イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
バラの剪定やりませんか?
一昨日から今日まで3日間、百合が原のバラの剪定しています。
百合が原を抜けてからも、ローズウォークなどの一点ものの剪定だけやらせていただいています。
妙に謙虚なもの言いですが、一応安いながらも(あっ失礼!)業務でやっているのですが、自分にとっては何よりも楽しい!
自分がやらなくてもよいのですが、品種選択をして植え込んだのも自分だし、公園にいた時も剪定はずーっと自分一人でやってきました。
10年もの以上の株で、これだけの種類の剪定できる場面はありません。
枯枝切りではありませんよ、剪定ですよ。

f0160407_418241.jpg
f0160407_4183782.jpg
f0160407_4192454.jpg
f0160407_4195732.jpg

剪定前と剪定後です。
この手のバラの剪定の写真はどうにも分かりにくいですね。
かなり枝透かしして、各枝の高さも充実度や品種の個性に合わせて加減しているんですけどね。
下の一株はアルバローズの‘コーニギン フォン ダーネマルク(Königin von Dänemark)’です。
枝や樹形はアルバというよりダマスクの感じです。

一昨年、昨年と、Gee'sのYukaさんとAnnaさんとやりました。
二人とも、確実にやってくれます。
ですが、今年はショップのシフトの関係で、初日だけAnnaさんが半日入ってくれましたが、昨日も今日も自分だけです(百合の新しい女性職員も入ってくれていますが)。

いつも3日間で、温室前の原種やらシュラブからローズウォークのオールドローズ、ヒース前のシュラブを完了しているのですが、どうにも終わりそうにありません。
で、(唐突ですが)、どなたか参加してみませんか?との呼びかけです。
お願いというより、楽しいですよ、こんなの自分一人ではもったいないですからとの思いです。

剪定はイメージです。
いろんな株を見て、芽が伸び、花が咲き、どんな樹形になるのかをイメージできるかで決まります。
それをイメージできれば、後はひたすら切ります。
それが楽しい!
とくにオールドローズは、去年のシュートはこれからの株の骨格となるものですが、一季咲きはそれから出る脇枝は開花枝にはなりません。
来年以降です。
ですが、それを見越して切り位置を(高さを)決めます。
それ以外の古枝と今年の開花枝とは、別ものと考えなければならない。
その今年の開花枝と来年以降の開花枝を両方意識して鋏を入れていきます。
ブッシュはある意味楽です。
誰が切ってもそう変わらないかも。
でも、シュラブやオールドローズは切り手で全然変わっちゃう。
ポートランドやハイブリッド パーペチュアルはその中間でしょうか。
(百合で山ほど植えて残った耐寒性あるハイブリッド パーペチュアルの剪定、滅茶苦茶楽しかったです!)

さらに剪定は数です。
株の生育状況、枯枝の割合で千差万別です。
型通りの基本をベースに、数多くこなしていくことがある意味トレーニングになります。
自分は昔、環状通りの(白石区)あのバラ、数千株を一人で数年間切ってました。
そして、百合が原も多い時には2,000株を毎年一人でやってました。
同じ品種でも枝の出はそれぞれまちまちですから、それをやってやって、やっているうちに見えてくるんです。
これは、文章やイラストでは説明できない。

今日は天気悪くて、寒いみたいですね。
まあこんなこと突然ブログに書いても、今日の今日ですから来る人いないでしょうね。
まあいいや。
ちなみに早朝からやってます。
目がシバシバしてくるので夕方には引き上げます。
ローズウォークの残りが終わったら、ロックガーデンのヒースの前のシュラブに移動します。
冷やかしはご遠慮ください。
雑談も付き合えません。
バンバン切りたい方にはイメージを語ります、それを共有できる方。
剪定鋏はご自分のものを持参、出入りの時間は自由。

もし終わらなければ、後日YukaさんとAnnaさんと残った分をやります。
一年に一回の楽しみを共有します。
by geesgreen | 2010-04-28 04:20
白鳥ウォッチング
今年はハクチョウの当たり年です。
こんなに見るのは初めて。
4月に入って市外に出かけた場合は必ずどこかで見られます。
雪がまだ残る所と雪が融けた接点にしかいません。
自分の動きの時期と雪解け時期がうまく合ったせいか、とにかくよく見ます。

f0160407_517253.jpg
昨日は中小屋から月形にかけてがピーク。
国道275号線沿いでは、先週は当別辺りでした。
道央道の高速からは砂川でたくさん見られ(一昨日の羽幌行き)、先週は美唄辺りでした。
今頃は深川か北竜辺りでしょうか。
雪解けの北上ラインと一致しています。
もうすぐユーラシア大陸へ飛び立つんでしょうね。

昨日はコテージガーデンの講習の前、聖母園のハウスで灌水やらバラの積み込みをしていました。
何やら林の向こうが妙に騒がしい。
鳥の鳴き声です。
車で行ってみました。
林の向こう、裏側は沼だったんですね!

f0160407_5174244.jpg
f0160407_5181255.jpg
月ヶ湖(つきがうみ)。
国道沿いに看板は出ていたものの、こんなにすぐとは思わなかった。
いやー、まさに「白鳥の湖」。
上空もマガンでしょうか、わんさか飛んでました。
他に誰もいなく、鳥の声だけ、30分ほどぼーっとしてました。
至福の時でした。

近くの水鳥の聖地「宮島沼」ほど広くはないものの、田んぼの中にある宮島沼とはまた趣きを異にします。
林に囲まれ、まさに聖地の感じがします。
よい、よい!
またお気に入りの場所ができちゃった。
by geesgreen | 2010-04-25 05:18
原理原則
一昨日から昨日は、バラ園の更新株の納品と剪定の指導で羽幌で一泊。
羽幌は緯度的には日本の最北のバラ園でもあるし、海から近いこともあり、カナダ並みの耐寒性品種、自根苗中心の構成にしようと数年前から少しずつ植え替えをしています。
その後札幌ジャンクションから苫小牧に、そしてすぐに札幌に戻り、別の件で納品するバラをチェック。

手元を離れたどのバラも健全に育ってくれることを願っています。
外部の人間が言葉で伝えるには限界がある。
やはり毎日見ている人、各施設の管理者の判断が重要です。
でも、他の施設や一般の趣味家もそうですが、どうにもやらなくてもよいことをやり、やらなければならないことをやらない場合が多いような気がします。
別に自分の手法、判断を押しつける訳ではないのですが、あまりにひとつひとつの行為、作業の意味が理解されていないと思います。
大袈裟ですが、原理原則を理解していないので応用が利かない。
機械的に、型通りの曖昧な情報に頼ってしまうので、最悪な場合逆の判断になってしまう。
枯枝ばかりが目につく、あまりに悲しくなる場合が多い。

この辺は伝える側、情報を発信する側の責任もありますね。
今日はコテージガーデンの講習の初日ですが、原理原則で終始します。
最近どこでもいつもそうです。
どの肥料をどのくらいいつ使えなんて言わない。
剪定はどこで切ればよいなんて言わない。
そんなのナンセンスですから。
重要なのはその前段の話です。
それを理解していれば、後はそれぞれの考えでやればいい。
いろんなやり方、パターンがあっていい。
それが当たり前です。
それぞれ植え場所も、利用の目的も違うのですから。

さて、昨日の早朝、バラ園を見ながら、その横の芝生広場に植えられているオンコを改めてまじまじ見てました。
f0160407_53146.jpg
焼尻オンコです。
いい味があります。
焼尻島の厳しい季節風で上に成長出来ず、押しつぶされたように横に広がった樹形が特徴です。
この辺の海岸線で見られるミズナラやカシワとも共通する樹形です。
個別の変な刈り込みしないで、全体が連続するように仕立てるとよいと思いました。
頭を揃えないで、うねるような自然形の生垣ができればカッコいいですよね。
そんなのを見てみたい。

帰り道、国道沿いのあの有名な小平町の鰊御殿「旧花田家番屋」に立寄ました。
いつも横目で見てばかりなのですが、間近で見てみると実によくできた木造建築です。
f0160407_534349.jpg
f0160407_54144.jpg
f0160407_544781.jpg

好きだなーこういうの。
風景に似合ってます。
北海道チックでよい。
ダイナミックだけど繊細さも感じられる。
見いていて飽きない。

植物も建造物も、やはり外来ものより地場のものが感動します。
そこで育ったきたもの、育まれてきたもの、それがベースになるべきです。
それが文化ですよね。
by geesgreen | 2010-04-24 05:05
ドリンク剤
昨日からGee'sのバラ販売始まりました。
あいにくの冷たい雨。
さっきちょっと店に行ってきましたが、今朝も雨模様。
でも、いろいろ追い付いていないので助かったー
恵みの雨かな。

ここ4、5日、毎日2時35分に起床。
今朝も2時35分。
別に2時35分に意味はないのですが、どういう訳かある時期続けて同時刻に起きるのが続きます。
3時15分だったり、3時35分だったり。
体内時計なんでしょうね。
でも2時35分はキツい。
合間にドリンク剤で何とか夕方まで保たせています。
一日2、3本、強力もの、準強力もの、やや強力もの。
どれも本当は1日1本と記載されています。
そのせいか◯◯っ◯、真っ黄、黄。
百合が原公園時代を思い出します。

栽培場所が分散しているので、モノを移動する労力がキツい。
今年は月形が増えたし、屋外のストック場所も1箇所増やしましたから余計にキツい。
Gee'sのか弱い(?)女性スタッフにも、本当にキツい作業を強いてしまいました。
ごめんなさい、ありがとう!
でも以前よりは各ステージに合わせた置き場所が確保できるので、確実に生育はよい。

f0160407_5524356.jpg
とくに上の写真のような、約1/4ある自家生産品の自根苗(もちろん育種者権の切れた古い品種で合法的な増殖品)。
秋に地堀してハウスに入れたので早々と葉が出てしまいましたが、何とか葉を傷めないで今の屋外の環境に順化させることができました。
当然今は花がないので色気のないショップですが、いい感じの緑がアクセントになってます。
これらは早々と5月には咲いてきます。
バラは花もそうですが、緑の葉にも魅力を感じます。
さらに自然形に育てた樹形も好きです。
本州で作られる単に枝を真っ直ぐ上に伸ばした長尺ものではないですよ。
とくにランブラーやシュラブなど、各品種の個性が出た樹形がたまらない。

それにしても、諸々の合間にポット植えの植え替えなんかやってますが、最近体力落ちたなーと感じます。
もっと強力なドリンク剤ないかな。
ないですよね。
あってもそんなの飲んでたら死んじゃいますよね。

今日はNHK文化センターの初日。
テンション上げて話してきます!
また、ドリンク剤だな。
by geesgreen | 2010-04-21 05:54
またやっちゃった!
昨日は拓大の今期最初の授業。
いつも通り高速で向かったのですが、またやっちゃいました。
深川かその前の深川JCTで下りなければならないのに、旭川まで行っちゃいました!
去年も2回あります。

いつも道中の道路から見える木々を見ながら行くのですが、今の時期は落葉樹の葉が出ていないので枝ぶりがよく見えて、それが堪能できる。
ちょうど深川JCTあたり、進行方向に向かって右側の音江山くらいから、それまでの人工林から天然の針広混交林が始まります。
ついつい右側の景色を見ているうちに、深川インターを過ぎてしまいました。

深川JCT過ぎた時点では次の深川インターで下りなければと意識するんだけど、少し走ると景色の方に意識がいってしまい、通り過ぎてしまう。
深川JCTは目立つのですが、深川インターは目立たない。
しかも深川JCTから深川インターまでの距離が中途半端。
こんなこと文句言ってもしょうがないですね。
よそ見してる自分が悪いのですから。

その後は開き直って神居古潭を堪能して、旭川鷹栖でUターンして深川へ戻りました。
まあ冬開けの木々を楽しめたのでいいか、と無理矢理納得してますが。

f0160407_510362.jpg
深川名産、ロサ グラウカ (Rosa glauca)の雪解けの畑です。
残ってる枝は去年のシュートだけ。
実付きの枝を出荷するから当たり前ですが、毎年秋に旧年枝は全部切り去るんですね。
まさにランブラーですね。
分かり易くていいな。
耐寒性最強だし、切り枝だけでなく緑化樹なんかとしてももっと使われてもいいですよね。
雪囲い不要、病害とは無縁、カラーリーフ、花も実も楽しめる、しかも剪定に頭使わないですから。
もっと大形になる、百合が原にあるグラウカの交配種の‘カルメネッタ(Carmenetta)’なんかも存在感あって場面によってはいい。
ちなみに‘カルメネッタ’はR. glauca × R. rugosaとされていますが、絶対rugosaの血は入っていないと思う。
R. glauca × R. caninaじゃないかな。
どっかでDNA解析してくれないかな。
by geesgreen | 2010-04-17 05:10
東西or南北
一昨日、昨日と雪模様で少し春も足踏み。
ここ数年あまりに雪解け、気温の上がりが早かったのでちょっと面食らいますが、まあ、こんな年もあります。
土日を前にして今日から本格的にスタートする園芸店が多いみたいですね。
今日から天気が回復して気温が上がるみたいだから、丁度よいかな。

f0160407_54653.jpg
Gee'sは来週火曜の20日から屋外売り場を始めます。
什器を並べて、バラもざくっと並べました。
20日までは欲しいと言われても売りません。
相変わらず強気で申し訳ありませんが、ラベルも付けてないし、まだまだ準備中です。

什器の並べは今年も南向きの東西並べにしました。
昨年から敷地の形状、客の動線を無視しても、バラの生育を優先してます。
1℃のズレもない南向きです。

f0160407_544540.jpg
このコンパスでしっかりラインを出します。
フィンランドの最高傑作ブランドSUUNTO社のコンパス。
このスント社のコンパスは大戦中、酷寒の地でソ連軍に猛抵抗したフィンランド軍兵士に愛用されたもので、大分前にオランダのスキポール空港で買ったもの。
これまで植栽時の位置出しとかで随分活躍してます。

切花生産などのハウスの方向は、光線の量が少なくなるものの均一化が図れるので、これとは異なる南北棟が一般的です。
実際、東西棟での北側は南側の70%しか生産量がなかったとのデータがあります。
夏の施設内の高温回避の意味も大きいかな。

でも、真夏でもそれほど高温にならない屋外の場面、できるだけ多くの株に日を当てようとすれば東西並べになります。
それも、同じ棚ではできれば北側は少し高く、南側は低いひな壇が理想です。
今後生育に合わせて置き変えていきます。
バラは日当りが他のどの条件よりも優先します。
少しでも陰ればそれなりになり、病害の発生の原因にもなりますから。

植物を置いている、育てているのだから、その生育を考えた条件、根拠付けさえあればよい。
それを真っ当に考えればよい。
独りよがりの、脆弱な個性に頼ったデザインは低級です。
おっと、また過激な発言になりそうなので止めます。

今日は大学の授業の初日。
テンション上げます!
by geesgreen | 2010-04-16 05:05
運び屋
昨日はトラックでバラの移動。
あちこち分散してるのを、さらに用途別に分散。
いつも移動しているので、なんかジプシーみたいです。

トラックは近くの卸しやから借りてます。
メーター2回転している三菱キャンターの年季ものですが、これが使いやすい。
他の同業の箱車より滅茶苦茶積めます。

f0160407_4573490.jpg
f0160407_458916.jpg

棚板の構造が素晴らしい。
段切り、仕切りの構造がシンプルで非常に効率的です。
段幅、棚板の長さも絶妙。
この辺の仕掛けは徹底的にこだわるべきです。
昔、本州の花の運び屋に「北海道の運び屋は効率、能率にこだわらない、甘い!」と言われたことありますが、その通りと思います。
こだわりがない、脇が甘い。
何にでも言えることかもしれませんが。

バラ移動の後、千歳へ直行。
母がドイツから帰国するので、その迎えに。
82歳の一人旅ですが、なんか行く前より元気になって戻ってきました。
ビジネスクラスの大名旅行+サポート付きだから当然かな。

裏技ですが、今回は往復正規料金90万ほどのJALのビジネスクラスが30万ほどで利用できました。
今利用するのはJALがよい。
車はトヨタ (数年前は三菱でしたが)。
逆風ものは買いです。
by geesgreen | 2010-04-13 04:59
「いき」の構造
もうスタートですね。
雪囲いの風景の方が不自然になってますから。
同業の方々も何かと大変だと思います。
他人事みたいな言い方ですね。
Gee'sも屋外部分が20日にオープンします。
いろいろと秒読みです。
でも、焦るのは禁物です。
体は焦り、心は焦らない。
これが肝心です。
(なんかかなり自分に言い聞かしてますが)

f0160407_420077.jpg

朝(っていうか夜か)本読んでました。
これがいちばん落ち着く。
九鬼周造の『「いき」の構造』。
大正15年にパリで書かれたものです。
好きだなーこういうの。

自分は、植物を使う場面は「上品」か「下品」かしかないとよく言います。
そして、「あや(彩)をつけろ」ともよく言います。
「工藤さん、あやって何ですか?」と尋ねられたことあります。
説明できません。
形ではないです。
形だけ追いかけても「いき」も「あや」も本質的な「上品さ」も理解できない。
形は結果で、重要なのは内面にある精神性と言うか…

朝からなに書いてるんでしょうね。
禅問答みたいですね。
変ですね。
やっぱりこの時期だからでしょうね。

今日もこれからバラの移動です。
焦らない、焦らない。
by geesgreen | 2010-04-12 04:22
月形のサバ幹大イチイ
いつも気になっていた、月形のハウスへ行く途中の国道沿いにあるイチイ。
昨日ハウスの潅水に行く途中、車から降りてまじまじと見てみました。

f0160407_5305136.jpg
f0160407_5313117.jpg

うーん、見事なイチイです。
3株ありますが、どれも自然のジンとシャリが見事。
とくに下の写真のシャリものは、幹周3m超えの堂々たるもの、樹齢500年ものでしょうか。
こんな株は地方の農家の庭などでも時々見られますが、国道縁にあるのは珍しい。

ジン(神)とは枝の一部が枯れ白骨化したもの、シャリ(舎利)とは幹の一部が枯れ白骨化したもの。
どちらも釈迦の骨を意味します。
自然界では落雷などの物理的要因で枯れますが、イチイは樹の性質として古木になれば出やすい。
盆栽ではとくにこのジン、シャリがあると味が出るので、彫刻刀などで削って人為的に作り出します。
シャリものは「サバ幹(サバカン)」とも呼ばれます。

イチイ(Taxus cuspidata)をわが町の木に指定しているところは、道内あちこちあります。
調べたら月形町もそうでした。
そう言えば、自然形のいい株も町内のあちこちで見られます。
でも、まじまじと見ている人はどのくらいいるんでしょうか。
紛れもない財産なのに。
イギリスやアイルランドでよく見られるのはヨーロッパイチイ(T. brevifolia)やその園芸品種ですが、セイヨウものより断然こっちの方がいい。
生育が遅い分、枝葉が詰まり、スクッと伸びないのがいい。
ヨーロッパイチイなんて盆栽では使えないもん。

でもどこもそうだけど、何だか荒れているものが多いなー
大きくなったから幹の途中でぶつ切りとか、段作りしなくてもいいのに変な刈り込みしちゃうとか。
昔、北広島の芝生生産者に頼まれて、敷地内にある樹高10mほどのイチイ7、8本の剪定を一人でしたことがあります。
4、5日かかった記憶がありますが、滅茶苦茶楽しかった。
自然形のいい株でした。
今どうなっているんだろう。

イチイは北海道が世界に誇る常緑庭園樹です。
生育が遅く年数かかる、だから財産と成り得ます。
あちこちにある庭のイチイをどう仕立てれば庭に合うかを考え、少しずつでも手を入れていけば随分景観が変わると思う。

それにしても、この「月形のサバ幹大イチイ」(勝手にネーミングしてしまいましたが)、すぐ横のシャッターにはド派手なイラスト、選挙ポスターと看板、勘弁してほしいなー
by geesgreen | 2010-04-05 05:37
レンプクソウの呟き
ここ二日ほど販売用の花木類のラベル作ってました。
バラも花木ですが、それ以外の花木です。

この冬、バラに引っかけて数品種取ってみました。
やはりバラ同様、アメリカからのものは、いくつかはセンチュウで処分となり、がっかり。
でも入手したものは、小さめの規格を注文したのにもかかわらず根もすばらしく、立派な苗木でした。
いろんな意味で非常にコストパフォーマンスが高い。

f0160407_5344491.jpg

上の写真はポット植えしたものですが、8寸ポットでちょうどよい根のボリューム、ものによっては9寸を使いました。
ものはノリウツギやシモツケ、フィラデルフス、サンブクスなどの品種です。
今回は2、3年はコンテナでいけそうなものを選びました。
カラーリーフものなのでシーズン通して楽しめます。
最近バラを使っての寄せ植え云々などの話が聞こえてきますが、自分は木本を使う寄せ植えにはどうにも抵抗感をおぼえてしまいます。
宿根草も然り。
長く健全に育てるためには、やはりその植物に見合う根鉢のスペースが必要です。
どうにも窮屈過ぎる。
その時限り、長くは育ちません。
その点「寄せ植え」ではなく「寄せ鉢」なら、枝が伸びたら鉢と鉢の間隔を空ければよいし、生育や目的に合わせて自由に変更できます。
当たり前ですが、使う用土など各植物に合わせた管理が行え、寄せ植えするより断然生育は良い。自然です。
庭に植えるほど育つまでの、ポット植えの利点を生かした養生とも位置付けられる。

閑話休題。
例のAPG植物分類体系では、従来ユキノシタ科だったノリウツギ属、フィラデルフス (バイカウツギ)属はアジサイ科になりました。
そして、従来スイカズラ科だったサンブクス (ニワトコ)属は何とレンプクソウ科に。
ビックリ仰天ですね。
レンプクソウ (Adoxa moschatellina)、伸びた地下茎にたまたまフクジュソウ(福寿草)とつながっているのを見た人が連福草と名付けた、ほのぼの系のネーミングですね。
花茎の上に、上と東西南北に向く5つの花を付けるので「五輪花 (ゴリンバナ)」とも呼ばれます。
何やら妖怪やらチベット密教の多面仏像を想像してしまいます。
札幌近郊の林床でも見られ、園芸図鑑系ではなく野の花図鑑系の植物です。
今までは一科一属一種でした。
それが、サンブクスと同様スイカズラ科だったウィブルヌム (ガマズミ)属もこのレンプクソウ科に。

うーん、今まで一人で気ままにやってきたのに、何だよ急にー、3属150〜200種かよー
見かけ全然違うんじゃん、似てないじゃん、お前ら木だろー俺は草だよー、どうして仲間なんだよー、ったくー
以上、レンプクソウのひとりごと、でした。
by geesgreen | 2010-04-04 05:35