イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
アジサイ屋
公共の公園はどこも苦戦していますね。
当事者はどこも目一杯かもしれませんが、場面が追い付いてない。
諸々、諸々…要因は山ほどそれぞれあるんでしょうが、仮にも花や緑、園芸を旗印に挙げるなら、それが抜けては存在意義がない。
まあ、旗の色が変わったのなら別ですが…
やりようはあると思う。
目的、効果、収支、管理規模、その辺をじっくり考えて作戦を練ればいい。
作戦変更、大いに結構と思います。
何が市民の、将来の財産となるのか、じっくり考えるべきと思います。
民間では担えない形があるはずです。
けなしている訳ではない、頑張ってほしい!素直にそう思う。

一昨日は豊平公園、昨日は百合が原公園で講習してきました。
(前段の話とは関係ありません…関係ないはずないか?すみません!)
どちらも他と違って、バラの講習にしては男性が多い。
何故か妙に力が入ります。
他の講習会は圧倒的に女性が多いのですが、どうしてなんでしょうね?

話変わり、
今、Gee'sのヤマアジサイが咲いて来てます。
f0160407_4281582.jpg

2年越の栽培で大株に育ったものです。
これ一回やりたかった。
でも、継続性はないです。
今年売りきりで、来年はもうやらないなーきっと。
でも、一回はやりたかった。
f0160407_429671.jpg

行動範囲狭いですが、近くの円山近くのお宅。
北西側の駐車スペース横の植込みです。
アジサイで決まってますね。
下草との絡みもいい。
左のヤマアジ2株は、株元を覗くと(職業がらどうしても覗きたくなります、すみません)結構な古株。
枝抜きをしっかりして固まりをコントロールしています。
右のカシワバアジサイは、まだ若い株ですがヤマアジサイとの対比がいいですね。
単独の使いは正解だと思います。

こんなの見るとアジサイ専門屋やりたくなります。
でも、食っていけないな。
Gee'sのアジサイコレクション、今年限りです(しつこいですね)。
by geesgreen | 2011-07-11 04:29
一服の清涼感
f0160407_3563011.jpg

昨日移動中に見た八重花のウツギ、シロバナヤエウツギ(Deutzia crenata f. candidissima)。
見事な大株、道路から一段高い植床からしだれるように咲いていました。

昔、百合が原公園の売店が直営だった頃、薄ピンクが入るサラサウツギ(Deutzia crenata f. plena) とともに、市内の個人生産者が作っていたものを全部買い取り、せっせと売っていました。
そのわりにはあんまり見かけない。
そんな株の一株でしょうか?

これだけの花付きなら、同じ一季咲きのランブラーに匹敵しますね。
この時期何せバラでお腹一杯、このお宅のそばでも満開のランブラーが咲き誇っていましたが、ちょっと蒸し暑さを感じる中では、毎日見ているバラよりも何か清々しい感じを受けました。
by geesgreen | 2011-07-09 03:58
バラでお腹一杯!
昨日は終日、コテージガーデンのバラ講座ツアーでバラの庭を巡るバスツアー。
一昨日は北見へ日帰りだったので目を開けていられるか心配だったのですが、なんのなんの、結構刺激的で目を見開いちゃいました。

小樽と札幌南区の個人宅6件。
どのお宅もバラづくしでまさにバラの館。
以前のバラ好きの方のお庭は、お祭りぽい場面が多くちょっと引きましたが、今回はそれぞれある意味完成型でした。
どのお宅もほぼ色使いが意識され、そのお宅の見せ物たる年季の入った大株が目を奪います。
品種選択と技術、数年前とは隔世の感がありますね。
皆さんの努力に敬服します。
そして、どの方も純粋にバラとの生活を楽しいんでいる、それが何より素晴らしい。

複数のお宅で気になったものがいくつかありました。
その中の一つ。
f0160407_56376.jpg

‘春がすみ’という品種。
2件のお宅で大株でたわわに咲いていました。
花付き良く、花保ちがよさそうで、退色した花色とのグラデーションが美しい。
今色々調べていましたが、確実園の寺西さんが2004年に作出した品種なんですね。
別名‘ピンク サマー スノー’とも言われているようですが、本来の‘ピンク サマー スノー’はオーストラリアのHannemannが1987年に作出した別もの。
いずれもあの銘花‘Summer Snow’の枝変わりですが、‘春がすみ’は正確には‘Spring Pal’の名で登録されているようです。
「春の友だち」ですね、‘春がすみ’なんてくさいネーミングより本来の‘Spring Pal’の方がいいですね。
いー品種です。
自分は、諸々の理由から日本の品種は全くと言うほど扱っていませんが、時々目を見張るものに遭遇します。
さすが寺西さん、安定感のある品種を作りますね。

いいもの見せていただきました。
楽しかった!
バラでお腹一杯になりましたが、今日は大通公園でのボランティアの皆さんと、そしてその後は岩見沢公園へ。
お腹壊しそうだな。
by geesgreen | 2011-07-06 05:07
KOHALA
昨日も暑かったですね。
でも、いー感じの暑さでした。
本州の蒸し暑さとは別ものですね(しつこいですね)。
昨日は某コンサルの依頼で、バラの庭にするレストラン(かな?)の現場を見てきました。
f0160407_4222459.jpg

海が見えるロケーションは最高です。
最近海を見ていなかったので、とくにこの時期はやっぱりいい。
海風が心地よかった。
夏→海風→ハワイですよね、やっぱり。
f0160407_423173.jpg

昨日Gee'sに持って行った一枚。
KOHALA、ハワイのアコギ3人組みのインストです。
スチールギターやウクレレといった、いかにもの楽器を使わず全曲アコギだけです。
いかにものハワイのフラっぽいのはひきますが、昔のCecilio & Kapono大好きな自分としては、こういうノッペリなのはいい。
夏は甘々ものがハマります。
バラよりBGM選曲したくなりました。
by geesgreen | 2011-07-04 04:23
フクシア
昨日は深川にいました。
午後からの大学の授業前に、植栽をしている聖マーガレット教会の様子を見たり、深川の山草屋で物色したり。
暑かったー
やっぱり札幌とは違いますね。
内陸の旭川ぽいボワーンとした暑さでした。

授業では、持参したフクシア マジェラニカ ‘アルバ’(Fuchsia magellanica ‘Alba’)の苗の鉢ゆるめ実習。
それに関わる講義では、Dr.Fuchsやらマゼラン海峡やら、何でイギリスで多いのかやら、北海道でどうやら、やらやら…マニアックな授業ですね。

イギリスのフクシアの場面の写真を持って行こうと思ったのですが、バタバタしていて忘れてしまいました。
昔見た、エジンバラ植物園の分園でもあるローガン植物園のフクシアのコレクションには感動しましたが、アイルランドではどこもかしこもフクシアでもっと驚きました。
(学生は見てくれてないでしょうが)その2枚。
f0160407_4134720.jpg

f0160407_4142220.jpg

‘オーレア’と ‘トリカラー’です。
どの庭でも日本のツツジみたいに普通に植えられてます。
地元の人でも、アイルランドのネイティブプランツと思ってる人がいるそうです。
遥か南米から来たものなのにーですね。

北海道でもイケますね。
とくに何故か ‘オーレア’は歩留りがいい。
拓大のモデルガーデンでもしっかり越冬して、大分伸びてきました。
学生諸君、しっかりその株見るんだよ!

PS. Gee'sで上記3品種+グラキリス(F. magellanica var. gracilis)、極小輪のレア品種‘ロッティー ホビー(Lottie Hobby)’販売中。
店の裏スペースに並んでます。
結構数ありますが、出足早いみたいです。
お早めに。
by geesgreen | 2011-07-02 04:14
オトコ香る
f0160407_4183360.jpg

昨日は予報と異なり、一日どんよりでしたね。
暑いよりは過ごしやすい、動きやすい。
まあ、35度以上の猛暑日プラス雨模様の本州に比べると天国ですね。

言っちゃいますが、エアコンないと暮らせないほどの所に山ほど人が集まり、おまけにそれに火に油を注ぐように都市熱で助長しているようなことって、どうにも不自然、と言うか生物の自殺的行為にさえ感じます。
原発然り。
恐竜のように「ヒト」という種も絶滅の…
すみません、とんでもない方向に話がいってしまいました。

やっぱり北海道の6月と7月は最高と思います。
世界でも最高水準でしょうね。
今日から7月、この一ヶ月、十分にその心地好さを享受したいものです。

でも、南国の人から言わせれば、山ほど雪が降り、凍える寒さの中で生活する北国の冬こそ自殺行為に思えるのかもしれませんね。
プラスマイナスゼロかな。
いや、ちょっとこっちの方がいいな、やっぱり。

タイトル、写真?
今ハマってるガムです。
結構バラの香りしますよ。
That's all
by geesgreen | 2011-07-01 04:19