イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
無心に
f0160407_448437.jpg
f0160407_4484762.jpg
この三日間、輸入第一弾のバラと花木のポット植えをしてました。
昨日で終了。
ご苦労様でした。
以上。


短過ぎますか?では、
こんな作業を黙々とするのは、自分に取っては至福の時です。
根のおさまり位置を調整しながらの植え込みは楽しい。
用土を締めずにしっかり固めに入れるのが楽しい。
終わり…

まだ短いか?
最近、周りでどうにも理解に苦しむことが多い。
昨日もそんなことについてのブログを長々と書いたものの、全部削除してしまいました。
そんなの読んでも面白くはないですよね。
そんなのを吞み込んで、五感を研ぎ澄まして無心にバラを植える。
そんな行為は、ある意味自分にとっての生きていくための術なのかもしれません。
いや、現実逃避かなー
by geesgreen | 2011-02-26 04:48
多品種はいらない
f0160407_550554.jpg
前回も少し触れましたが、今年も昨年に続きバラ以外にも花木類を少し輸入しました。
ノリウツギ、バイカウツギ、タニウツギ、ニワトコなどの園芸品種。
とくにイワガラミの2品種は楽しみ。
毎年少しずつ見たことのない花木を入れようと思っています。
10年も続ければ結構集まると思う。

なんか逆輸入のようでどうかとも思いますが、しょうがない。
この辺の中低木類は、どうにも日本では選択肢が少ないような気がしています。
以前は結構国内でも入手できた普通のものでも中々ない。
偏りはあるもののバラやクレマチスなんかはわんさかあるのに。
草ものもそうですよね。
ヘレボルスなんか、そんなに多品種いるんだろうか?
みんなヘレボルスのコレクターになるのかなー

まあそんなことを言っても、自分もバラの品種を数百品種も扱っている。
でも、気持ちとしては絞りたいと思ってる。
絞り込むための過渡期の段階と思っています。
売りながら絞り込むっていうのも変な話ですね。
ある意味、詐欺ですね。
すいません。
本当は見えない所で選択するべきですよね。

北海道で安定的に育てられ、景色にも似合う種・品種だけ、だけど植物種類は豊富にある、そんなのが理想です。
普通のことだと思いますが中々できない。

写真、先日の講演会のパワーポイント用に使った一枚。
アイルランドの何てことない普通の民家の庭。
コレクターとは無縁の世界です。
芝生が効いてますね。
こんなの好きです。
by geesgreen | 2011-02-21 05:50
良いこと、悪いこと
f0160407_411113.jpg
この時期になり、あれやこれやと急に慌ただしくなってきました。
ついにですね、目まぐるしい。
このまま突入ですかね。
Easy does it…(同名のバラも今回入れましたが)と呪文のように自らにいい聞かせながらの毎日。

そんな中でいいこと、悪いこと、ありました。
先ずいいこと、
今回輸入したバラなどが100%、植物検疫に合格!
ここ数年かなり引っかかっていたので、快挙です。
昔の甘々の検査や輸出仕様のオランダものは別にして、最近では初めて。
もっとも2次検査に回されたのはセイヨウニワトコとシモツケの1品種づつとバラの1品種だけだったので、この時点で万々歳ですが。
よかった、よかった、作戦勝ちですね。
3月の第二弾もこの調子でいけばいいなー

そして悪いこと…
道警から赤紙が送られてきました。
累積点数で免停講習の案内、一ヶ月以内に講習を受けなければ免停だぞ、とのこと。
何となくそんな予感がしてました。
どっかで一日潰さなければ…ったくー
案内によれば座学3時間と社会参加活動(または実車などの診断)3時間とあります。
以前は一日ヨレヨレで座学でしたが(前科ありますから)変わったんですね。
あまりに爆睡する人が多いからでしょうか?
社会参加活動って、アメリカのようですね。
雪割りでもするのかと思ったら、どうやら交通安全のチラシやパンフの配布のよう。
どうせなら肉体労働の方がいいのに。

人間万事塞翁が馬、好事魔多し…
これから、いいこと、悪いこと、瞬時に入れ替わりながらの毎日が続きます。
ふーっ。
by geesgreen | 2011-02-19 04:10
定番品種と新品種
f0160407_438293.jpg
昨日も雪の始末の後は、ひたすらデスクワーク。
頭の中はバラでいっぱいです。
それだけ聞けば、それって幸せそーですよね。
うん、幸せですよ(かな?)

今年もおそらく日本初導入の品種もいくつかあります。
別に新品種ではなく、ある所では定番の品種です。
もちろん別に珍しいものを求めている訳ではなく、純粋に北海道でこそ見てみたいと思うものを選んだ結果です。
2,000〜3,000品種が現存すると言われているバラですから、本気に日本初導入ものを探せばそれだけで結構な数になるでしょうね。
そんな節操のないことはしませんけど。

だけど、国内の種苗会社の取扱い品種の偏りは非常に気になっています。
それこそ節操ない。
とくにフランスのバラ。
オールドローズや定番の品種は別にして、自分は耐寒性の面から、以前からフランスの新しい品種には手を出さない。
本州では関係ないでしょうが、-20℃の世界でバラを栽培する訳ですから。
フランス人はそんなこと全然考えていないですよね。
考える必要ないもの、想像もできない。
この冬も、北海道同様かそれ以上に寒い北米やカナダのバラ屋のリストをかなりチェックしましたが、日本で人気のあれやこれやのフランスもの(ご想像におまかせします)は全く扱っていない。
イングリッシュローズは品種限定でかなり増えているので、いずれは経験的に淘汰された品種が広まる可能性はあります。
逆に北米やカナダで一般的な品種はまず日本には入らない。
種苗会社間の契約や植物検疫なんかの問題もあるんでしょうが…それだけではない。

最近のフランスの新品種をこれだけ取り上げているのは、日本だけと言っても過言ではない。
イギリスやドイツもあまり関心ない。
フランス人と日本人の花の好みや感性の共通性云々も語られますが…そうかなー
そんなことより、かなり金の匂いがする。
これ以上は書けませんが。

結論、
「フランスの新品種に騒ぐのは日本の暖地だけ、北海道はそれを懐疑的に見よ」
これも差し障りあるかな?
まあ、工藤の放言(暴言ではないと思う)と無視してください。
by geesgreen | 2011-02-15 04:38
ラベル入力
一昨日から、やっと本格的に今期の販売用バラのラベル入力を開始。
フォーマットの修正は終わっているし、今までの内容を少し修正すればいい程度に考えていましたが…
でも、やっぱりそれぞれ見ていくとそんな言い方はないだろうとか、言いたいのはそんなことではない、なんていうものばかり。
さらに写真もほぼ最新版に変更。
これはやっぱり長期戦になりそう。
うーん…

おまけに昨日は、早朝の2時半頃から(早朝では全然ないですね)出荷先のカナダとのメールのやり取り。
無事、事前申請用の書類は送ってもらえたものの、追加の品種が確定したのでリストを修正したり、振分けしたりで、ほぼ一日そんなこと。
ここ2日間は、ほぼPCの前に座ったきり状態。
今日も引き続きひたすらやってます。

そんなん、自分で意志でやってることだから愚痴ることではないですよね。
好きでやってることですから。
聞かされる方は堪んない、そう思います。
でも世の中3連休…
うーん…いやいや、人は人、自分は自分。
ラベル入力は楽しい、植え場所を想像して振分けるのも楽しい、今日も楽しんでやります。うん!

うーん…、うん!?なんか頭が少し変なような…
by geesgreen | 2011-02-13 04:01
追突
f0160407_43269.jpg
またやっちゃいました!
今度は追突事故。
昨日の夕方、月形からの帰り。
太美の方から札幌大橋へ曲がる交差点の手前、地吹雪で一瞬視界0になり全くのホワイトアウト。
停車していた前の車にぶつかりました。
幸いぶつけた車もそれほどの破損ではなく、運転していた女性もケガはありませんでしたが…

一昨日、スピード違反を「運悪いだけ」なんて書いた天罰でしょうか。
だけど、運悪く札幌大橋の上で事故があったので前の何台かが停車していた、そして運悪く猛烈な地吹雪…
いやいや、もっと慎重に運転していればこの事故は回避できたと思います。
運、不運なんていうのは意志の問題ですよね。
緊張感が足りない。

スタッフのみんなには、事件、事故には巻き込まれるなといつも言っています。
本人だけでなく、周りのみんなが迷惑すると。
そう言っておきながら…です。
情けない。
反省してます。

最近意味不明の写真が何回か続いています。
どれも飲んで座っているところからのながめ。
シンプルで地味な所が好きです。
もちろんシングルモルトも必須。
昨日は反省しながら静かに飲みました。
by geesgreen | 2011-02-08 04:34
25kmオーバー
f0160407_4124617.jpg
やっちゃいました。
キップ切られました。
一昨日、千歳から岩見沢へ向かう途中、道東道の追分IC下りて国道234号に出てすぐ。
自分ではこれからスピード出そうかと思っていたような所でしたが、制限速度50kmを25kmオーバーしていたとのこと。
ウソでしょ?と言っても、レーダーの印字された数字を見せられたらそれ以上突っ込めない。
まあ事実なんでしょうね。
75kmなんてすぐ出ますよ、路面も乾いていたし。

高速の出口からの直線道路ですから、よくやってる所なんでしょうね。
うかつでした。
真冬はどこでもレーダ取締りはあまりやっていないので、注意不足でした。
そろそろ始まりますね。

反省の弁?
ないですよー
運悪いだけと思ってる。
同乗者もいたので十分注意して走っているし、流れをよくしていると思ってますから。
点数3点、反則金18,000円。
皆さん注意してください。

それにしても、こういう時のパトカーの警察官、妙に低姿勢で愛想いいですよね。
ヘタなコンビニのバイトより上だな。
ったくー!
by geesgreen | 2011-02-06 04:13
節分
来ましたね遂に、雪まつりの暖気。
雪像が泣く…毎年報道されますね。
例年は会期中ですから、少し早い。
会期前で細かいところはできていないので、昨日のはそれほど影響ないですかね。

f0160407_4393984.jpg

昨日は大通公園の横のビルの事務所での打合せ。
12丁目のバラ園のすぐ横でしたが、12丁目も会場なんですね。
知りませんでした。
バラ園外周の園路沿いに、ずらーっとまだ未完成の雪像用の雪の固まりが並んでました。
市民用のものでしょうか。

雪まつり…ご想像通り工藤は引いてます。
引きまくり、全く関心はない。
何故?雪の運搬、自衛隊、雪の女王…書けばきりないので書きません。

車で大通を走る時には横目で見てますが、しっかり歩いて見たのは小学生の時(それも学校の授業で)だけです。
そんなもんですよね地元のイベントって。

いずれにしても、暖気や少雪、逆に大雪なんかの天候に左右される「雪まつり」って大変ですよね。
将来は暖気や少雪で中止なんてことも十分あり得る。
いや、どっからでも雪を運んで何が何でもやるかー
なんせ期間中200万人以上が来場するというビックイベント、いっぱいお金が絡んでるでしょうからね。
うん、意地でもやるな。

話変わって、昨日は節分。
我が家でも家内と二人で豆まきしました。
毎年欠かさずやります。
我が家には鬼がいますから。
家内にぶつけてやりましたよ。
by geesgreen | 2011-02-04 04:39
効率化
f0160407_5201836.jpg
昨日は今年初めてYukaさんと一緒にポット植えのバラの植え替え。
12月から延々とやっていますが、やはり二人でやればハカがいく。
一人だとだらだらやってるという訳でもないのですが、やはり二人の方がパフォーマンスが上がる。
2割増しでした。

最近、この植え替え作業では、休憩や昼食は時間を決めないで作業の流れの合間に取ることにしています。
根洗いをするので、株を水に漬けている間に飲んだり食べたり。
昨日も事前にYukaさんに宣言して、そうしました。
集団で作業をする場合は、時間を決めて一斉に休みを取った方がキリがよくて効率的ですが、一人や二人の場合は作業に合わせて自由化した方がいい。
そのために、最近はサンドウィッチを持参しています。
半ば作業をしながら食べられますから。
ゲームの合間に片手で食べる、サンドウィッチ伯爵したいなもんですね。

昨日も夜明け前に出て、夕方早めに帰路につきました。
自分がチョー朝型ということもありますが、朝夕の渋滞を避けるのが目的。
これで1時間は違います。
これも効率化です。

フリーだからこその特権ですね。
道具も、服も、音楽も、何事もそれに結びつける。
目的が明確だと話は簡単です。
でも、それに付き合わされる人はキツいかな。
Yukaさん、すんません。
by geesgreen | 2011-02-03 05:18
ガーデンショー
f0160407_521516.jpg
今日から2月。
別名、如月(きさらぎ)ですが、梅見月(うめみづき)、初花月(はつはなつき)、小草生月(をぐさおひつき)、雪消月(ゆききえつき)なんかの異名もあるようです。
北国はまだすっぽり雪の中ですが、2月4日は立春、毎年のことですがそろそろ春の光を感じる日も出てくるんでしょうね。

さて昨日は、かでる2・7で、十勝千年の森で来年開催される「北海道ガーデンショー」のプレス発表会があったようです。
顔を出した関係者の方も多かったんでしょうね。
旭川~富良野~十勝のガーデン街道、勢いありますね。
さすが高野さん、時宜を得たいい仕掛けです。

片や道央圏の各施設やGIH(ガーデンアイランド北海道)は、これをどう捉えるんでしょう?
どこも、外から見てると悶々とした印象を受けてしまいます。
あまりいい話も聞かない。

でも、張り合ってもしょうがないですね。
戦略、企画を練ることもない。
個々の場面を磨く、それしかないですよね。
その上でイベントが必要ならやればいい。
春になったら、当事者が前向きに、元気にかかれるか、それしかない。
そのためには冬の準備ですね。
何を優先すべきか、ズレてないか、四六時中考える、考える。
でも、もう2月…春はもうすぐ。

自分はもう少し飲んでます。
by geesgreen | 2011-02-01 05:22