気持ちよい。
ちょっと前まではブルーヒータから離れられなかったのに…

ポットの土も融けたのでせっせっと植え替えを進めています。
あれやこれや、今年は後手にならないようにしっかりやるべきことはやっておきたい。
いよいよ始まりです。
いろんな仕掛け、体制、予算、他との関わり…考えるべきことやるべきことは山積みですが、今は植物管理を、雪が融けたらガーデン管理を最優先にします。
根本ですから。
これが抜けたらやる意味ない、これがこの冬の悶々、うつうつの結論です。
ぐるぐる回って最初に戻る、いつもそう(苦笑)

f0160407_5281396.jpg

それにしても昨日も自衛隊のジェット機の爆音がすごかった。
夕方3時半から4時頃に次々とイコロの上を低空で帰還します。
樹林の間からそれを見上げて、何故かイスラム過激派が政府軍のジェットを見上げる心境になりました。
思わず身を隠したくなりました。
安倍さんになってから飛行回数が増えたような気がする…石破さんかなー
by geesgreen | 2013-01-24 05:29
来年のネタ
f0160407_527421.jpg

相変わらず晴れてしばれますね。
年前の湿雪からこな雪に変わりました。
これが本来ですよね。

ハウスの中のバラの植え替えをしたいのですが、パンパンに凍ってやれないのでしばらく待機。
輸入ものが来る前に少しでも進めておきたいのですが…
で、やれることはやっておこうと去年の挿し苗のポット上げ。
温い管理棟に移動してやってます。

昨年はあのロング猛暑で散々でしたが、今やってるのは9月9日に挿した分。
それでも暑くてだいぶ落ちましたけどね。
本州では梅雨前には発根させて何とか暑さをしのいで夏越しさせてますが、北海道では春が遅いので無理だし、すぐに夏だし、結局は秋挿しに落ち着くんでしょうが、すぐに冬だし、ですよね。
もう少し室温が確保できる方策を考えてもいいんでしょうが…
でも油は高いし、電気も高いし…ですよね。

f0160407_5292863.jpg

f0160407_5303681.jpg

これらは今年地植えでバンバン伸ばして来年デビューになります。
今年はしっかりやりますよ!
品種も結構いいのがある。
写真の苗はたまたまですがランブラーの‘クリムゾン シャワー (Crimson Shower)’
まあ珍しくもなく、欠点もありますが、定番です。
オーソドックスもの、好きです。

f0160407_5422629.jpg

こんな花をイメージして苗をじっくりいじっていられるのも今だけでしょうね。
もうすぐ怒濤の輸入ものが入ってきますから。

考えてみれば、バラに限らず今年の場面は、少なくても去年以前に仕込んだ場面であり、逆に今年植えたり作ったりする苗は来年以降に少しずつモノになっていく訳で、当たり前ですが継続こそ力なりですね。
ぶつ切れにならないように人は見守り、手を尽す。
ずーっと続いていく。
でも、続けるのが大変…ですよね。
by geesgreen | 2013-01-18 05:34
どんど焼き
f0160407_5422277.jpg

昨日は小正月の14日、北海道神宮へどんど焼きに行って来ました。
平日だというのに結構な賑わいでした。
いつもは14日前の何かのついでに置いて来るだけなのですが、今年はしっかりお焚き上げの場まで持参、お賽銭を入れ祈願してきましたよ。
何たってイコロのお札+しめ飾りがありますからね。

直径10mほどの焚き火、寒い中でも十分に暖を取れます。
ハウスの熱源に利用できないかなーとついつい思ってしまいました。

火にあたると若返るとか、それは必要ありませんが…
神のご加護を!
by geesgreen | 2013-01-15 04:46
長い冬
f0160407_5253372.jpg

イコロも札幌と同様、元旦から除雪もなく少し楽チンしてますが相変わらず寒さは続いています。
ハウスのポットは朝からのブルーヒーターでも全く融けなくなったので、植え替えは一時中止しました。
岩見沢や月形方面の皆さんは雪でも大変のようですね。

彼の国ではスノードロップやらジンチョウゲ、スイセン、プルモナリアなんてことですが、まだ1月ですよね。
とは言っても、あと3ヶ月後には北海道もそんなシーズンになるわけで、どこでも春は一回しか来ない、それが早いか遅いかと考えれば別にどうってことはないかと…
でも問題なのはシーズンの長さですよね。
彼の国はこれからずーっと最後のウィンターガーデンまで丸々一年のロングシーズンなわけですよね、それが我が北海道は6ヶ月、ほぼ半分。
これが営業的には全くの不利なわけで、そこがキツい、のです。
当たり前ですが。

暑過ぎない夏、雪の恵みなんて言ってみても、余るほど冬に準備できるのがいいなんて苦し紛れにほざいてみても、圧倒的に不利を承知でガーデン経営をやってるわけです。
当たり前ですが。

で、どうするか、そんなことを年末からずーっと考えてる。
一年分を半年で稼ぐなんてことができれば理想ですが、そんなうまい話はない。
大げさですが、ある意味、違う価値観、やり方でやらなければやり切れないと思ってます。

ちょっとネガティブになっちゃいましたね。

どこかでメモった一節、

Theres one good thing about snow,
it makes your lawn look as nice as your neighbors.

雪についてイイことが一つある。
自宅の芝生が隣の芝生みたいにキレイに見えることだ。

うん、少なくても雪に覆われている間は、だれでも自由に庭への夢を思い描けるわけです。
どこもここも全てが雪に覆われリセットされる、実にフェアーです。
そう思うと、この雪の6ヶ月間はとても貴重に思えて、きません?
by geesgreen | 2013-01-13 05:28
吠える
毎日寒いですね〜
昨日は札幌でしたが、一昨日はイコロ泊まりで、夜明け後に外に出てみたら-25℃でした。
札幌も元旦からずーっと真冬日、28年ぶりとのことですね。
元旦からずーっと冷凍庫の中にいるようなもんです。

f0160407_4122343.jpg

イコロもこのところ日中はよく晴れてる。
風もない。
放射冷却の条件ばっちり、冷えるはずだわなー
ダッチハウスの室温も最低-2℃程度に抑えているものの、それでも外気+20℃、明け方の暖房機は結構本格的に頑張ってます…(汗)
ふーっ(灯油また値上がりですね)

f0160407_4125992.jpg

今はバラの自家生産苗のリポッティングをしています、鼻水垂らしながら。
秋に7号に植え込んだものを4寸に3段落とし。
堀上ものの半数ほどでしょうか。
作り直し、もう一年地植えで作り直します。
こんなの初めて、詳しくは言いませんが(言いたくもありませんが)、原因は明白、管理のミスです。
去年はイコロに移ったこともあり、全てが後手に回りました。
ダメですね全く、何やってるんでしょうね。

ブルーヒーターでパンパンに凍った鉢土を融かしてから、地上部バッサリ、根もバッサリ、小苗に変身させます。
苦渋の選択でした。
でも、新苗に毛の生えたようなものを売るわけにもいかないし、使うわけにもいかないし…ったくー

これが終わったら、去年からの持ち越し株の植え替えに入ります。
しっかり根洗いして蘇らせるぞ!と、こちらは精神的には少しは前向きに考えられます。
でも今もそうですが、先ずは汲み置きの水の氷を融かしてから…
うーん

イングランド、生暖かいんでしょうね。
頑張っているようですね、Kimさん。
寒いイコロで吠えてますよー
owooooo!!!
f0160407_4135129.jpg


by geesgreen | 2013-01-11 04:15
太平洋晴れ
正月明け、昨日は家内の運転手役で、苫小牧のハローワークや社会保険事務所などに各種の手続きに。
いやー、冷えてました。
ピーカンなんだけど、どこもカチカチのスケートリンク状態、苫小牧らしい。

イコロの所在地は苫小牧なんですが、自分はあまり馴染みがなく、街なかもよく知りません。
何だかだだっ広くて、とくに夏の曇天、いつも海風が強く、寒々しい印象があります。
苫小牧の市の木はナナカマドらしいですが、街路樹も少なく、よけいにそう感じてしまうのかも。

f0160407_4544267.jpg

ですが、ハローワークのある港湾合同庁舎前の通りはモンタナマツが見事に育っていました。
かなりの存在感、それはそれで、らしい。
グイマツやチョウセンゴヨウ、ギンドロなんかも見られ、その線ですねきっと、苫小牧は。
寒々しさ、だだっ広さの強調、でしょうか。

苫小牧に行く前にウトナイの道の駅に寄りましたが、何とレストランが12月30日を最後に営業を止めたとの張り紙があり、びっくり。
売店の人に尋ねたところ、経営的に難しかったとのこと。
植苗黒毛和牛が売り、ステーキ丼が絶品、結構人気を集めていたと思っていたのですが、わからないもんですね。

そう言えば、「すし善」もマルヤマクラスの蕾亭なんかも含めて年末から全店営業を中止してますね。
複数の従業員がノロウイルスに感染しての措置のようですが、予約を受けていた400軒分のおせちも全てキャンセルしたとのこと。
(高級おせちを当てにしていた人はどうしたんでしょう?)
まあ大御所すし善ですから乗り切るんでしょうが、小さいところなんかは吹っ飛んじゃいますよね。

食べ物屋さんも大変だなー
うっ、人のこと心配してられないかー
by geesgreen | 2013-01-05 04:57