イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ウサギの剪定
雨ですね。
昨日イコロで補植してきたので、いい雨です。

まだ雪が少し残っていた時に見た状態では、とくに繰り返し咲きのものは株元までいっていると思っていたので、かなり入れ替えないとダメかなーと覚悟して行きました。
でも、そんなものでも辛うじて雪中15㎝ほどは助かっていました。
ものにもよりますが、新たに苗を植えるよりは、それを活かした方がいいものも多い。
そんなことを繰り返しているうちに、盛り返すものも多くありますから。

一昨年まで過保護なまでのチップ囲いをして枝を生かしましたが、なにせ莫大な量が必要になり、毎年は続けられないと、去年はかなり省きました。
やはりそれなりでした。
でも、しゃあないな。
そうやって淘汰選択していくしかない。

雪の恵み、それに勝るものはない。
イコロも少ないながらも除雪するほど積雪はある訳だから、面倒でもヤバいものに雪をかけるのがいちばんかな。
印を付けておいて、毎回そこにローダーで雪をかける。
それがいちばん安全で省資源かもしれない。
でも、毎回ローズガーデンまでローダーで入っていくのが難しいですかね。
ローダー除雪達人のダンに相談してみます。

凍害は別にして、今年のイコロはウサギの食害が目立ちます。
とくにバラはひどい。
多くのものがやられてます。
枝の途中は一目瞭然なんですが、枝先も。
あまりにきれいに切り口なので、職員に誰か枝先を切ったのかと尋ねたほどです。
f0160407_526366.jpg

株元に残った糞と切った枝先の証拠写真。
切り口はまるで鋏で切ったよう。
それも結構本格的な斜め切りが多い。
f0160407_527643.jpg

ウサギ剪定のポリアンサの‘ラブリー フェアリー’。
あまり深切りでもなく、几帳面に全ての枝先を切ってます。
うん、まあまあですね。
ポリアンサらしいそれなりの樹形です。
きっと積雪面から出ている枝だけ食べたんでしょうね。
前歯でスパッと。

イコロのローズガーデン、いろいろとほんとに手ごわい。
by geesgreen | 2011-04-28 05:29
カイ
一昨日から昨日は、春恒例の「はぼろバラ園」の指導に。
バラ園のバラはやっと少し安定してきて、枯れ株はゼロ。
f0160407_4271073.jpg

シュラブは枝先まで枯れがなく、やっと剪定が楽しみな状態になりました。
本当は剪定付き合いたいのですが、作業員の方々におまかせ。
あまり切り詰めないでくれればいいのですがー
f0160407_4303771.jpg

これはHTかな?Grかな?
いずれにしてもちょっと耐寒性が弱いものは、写真のように雪から出た所だけしっかり凍害を受けていました。
今年の羽幌は雪が多く、70㎝ほどの積雪ラインが一目瞭然。
わかりやすいなー
こういうの大好きですよ。
当たり前って言えば当たり前ですが、世の中そうでもない。
あそこも、あそこも…地際まで真っ黒凍害なんてよくありますから。
そこそこで要因が違うので一概には判断できませんが、そのマイナス要因を一つずつ消していくしかないですね。

まだ全然安心できないですが、羽幌も相当時間かかりました。
f0160407_4314554.jpg

「はぼろバラ園」と言えば、出たばかりの「カイ」の表紙が「はぼろバラ園」の写真。
マイナーな雑誌なので、知らない方も多いでしょうね。
年4回出ている季刊誌ですが、今号は庭特集で後半はバラ園特集。
ちょっと硬派でいい感じです。
花新聞前編集長の伊藤さんも書いていて、事前に何回か打合せしました。
ライターが植物家や庭家ではないので、視点が違って、突っ込みも甘くて逆にいいかも(あっ、伊藤さんごめんなさい!)。
f0160407_4331790.jpg

表紙と同じ場面です。
ここもほぼ枝枯れはないので、今年も期待できそう。
でも、山上に見える白いギリシア風の何じゃらや、黄色いベンチやらステンのつるバラフェンスやらは自分の趣味ではありません。
この場を借りて言っときます。
単管に青い防風ネットも然り。
造成間際に某コンサルの趣味で出来ちゃったものです。
ったくー、何とかしたい。
改修を役場に働きかけてます。
当たり前ですが、その辺で随分感じ変わりますよね。

今日はこれから、イコロの真っ黒ものをどうにかしに行きます。
交換用のバラ、車に積み込みました。
まだ腰痛い。
うーん、天気も曇天、自戒を込めての気が重い作業になりそうだな。
by geesgreen | 2011-04-27 04:36
稲わらマルチその後
昨日は拓大の授業。
後半の実習では宿根草モデルガーデンのバラの枯枝切りやら、中耕やら、施肥やら。
f0160407_4323492.jpg

f0160407_4331854.jpg

稲わらマルチ、いい感じでこなれてました。
一昨年のはナイロンの紐で束ねていたので取り去りましたが、今回は藁紐で結束してあったのでそのままマルチングとして残しました。
景観的にどうかな?とも思ったのですが、雪の荷重で地なりにこなれているので、苦しくはないですよね。
しっかり圧縮されて風でも飛ばない。
コメの国のガーデンって感じがして、自分的には気に入ってます。
ケイ酸やら納豆菌なんかの効果も期待できると思います。
その辺は、大学から情報をもらおうと思っています。
なんせOryzaにバリバリ強い大学ですから。
ケイ酸はバラ科のうどんこ病に抑制効果があるそうだし、稲作地のバラ園なんかでもいいと思う。
‘道産米マルチ’なんてどうでしょう?

でも、大学の授業でバラの枝切りなんて、他にはあんまりないでしょうね。
それもレアなシュラブばかり。
それでも学生は寒い中、結構熱中してました。
自分も、ここ数日キツかった腰痛が少し回復しました。
若ものから、元気もらったかな。
by geesgreen | 2011-04-23 04:34
静かにスタート
f0160407_444982.jpg

f0160407_445990.jpg

昨日、Gee'sの外売り場がオープンしました。
鉢並べの日が終日強風だったので、倒れ防止に培養土を土のう代わりに使ってます。
こういう時には完全無印の袋は役立ちます。
穏やかな日より良かったと思っています。
風がなければどうしてもユルユルに置いてしまいますから。
後で風が来てバタバタよりはいい。

ハウスものなので、やはり進んでいますが、しっかり慣らしたので葉が傷む心配はありません。
葉や新芽が傷まなければ、スタートは早い方が何かと有利、とくに北国では。

うーん、なんかちょっと言いわけぽいですかね。
(うん、うん、その通り)

でも、出来はいいですよ。
特に得意の長尺は。
1品種1株のみっていうのも結構あります。
お早めに…なんては言いませんが、選択肢は多い方が楽しいですよね。

いつも通り静かにスタートしました。
まだまだこれからですが、ご興味あれば覗いて見てください。
よろしく。
by geesgreen | 2011-04-21 04:45
タバコ
f0160407_4354252.jpg

このところ市内のコンビニでは日本製のタバコがほぼ消えています。
あるのは洋モクだけ。
自分もそうですが、愛煙家はそれぞれ慣れた銘柄でなければイヤなので、キツい人も多いと思います。
‘4月11日から6、7銘柄の出荷を順次再開。5月中旬には主要25銘柄の出荷が可能になる見込み’との張り紙がありましたが、どうなんでしょう?

まあ、‘毎日1〜9本のタバコによる発癌リスクは、3.4シーベルトと同じ’なんて話もあるし、タバコなんて全くの悪もの嗜好品ですから、品不足でも困ったなんて報道はないですよね。
でも、これを契機に止める、なんて人もあまりいないでしょうね。
なんせニコチン中毒ですから。
銘柄を替える程度かな。
マルボロ吸いが増えるでしょうね。

愛煙家の自分が言うのも変ですが、日本てタバコに寛大な国だと思います。
大っぴらにタバコの自販機が並び、どこでも買えますから。
数年前にアメリカで、タバコを見つけるのに一苦労したことがあります。
細い路地裏のシガーショップでやっと買うことができましたっけ。
そんなもんですよね。
いいものではなく、悪いものですから。

写真のタバコ、40年ほど吸っていた(計算合わないかな?)ミニスター。
数年前に製造中止になったものです。
知っている人少ないでしょうね。
フィルターにも図柄が入っていて、デザイン的にも優れものでした。
れっきとした国産、JTものです。
製造中止になる前に買っておいたものを、引っ張り出して吸ってみました。
やっぱり少し古っぽい味がします。
タバコのストックはダメですね。

明日からGee'sも本格的にオープン、こんなことを書いている状況ではない。
あれもこれも…やること山積みですから。
でも、そんな時の一服は欠かせないんだなー
by geesgreen | 2011-04-19 04:36
序章
f0160407_4582173.jpg

昨日は大学の今期初めての授業で深川へ。
ハクチョウやマガンが飛び交い、高速道路沿いや深川市内の河岸ではヤナギが満開。
まさに春の序章。
わっと始まってしまうより、じわっとした期待感を感じる今の季節もいい。

新一年生への授業でしたが、いつも初日は緊張します。
初顔合わせですから。
かっこつけてもしゃあない、持っているもの、素で勝負ですから、テンション上げて臨みます。
みんなキラキラしていてよかった。
いつも以上に熱く語ってしまいました。

毎年感じるのですが、今の若者ってこんなにピュアだったかと驚きます。
農業系の大学だからかもしれませんね。
なんか元気をもらいます。
世の中、まんざらでもない。
by geesgreen | 2011-04-16 04:58
自粛
f0160407_427889.jpg

雪から出てきた鉢植えのバラ。
昨日は天気も良く、すっかり庭の全貌が現われた所も多かったと思います。
ここ数日何人かの方から別件で連絡をいただきましたが、どこもバラの被害が大きかったようです。
とくに、枝折れがひどいという話を多く聞きます。
凍害は、品種の耐寒性やら土壌やら施肥管理やらの影響が複合的でややこいですが、枝折れは明らかに雪囲いのミスですよね。
しっかり囲っていれば回避できた訳ですから、明らかに人為的ミス。
慢心、油断ですから、懺悔するしかないですね。

話変わりますが、相変わらずiPhoneの調子が悪い。
会話中に突然切れることしょっちゅうありますので、悪しからず。
まあ、今のこの時期中々電話に出られないので、いいいっていえばいいのですが。
携帯、そもそも出始めは自分は懐疑的でした。
便利なのはわかるが、その代わりに抜けることが大きい。
例えば、しっかり段取りを打ち合わせておけばいいのに、それをお座なりにしてその場その場で連絡を取り合う。
結局は時間の無駄になるし、真剣味が薄くなる。
「便利」とは意味が違うと思う。
携帯は緊急時のみ使う、これってどうでしょう?
そう言いながらも自分もどっぷり電子機器に浸かってますけどね。
矛盾してますね。

矛盾といえば、一時の自粛モードから、一転して消費を煽ろうとする動きが出てきています。
自粛を自粛。
風評被害も含め被災地の生産者を援助するとの名目なら、強制的に学校給食の材料を当該地産のものに切り替えるなど、もっと直接的に効果のある方法を考えるべきと思う。
ただただ、今までのイケイケの経済活動を何とか維持したいとのことが本音ではないだろうか。
全く何も変わらなければ、何も救われない。
原発事故に加えて、恥の上塗りとさえ思えます。
あまりに場当たり的で脳天気な日本って、保つんだろうか?
by geesgreen | 2011-04-15 04:27
順化
f0160407_5191676.jpg

気持ちよく真っ白ですね、土の上も。
昨日、午後から雨が上がったので石灰硫黄合剤を散布しました。
予定より一日早くハウスからのバラ移動が終わったので、昨日は‘もうけ日’。
この時期の‘もうけ日’は助かる!

石灰硫黄合剤、ホーマックで売ってます。
10ℓ¥1,680、このサイズ、家庭では使いやすいかもしれませんね。
18ℓより持ち運び楽ですから。
容器から計量カップ(あるいは直接噴霧器)に入れるときは、灯油のポンプを使うと楽です(もちろん兼用はダメ)。
(ちなみにあの灯油ポンプを発明したのは、あのドクター中松だそうです。どうでもいいことですが…)
10倍に希釈、展着剤を適量(絶対に)入れます。
散布後は噴霧器に水をよく通して洗います。
黄色の色がなくなったら‘ミツカン酢’(でなくてもいいですが)を水の中にドボドボ入れて、また水を通します。
白濁した酢水が透明になれば洗浄終了。
この後始末が大切です。
ミニ講習でした。

f0160407_5201514.jpg

月形から運んだ‘お薦めの’自根苗は、数日前からGee'sの裏のニオイヒバに絡めて置いています。
仮置きですが、景色に馴染んでますね。
屋外に出した日だけ明け方の予想気温が低かったので、パオパオシートかけました。
今はこの状態、この垣根があるおかげで助かります。
日陰はもちろん、風が抑えられて、ハウス育ちのやわやわ葉を慣らすには最高。
夜間がまだ下がるこの時期は、日没前に葉温を上げておきたいので数時間ほど西日が当たるのもいい。
順化順調(四文字熟語みたいですね)。
順風満帆、春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)、今のところは…どうやら…
by geesgreen | 2011-04-14 05:21
ハウス行ったり来たり
昨日は早朝から、ほぼ一日月形で作業してました。
主にコテージGに間借りしているセンテッド ペラルゴの整姿をしつつ、その合間に何回か聖母園のハウスへ。
いやー、ハウスが近いとやっぱりいいなー
サイドの開閉を天気に合わせてこまめに開閉できますから。
f0160407_4414833.jpg

聖母園のハウス中のバラ。
ホーマックやジョイフルの直前仕入れの内地ものかよ(おっとすみません!)って感じですが、全然違う自家生産の自根苗です。
去年の秋から一冬中ハウスに入れていたものは、どうしても進んでしまう。
まあ最低限の開閉しか頼めないのでしょうがないです。
来年は究極の方法を考えているのですが…
f0160407_4423683.jpg

輸入した花木も咲きそう。
セイヨウアカミニワトコ ‘サザーランド ゴールド’ (Sambucus racemosa 'Sutherland Gold') 。
ちょっと温度上げれば咲いちゃいますよね、Sambucusは。
まあ、見せ場は花よりシダ状の黄金色の葉だからいいですけどね。
f0160407_4435450.jpg

良くないのはこれ、うどんこ。
ハウス中の光で、ほどほどの湿度、日中の室温、葉っぱがこれだけ展開すれば当然出ますよね。
条件揃ってますから。
で、最近使っているのがこれ。

f0160407_4511798.jpg
フマキラー®キッチン用アルコール除菌スプレー。
成分は‘醗酵アルコールとグレープフルーツ種子抽出物、緑茶抽出物’のみ、‘天然’ですね。
これは効きます。
しかも‘食器にかかっても安心’です。
まあこの手の除菌剤は何でも効くのは当たり前といえば当たり前ですが、重曹みたいに薬害が出ない。
ただ、あくまで初期症状のその場限りの効果しかない。
それでも、ケミカル類使うよりはいいし、シュシュッとかけるだけ‘ふき取り不要’(なんかフマキラーの広報マンみたいだな)なのが使いやすい。
でも、先端だけ数株かければすぐに一本なくなります。
(ホーマック山の手店では‘つけかえ用’は完売です。工藤が買っちゃいましたから。)
葉の少ない今だけでしょうね。

来週札幌に移動します。
外に出せばフマキラーなんかは使いませんよ。
by geesgreen | 2011-04-09 04:45
いちばん早い剪定
昨日は春風が心地よく、暖かかったですね。
所用で2度ほど街なかに出ましたが、ダウンを着ているのは自分だけみたいでした。
f0160407_4152973.jpg

そんな中で、大通公園バラ園のボランティア活動の初日。
こんな時なので皆さん集まるのかなーと思っていましたが、何と20人以上も参加されました。
自分のレクチャーの後、まだ雪が残る中でHTの剪定。
写真の中央部には御大(誰でしょう?)の姿も見えます。
さすが街なか大通公園、おそらく積雪地では北海道でいちばん早い剪定でしょうね。
個人差はあるものの、バラ好きの皆さんですから、熱心で理解度もスキルも高い。
楽しかった。
これからの活動内容の説明や自分の話があったものの、さすがに人数、2時間で200株ほどが終了しました。

自分はシーズン中全8回、各作業の節目にレクチャーをすることになっています。
今年はあちこちで語る機会を少なくしたので、この場を通して、できるだけ新たに気づいたことや情報をお伝えしようと思っています。
新規参加歓迎です。
途中参加の希望があれば、大通公園管理事務所(251-0438)で対応しています。
人の手が多ければ多いほど細やかな管理に繋がります。
市民の手で育む、市民に愛されるバラ園、期待したい!
そして満開の夏にはバラを見ながらビヤガーデンで旨いビールを皆さんと飲む、と勝手に決めています。

今日はこれから北見へバラの納品、兼指導、兼打合せで走ります。
明日も早朝から予定があるので、あまり遅くならないように帰ってきたいと思っています。
先日の免停講習ですっかり模範運転に改心したので、安全運転ですね。
天気が良いので気持ちよいでしょうね。
でも遠いなー
by geesgreen | 2011-04-07 04:16