イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
人それぞれの大晦日
皆さん大晦日はどうお過ごしでしょう?
当たり前ですが、人それぞれ、百人百様の大晦日があるんでしょうね。

未曾有の災害を経験し、僕らはどう変わったのか?ルールはどう変わったのか?
善意、悪意、興奮、興味、同調、同情…どのような感情であれ、人間の感情というのはそれほど長く維持することはできません。
忘れるというのは決してネガティブな意味合いだけではありません。
人間はそれほど多くのことを考えることはできませんし、たくさんの悲しい出来事や記憶で頭を一杯にしてしまうと、心がダメになってしまいます。
結局は人それぞれ、百人百様の日常に戻る。
それも自然の摂理と言えるかもしれません。

ただ、これを契機に誰もが改めて「まともな生き方」を模索したと思います。
それは今も続いている。
それが救いです、それに期待しています。

すみません、今年最終日ということで何か妙にセンチな内容になってしまいましたね。
今年最後のブログが「テラコッタガール」ではあんまりなもんで…
(おっとまたまたでした、すみません)

これからイコロへ向かいます。
I wish you a Happy New Year !
by geesgreen | 2011-12-31 05:17
雪のテラコッタガール
昨日でほぼ引越しものの片付けが終了。
何回Gee's⇄ikorを往復したことか。
少し落ち着いて、やっとこれからは植物にかかれます。
でも、今年は自宅の大掃除やらはできないな…
まあ、しょうがないですね。
あと3ヶ月、一日も無駄にはできないですから。
どれだけ仕込み、準備ができるかにかかります。
f0160407_58332.jpg

昨日の帰り際に撮ったグリーンセンター前のテラコッタガール(だったっけ?)。

あの「世界一の庭師」石原和幸氏の作品。
これはイコロの大家会社の所有物なので、手を出せないんだろうなー
(好き嫌いは別にしても、ちょっとテイストが合わないと思うんですが)
(こんなことは言ってはいけないかも…ですので、カッコ書きにしています)
(苔もの、他の草も覆うことで趣きが出るキャラではないような…)
(「ラピュタ」の苔むしたロボットの方がいいよなー)

自分はこの手の具象ものがどうにもです。
自分の家なら好きなようにと思いますが、不特定多数が利用する場面では難しい。
好き嫌いが出ますから。

だいぶ雪が乗って、もう少しで雪だるまになりそう。
(そうか!雪かけちゃおうかな)
(おっと怒られますね、オフレコ、ここだけの話にしてください)
(全然オフレコになってないですね)
す、好きですよ、テラコッタガール。
by geesgreen | 2011-12-30 05:08
高級リゾート地
f0160407_4572318.jpg

f0160407_4575678.jpg

相変わらずベタな写真ですが、昨日の夜明け頃イコロへ向かう途中の2枚。
まだまだ日常になっていない身としては、やはり何処も彼処も感動的です。
これは時間が経っても変わらないかなー
季節によって、その日その日によって、時間によって、それぞれ違う魅力のある場所です。
冬は別にしても、やはり頻繁に来るべきですね、イコロへは。
(営業でした、すんません。)

一昨日はこの辺りにしては珍しいほどの積雪、当然高速も止まり、行くまでに何と4時間半もかかりました。
やっぱりそろそろ合宿しなくちゃダメですね。

昨日は昼からこの辺りのボス、丹治林業の社長さんへの挨拶へ行ってきました。
新聞報道にもありましたが、イコロにも近い丹治林業所有地に、世界中で高級リゾート地を展開するアマングループのホテルやコンドミニアムなどの施設が建設されます。
あの安藤忠雄がプロデュース、高野さん(高野ランドスケープ)がランドスケープデザイン、それに絡む話もいろいろ伺いました。
2013年には営業開始とのこと、うっ、もうすぐじゃん!
世界の富裕層が対象、プライベートジェットで千歳空港へ、高速道の出入口が新設される等々、何かケタ外れ、運営に四苦八苦するイコロを思うと別世界の感があります。

まあ富裕層でも庶民でも、イコロの運営や庭への姿勢は変えようないですがね。
魅力的な庭を地道に作る、それのみです。
おこぼれないだろうな、埋没するかな、全く違う世界だもの。
ま、考えようによっちゃ、何も影響なし、ということかな。
by geesgreen | 2011-12-28 04:58
埃や垢を落とす
f0160407_5243219.jpg

昨日は予報に反して穏やかでしたね。
イコロも晴天でした。
岩見沢はどうだったんでしょう?
岩見沢ばかりが気にかかります。
f0160407_525533.jpg

イコロの管理棟。
メインの温室だけでなく、管理棟も少しずつモノ整理、片付けが進んでいます。
f0160407_52613.jpg

右側の旧事務所は、薪ストーブが使えるので温度が必要な観葉植物などを並べています。
ダッチ温室は低温室にしているので、これらはとても保ちません。
同時にこれまで溜まりに溜まった埃も掃除。
すっかり様変わりしました。
これまでの埃や垢を落とす、全てに言えます。

自分は反対の棟に寝泊まりする予定。
昨日も業者の人が「羨ましい」と言っていましたが、とんでもない。
庭をしっかり管理して、温室などの施設を維持し、収支をやりくりできるという人がいるなら、いつでも引き渡します。
その時は人や植物を引き上げます。
自分にとっての財産は人や植物です。
根を生やすつもりはない。

最低限寝泊まりに必要なモノだけでいきます。
仕事で寝泊まりする訳ですから。
でも、スコッチだけは持参しますがね。
by geesgreen | 2011-12-25 05:26
新型信号機
世の中三連休でしょうが、自分はとてもとても。
羨ましくはないですが、時間が足りない。
あれこれしながら、時間があればイコロへ行ってます。
一日2往復なんてことも。
今月のETCの請求はべらぼうだろうなー
致し方ないですね。
「タイムイズマネー」、いや「マネーイズタイム」か?お金で時間を買っている訳ですから。
f0160407_4323270.jpg

そんな中、昨日の早朝、円山の交差点で目に留まった信号機。
ケンタッキーの前、円山公園の入口の交差点です。
これ新型ですよね。
あちこちLEDのものは増えていますが、前に30度くらい傾いたこれは初めて見ました。
前傾しているから従来の帽子のつばみたいなものは必要なく、とてもすっきりしていて見やすい。
傾きの角度が絶妙なんでしょうね。
反射光対策かもしれませんが、積雪地にはいいでしょうね。
岩見沢なんかでどうでしょう?

今日は休眠挿しの穂木を取りに、その後またイコロへ。
体は目いっぱいですが、頑張ります。
メリークリスマス!
by geesgreen | 2011-12-24 04:32
ダッチライト型温室
昨日も札幌JCTから岩見沢まで高速がストップしていました。
一昨日もそう。
その前日は江別東から岩見沢までがストップ。
その日は大学の今季最後の授業、江別東から12号線に下り、まあゆっくり行けばいいと思っていましたが幌向からは全くのホワイトアウト。
何台も道路脇に突っ込んでいました。
授業断念、岩見沢にタッチして辛くも札幌まで戻ってきました。

この3日とも、札幌は晴れていたんですが…
本当に岩見沢の方は毎日大変でしょうね。
ご苦労様です。

所変わり、昨日のイコロはまたも晴天。
夜明けを待って温室の作業をしてきました。
f0160407_5124687.jpg

イコロの夜明けのダッチライト温室。
とても岩見沢や、札幌でさえ保ちませんが、少雪地だからこその連棟型温室です。
できた当初から一部を借りていましたが、この度の成り行きから今は全棟を使っています。
1,920㎡、約580坪、広いです。
今はバラや宿根草などを入れていますが、それらを仕立てたり、株分けしたりして春からの販売用に仕込みます。
賃料や燃料費が大きいので、目一杯活用しなければと思っています。

ですが、イコロは寒い。
昨日の朝も、車の温度計では−18℃。
モノがモノだけにできるだけ室温は下げているのですが、それでも温室内で作業している間、何度も暖房機が稼働。
うーん、何か札束が燃えているような…
灯油タンクのゲージがすごく気になる…
by geesgreen | 2011-12-19 05:13
歩くパンダ
昨日も岩見沢で打合せ。
札幌は晴れていたんですが、行く途中やはり江別を過ぎてから岩見沢で吹雪ました。
相変わらずですね。

リニューアルに向けて、いわみざわ公園もやること山積み。
何処も彼処もですね。
ふーっ。

いつも通り色彩館の中の会議室での打合せでしたが、やはり温室があると心休まります。
豪雪地岩見沢でこそ、本来は冬も緑が楽しめる温室、室内公園は価値があるはずです。
f0160407_5392540.jpg

そんな温室の中の「歩くパンダ」。
100円で4足歩行で動きます。
隣の遊園地からのお下がりとのことですが、かつてはライオンもいたそうです。
乗ってみたいのですが、さすがにちょっとその勇気がありません。

こういうのいいです、好きだなー
今流行のあちこちのゆるキャラより全然いい。
抜群の意外性です。
先日カナダのお客さんを連れて行った時、「これはすごい」と写真ぱちぱち取ってましたっけ。

でも、目は取られ、鼻もほつれて中の綿が出ています。
頑張れパンダ!
by geesgreen | 2011-12-16 05:40
3R
一昨日は岩見沢、そして昨日は月形、どちらもやはり本格的な積雪。
新聞の一面を飾るのも頷けます。
f0160407_5255559.jpg

いわみざわ公園のバラ園。
バラの囲いの6尺の根曲がりの先端部分だけが辛うじて見えます。
すっぽり雪の中。
早々とこの状態なら安心、バラにとってはまさに雪の恵みです。
やはりこのバラ園の特徴は「雪」ですね。
おそらく世界でも唯一無二のものでしょうから。

ただ、豪雪で悲鳴を上げている人も多い中、安易に「雪の恵み」なんて言っては怒られますね。
住んでる方には死活問題、憂慮すべき状況でしょうから。

月形も同様。
昨日は「雪の聖母園」の入所者の皆が、人海戦術でハウス周りの除雪をしてくれてました。
トラックを入れる前に作業小屋で打合せをしていると、あるものが目に留まりました。
f0160407_5264210.jpg

何だと思います?
新聞紙の薪です。
煉瓦大にしっかり固まっています。
手前にあるのがそれを整形する機械。
濡らした新聞紙を容器に詰め、ハンドルでぎゅーっと圧縮して余分な水分を出し、水分が出なくなったら押し型を取り出します。
その後十分乾燥させて完成。
新聞紙20枚で一個の塊ができ、薪同様の火力、火保ちとのこと。
まさにreduce、reuse、recycle、すばらしい!
考えた人、頭いいなー

イコロも事務所など、経費節減のため今後薪ストーブを補助的に使います。
薪の在庫もなく、作る手間もないので、昨日は聖母園で作っている規格外の薪をいただいてきました。
もちろんこの新聞紙の薪も。
ありがとうございました。
使ってみるのが楽しみです。
by geesgreen | 2011-12-15 05:27
引越#1
昨日はGee'sからイコロへの引越#1。
レンタカーの2tロングアルミバン+2台で2往復。
まだまだあり、あと2回予定していますが、終わるかなー
店ひとつ移動するっていうのは、やはり大変なもんですね。
他の予定の合間を縫ってやるので、年末まで続きます。
f0160407_513161.jpg

何の写真でしょう?
雪に埋まる月形のハウスです。
引越終了後、灯油の残量が心配だったので急遽ポリタンクを積んで走りました。
案の定、当別辺りからホワイトアウト状態。
夜10時前に無事家に戻りましたが、生きた心地がしなかった。

今日は雪の聖母園の職員の方がハウス周りの除雪をしてくれるでしょうが、やはり雪の量が違いますね。
このハウス中の植物も、近々イコロへ移動します。
生産の畑は来年も継続しますが、ハウスは今年は一旦止めます。
もちろんハウスをつぶさないために冬期間は最低限の暖房は稼働しますが、この冬道、とても2ヶ所の管理はできません。
命が縮まります。
くわばら、くわばら。
by geesgreen | 2011-12-12 05:09
冬囲い無し
今日は世の中ボーナスサンデーでしょうか?
羨ましい…
かつては自分も日頃不平不満があっても、夏と冬のボーナスの支給日だけは心ウキウキ、ニコニコでしたっけ。
「続けていて良かった…」と。
現金なもんですね。
世の中やはりお金は重要ですよね。
つくづくそう思うこの頃です。

昨日は早朝から、支柱用の枝を収穫に「イコロの森」の森に入ってました。
いつもより多いもののちょうど10cmほどの積雪ですから、まだまだ入れます。
(それでも少し腰にきましたが)
f0160407_5464523.jpg

ローズガーデン。
今年は一切冬囲いはしません。
これまでムシロ+ビニール+ムシロやら、Minnesota Tip Methodやら悪戦苦闘しましたが、今年は一切しません。
放棄している訳ではありません。
ミネソタ手法は確かに効果的なのですが、カナダと違って使えるチップの量には限界があり、その労力たるや膨大なものです。
少雪地ですから雪に対する防御は不要、林の中のガーデン、しかもニオイヒバの垣根に守られているので、ほとんど寒風害も受けません。
あとは寒さに対する枝の耐性だけです。
それだけで勝負しようと。
枝の耐凍性を見極めるにはいい場面とも言えます(ちょっと苦しいかな)。

来春植え替えるものも多く出ると思います。
でもいい、それは頑張ります。
そうやって淘汰することが、安定的な場面、管理に繋がると思う。

それにしても、枝に霜がしっかり付いて寒そう。
「イコロの森」って本当にバラには厳しい。
雪の恵みがなくやたらと冷える十勝の内陸並み。
しかも冬は晴天日が多く(昨日も)場合によっては雪が融け、それが夜間にビンと凍る。
生育期の春からは気温が上がらず、曇天日が続く。
いいことは、夏が涼しいことだけでしょうか。
そんな所で何でバラなんでしょうかね?
今さらですね。
すんません。
頑張ります。
by geesgreen | 2011-12-11 05:50