イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
The Times They Are a-Changin'
f0160407_545224.jpg

昨日は、朝方はいつも通り潅水。
昨日は月形も行ったので、朝(?)3時半から7時半まで、潅水だけでたっぷり4時間かかってしまいました。
移動距離を考えれば、朝なのでまだいいか。

ですが、昼前に一時どしゃ降りに。
くーっ、ハウスものは別として無駄か?
否、無駄ではない。
何気なく見ていても見えないものが、潅水することによって見えるものがある!

で、昨日は雨模様なので溜まっているデスクワーク日よりなのですが、豊平公園での講習。
しんどい。
喋っていて何度か立ちくらみしました。
いろいろ続いていますから。

豊平でのバラの講習は、随分長く続いています。
自分にとっては、この豊平が初めての講習です。
原点ですね。
何年目になるでしょう。
27、28歳の時からですから、30年近くやってることになります。

自分の前は、札幌ばらの会の今は亡きIさんでした。
何回か受講しましたが、当時はもっぱらHTの話、それも今のように情報量がないので初期の経験的な話が主体でした。
Flもまだ庭植えでは一般的ではなく、これだけ多様なバラが溢れる今とは隔世の感があります。

当たり前ですが、自分もこの30年で喋ってる内容が随分変わっています。
昔はみんな放任していたので切れと言い、今はみんな切り過ぎちゃうので切るなと言う、等々。
去年と今年も違う。
毎年いろんな失敗をして、発見があり、それを語る。
語ることによって、それが再確認できる。
結局は自分の糧になっているのかもしれません。

写真は、近くの空き地で満開のドクダミ(Houttuynia cordata)。
雑草として見られる場合もありますが、自分は好きです。
このところあちこちでバラをいっぱい見ていますが、何故か写真はドクダミ。
変ですね。
by geesgreen | 2010-07-09 05:06
That's all
札幌の中央区ではバラの一番花は最盛期を過ぎました。
せっせっと花切り、かなりお疲れの方も多いことと思います。

自分の母親、82歳、一人暮らし。
50株ほどのバラを楽しんでいますが、ここ数日花切りでかなり疲れています。
自分が顔を出すと愚痴をこぼします。
以前はそんなことはなかったのに、やはり歳ですね。
体力的にキツいと思います。
息子としては「自分でできないんなら止めちゃえば」なんて言葉を吐く。
息子なんてそんなもんです、冷たいもんです。

老婆の母親ならまだしも、まだ若いご婦人も、バラに絡んで同様の疲労感を感じている方も少なくないと思います。
「もう疲れちゃいました」なんて言葉、よく聞きます。
何のためにバラを植えているんでしょうね。
植え過ぎですよね。
「バラ園を夢見て」なんて笑っちゃいますよね。
そんなの全然楽しくないと思いません?
バラ園に限らず、植物が主役の施設の職員なんてストレスのかたまりになるのが当然です。
それは仕事だからしょうがない。
自分で選んだことだし、それなりの達成感や満足感もあるはずです。
でも、個人の場面は別です。
何で好き好んで、そんなストレスの元になるようなことをするんだろう?
本当に自分の管理と、その場面に合ったバラや植物が見つかればいい。
それだけでいい。
それを見つける過渡期なんですね、今は。
人に見せるためとか、そんなのは全く別次元、どうでもいい話です。

最近郊外の農道を走っていると、やはりバラが目に入ります。
農家のバラってすごく元気がいい。

f0160407_3461317.jpg
この‘バレリーナ(Ballerina)’も元気がいい。
このお宅には他にバラはありません。
それでいいんですね、見つかったんですから。
最近‘トリーア (Trier)’やら‘ボビー ジェイムズ(Bobbie James)’なんかのランブラーの大株も農家の庭で見ました。
随分変わってきたもんだと思いますが、どれも一点もので見応えある株に育ってきてました。
やはり、年数がものをいっていると思います。
どこも農家の庭は日当たり、風通しよく、土質もいいんでしょうね。
何よりごちゃごちゃ植えてないのがいい。
「ウチのバラ」になってます。
That's all.
それでいいと思います。

昨日、午前中久し振りに客対応してましたが、あるご婦人、もうすでにあれやこれやら植えている、もっと違うものを植えたいと言う。
ある時の配達で行ったお宅(去年も行ったお宅)、過去に購入した(Gee'sからのも)株が無惨な状態で放置してある。
どこまで続ければいいんだろう。
こんなこと、バラを売ってる身で言うのはおかしいことかもしれません。
でも、バラって永年植物です。
言っちゃいますが、そんなにばかばか売れるはずがない。
業者が煽るのもおかしい。
自分は「ウチのバラ」を見つけてほしいので今バラを売ってます。
That's all.
by geesgreen | 2010-07-05 03:47
Guerrilla Gardening撤収
昨日、Gee's前の街路樹枡にポット植えで仮植えしていたバラ、警察への通報で撤収となりました。
自分は市外でいなかったのですが、昼前に警察が来て、「街路樹枡にバラを置いて売っている、違法だ」との通報が入ったので、すぐでなくてもいいので撤去するようにとのこと。
その連絡を受け、しゃあないな、明日にでも撤去しようかと思っていましたが…
昼過ぎまた連絡が。
また警察が来て、「また通報が入った、ただちに撤去するように」とのこと。
さすがに、今度はすぐに撤収することに。

近所の人ですね。
すぐに撤収しなかったので、また通報した訳ですから。
あのオヤジか?あのおばさんか?
まあ、逆らえないな。
公共の場所を無断で使っていたんですから。
でも、飾りものと割り切って売りものとはしていなかったし、他でもいろんなもの植えたり、自分の庭のように使っている場合もありますよね。
花屋だからってこともあるのかな。
まあ、しゃあないな。

f0160407_5293537.jpg
偶然昨日の朝撮った、今はなき場面です。
‘オイティン(Eutin)’、満開でした。
いずれにしても花切ったら下げるつもりだったので、まあ少し早まったと考えますか。
ちょっと目立っちゃったかなー
by geesgreen | 2010-07-03 05:29