イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
スプリングエフェメラル第一号
f0160407_5382357.jpg
昨日実家に行った際、一部分雪が融け地面が顔を出している所で見つけたキバナセツブンソウ。
まだ蕾ですが今日か明日には開花しそう。
ついにスタートですね。
この後も最高気温が5℃以上の日が続くみたいなので、この後続々咲いてくるんでしょうね、もろもろが。
隣の家のコブシの蕾もかなり膨らみ、白さが目立ってきました。
うーん、くわばらくわばら…

このキバナセツブンソウ、正確にはキバナセツブンソウ(Eranthis cilicica)ではなく、キバナセツブンソウとオオバナキバナセツブンソウ(E. hyemalis)との交配種のエランティス チュベルゲニー(E. × tubergenii)。
種名はオランダの種苗会社の名前からで、ヨウシュセツブンソウの名前でも呼ばれていますが、キバナセツブンソウもオオバナキバナセツブンソウも地中海など南ヨーロッパ原産なので、どちらも‘洋種’ですが。
日本に自生する白花のセツブンソウ(E. pinnatifida)だけが‘和もの’です。

このセツブンソウ(エランティス)属はキンポウゲ科です。
ですよね?
って言うのは、最近植物の分類が大きく変化しています。
従来の新エングラー体系やクロンキスト体系による形態的分類法から、APG植物分類体系というDNA解析による分類に変わってきたのです。
例えば、それぞれカエデ科、トチノキ科だったカエデ、トチノキはムクロジ科に、サクラソウ科だったシクラメンはヤブコウジ科に、ユキノシタ科だったウツギ、アジサイ、バイカウツギなどはアジサイ科に、などなど。
今までも科や属を統合したり分離したりはいっぱいあったものの、今回の改正は精度の次元が違います。
解釈ではなくDNA解析ですから。
水戸黄門の印籠みたいなもんです。

f0160407_5392265.jpg
これからはいちいち新しい分類表で確認する必要があります。
既存の植物図鑑、辞典は当然旧分類な訳ですからしばらく混乱すると思います。
しょうがないですね。
これも進歩なんでしょうから。
で、新分類でもセツブンソウはキンポウゲ科でした。
ほっ。
by geesgreen | 2010-03-31 05:39
鶴に選ばれた村
一泊二日の鶴居村での講習でした。
初日はバラの講習、翌日は鶴居村での景観づくりの講習。

f0160407_543090.jpg
当たり前だけど釧路地方は十勝とはまた違う空気感があります。
鶴居村も釧路とはまた違う。
冬でもそう感じるのだから夏はもっとでしょうね。
村は遠景の緑に囲まれ、村内の防風林や点在する樹木もボリュームある。
風当たりが少ないのか、どの木も素直に伸びていました。
質の高い遠景の緑と近景の緑。
これは財産です。
お金と時間があってもこれは作れない。
うらやましい。
既存の緑、空気感を生かした景観づくり、冷帯湿潤気候の植物種類、帰りの車中であれやこれやらいろいろ考えてしまいました。
それはきっと、しっとりとした、緑濃い、落ち着いた景観なんだろうな、と思います。
すごく期待したい。

f0160407_5353499.jpg
2カ所の給餌場でタンチョウを見ました。
人里で見られるのは今がほぼ最終みたいで、この後餌が豊富になると湿原の奥深くに行ってしまうそう。
やはり間近で見ると感動します。
Japanese Crane、インターナショナルですね。
そんなものが日常にある。
うらやましい。

f0160407_5361444.jpg
泊まったホテルから赤い天文台風の建物が目立っていたので行ってみました。
鶴居中学校でした。
役場の方に聞いた所、前あった校舎が火事で焼けてしまい、建て替えに当たって当時の校長先生の発案でプラネタリウムを設置したそう。
今は年数回しか使わないそうですが、以前は授業で使っていたそう。
きっと子供たちは、大人になってもこの経験は絶対インプットされてますよね。
うーん、うらやましい。
by geesgreen | 2010-03-29 05:36
新今治水
一昨日の晩から奥歯がズキズキ。
昨日は、間借りしていたイコロのハウスから月形のハウスまで2回目のバラの移動日。
いやー、こんな日に歯痛かよーって感じでした。
夜中も痛くて何度か目が覚める。
2週間ほど前も同じ箇所が傷み、その時は「新今治水」を塗りたくって何とか治まりました。
その後すぐに歯医者に行けばよかったんでしょうが。
今回は中々治まらない。
「新今治水」+強力な痛み止めカプセルを併用して、何とかだましだましでトラックの運転。
そのせいか何だか顔が妙に熱っぽく、少しもうろうとしていたかも。

f0160407_4531959.jpg

「新今治水」と「正露丸」、「イソジン」は自分の三種の神器です。
とくに海外に行く時は欠かせない。
進化した最近のイソジンなんて、スプレータイプで水で希釈しなくてもよいので、水の悪い所でもへっちゃらだし、手軽に使えます。

何故か、あのクセのあるどの臭いも好きです。
チョウジ(クローブ)、クレオソート、ヨードの、あの臭い。
うーん、どれもシングルモルトの香りなんだなーこれが。
だから馴染みがある。
歯が痛い時もヒーヒー言いながらもモルトは飲んでました。
体の中から暖めて悪化させ、薬で抑える。
全く何やってるんでしょうね。

今朝も少しムズムズしてますが、これから朝一の特急で釧路に行きます。
今日と明日、一泊で2回の講習。
もちろんウイスキーと三種の神器は持参します。
少し治まってくれるといいんですが。
「さしすせそ」が言いにくい。
「施肥」、「剪定」、「灌水」…、みんなサ行あるじゃん!
戻ったら歯医者に行こっと。
by geesgreen | 2010-03-27 04:53
老眼
f0160407_437250.jpg

今も本を読んでましたが、もちろん老眼鏡は欠かせません。
かなり大文字でも裸眼では全然だめ。

目がいいと老眼が早いと言われますが、そのせいか20代から老眼が始まりました。
遠目はかなり利きます。
昔はマサイ族並みの3.5と自負していました。
あの視力検査のいちばん下のC字型なんてへっちゃらでしたから。
今でも少し目の悪いマサイ族並みはあります。

でも近目はダメ。
老眼鏡ないと手元が全然見えない。
園芸家としてはマイナスです。
細かいことが抜けることがあります。
ダメですね。

物事にも当てはまる。
「視野は広く、細部にとことんこだわる」が信条だったのが、最近ちょっと流しているようなことが多い。
気合い入れ直さなければダメですね。

今日からまたバラのポット植え。
今季最後の輸入ものです。
根っこしっかり見て植えます!
by geesgreen | 2010-03-24 04:37
3月のライオン
f0160407_5114837.jpg

昨日は荒れた春分の日でした。
イコロでのバラの講習でしたが、行き帰りの高速で何度も強風にハンドルを取られ蛇行してしまいました。
毎回参加していただいているご夫婦、36号線からイコロまでの林道の途中で倒木があり、ご主人が車から降りて必死に倒れた木を道路脇にずらし、辛くもたどり着いたとのこと。
時期は違うものの、何やらあの2004.9.08の台風18号を思い出してしまいました。

「三月は獅子のようにやって来て、羊のように去っていく」
3月もあと10日、この後穏やかに3月が過ぎてくれることを願います。
もっとも、もうシーズンまでは秒読みに入ったわけで、これからが嵐の季節。
ご同業、関係者のみなさん、頑張りませう!
by geesgreen | 2010-03-22 05:12
ジミヘン
昨日は洞爺湖で行われた道主催の景観・まちづくりセミナーで話してきました。
f0160407_450722.jpg
あちこち見ようと早めに出ましたが、あいにくの天気。
途中の樽前山をはじめ有珠山、昭和新山も雪雲に隠れて見えない。
そのため会場近くの環境省の洞爺湖ビジターセンターを見学。
この手の施設はどこも立派、さすが国の施設です。
今は冬季閉館中ですが中島にも「洞爺湖森林博物館」があり、今度是非行ってみたい。

f0160407_4504298.jpg
f0160407_4511412.jpg
洞爺湖の自然を紹介するコーナーがあり、面白かった。
写真は樹幹実物標本で、洞爺湖周辺に自生する主な樹木の展示。
ほぼ同じ幹周サイズの木々を集めて、上手く展示してます。

その横に、度重なる噴火があったものの洞爺湖周辺には現在247種の植物(菌類や藻類などを除く)が自生しているとの大きな表示。
やっぱり少ないですね。
どんなものが生存しているのか知りたく、受付カウンターで尋ねたところ、2階の環境省の事務所でわかるだろうから聞いてみるとよいと言われ、2階の事務所へ。
資料室などを色々探して調べてくれたのですが、結局リストのようなものはないとのこと。
じゃああの247種って数字はどこから出たんでしょうか?と尋ねると、どこかの資料から引っ張ったとのこと。
それ以上突っ込みませんでしたが、あのトキが襲われた佐渡のテン事件を思い浮かべてしまいました。
相変わらず行政のやることはどうにも本末転倒的なことが多い。
これ以上は突っ込みませんが。

で、セミナーの方は、相変わらず支離滅裂、脈絡もなく持論を一気に喋ってしまいました。
お聞き苦しくて申し訳ありません、すみません。
お付き合いいただき感謝です、ありがとうございました。
毎回喋る度に反省します。落ち込みます。
でもこのスタイルは変わりようないな。

先日深川でもまちづくり、景観について話しましたが、今回もそうですが「花を活かした〜」っていう言葉が付くと、どうにも否定的な話をしてしまいます。
花を使うのはいいんだけど、それが景観の向上に繋がるとは限らない。
逆な場合があまりに多い。
昨日も、周りを一周できる湖は洞爺湖しかなく、そこを花で飾ってリゾート化したい云々の話が出ましたが、要らないですよね。
かえって花が邪魔をする、逆に人工的なものをもっともっと削ぎ落とすべきと思います。
昨日もちょっと目に入りましたが、湖畔のフェンス沿いに植えられている弱ったドウダン、それがあるために妙に寒々しい感じを受けてしまう。
あるいは、高速道路を降りてすぐにあるT字交差点前の雑木林。
緑のウエルカムでいんだけど、道路にせり出す枯枝が目立つ。
あの枯枝数本切るだけでも随分違ってくる。
景観を意識するなら花を使う前にやるべきことはいっぱいあるはずです。

セミナー終了後、コーディネーター役のサンガーデンの土谷さんやら顔馴染みの御一行は温泉一泊で飲み会。
誘われていたのですが、今日はバラの検疫があるので自分は無理。
うーん残念、一緒に飲みたかった!
セミナー終了後は真っ直ぐ札幌へ戻りました。

行きも帰りもジミヘンの新しく出たCDを大音量でガンガン繰り返し聴いてました。
セミナーで妙に言葉が出なかったのはそのせいかもしれない。
頭半分ジミヘンでしたから。
すみません。
f0160407_451447.jpg

今年で没後40年とのことですが、こんな音源あったのには驚きです。
今までの海賊版もどきとは全然違う。
まさに天才、今もジミヘン風はいない、唯一無二のものです。
生前「自分のギターの一音一音、全部の音には意味がある」と語っていたそうですが、本当にそう感じてしまいます。
「全部に意味がある」、無理矢理のこじつけかもしれないけど、花を使うこと、緑を使うこと、全てのことに当てはまると思う。

でも、音が音だけに150キロ以上は出ていたなー
内緒ですが。
by geesgreen | 2010-03-18 04:52
Nirvana
f0160407_5251936.jpg

昨日は3月15日、確定申告の締切り日。
朝から家内とひーひーしながら取りまとめ、昼過ぎに提出してきました。
いつも間際になってしまいます。

改めて数字を見てみると、よくやってるなーって思います。
小売だけ見ると、昨年は前年比170%なのですが、それでも自分は全くのボランティア状態です。
とても自分の分は出ない。
園芸の小売だけで食べていくのは無理だと思っています。
5、6、7月の3ヶ月だけに限定して、他の時期は別なことで食い扶持を確保するとか、徹底的にコスト面だけ考えての展開をすればやれないこともないとは思いますが、本来的な園芸とはかけ離れたものになります。
園芸家のやることではなくなります。
真っ当に園芸のことをやろうとするほど商売とはかけ離れていきます。
そんな業種です。
園芸は儲からない、これは断言できます。
お金だけのことを考えれば、コンビニでバイトした方がよっぽどいい。

じゃあ何でやっているかと言えば「好きだから」しかない。
無性に楽しい、何をやっても楽しい、見るのも楽しい、触るのも楽しい、知るのも楽しい、だから他の選択肢はない。
これ以上の理由はありません。

昔は奥さんと夜間パン工場で働いて、昼間に園芸店をやっていた人もいましたが(その人のファンでした)、今の自分もそんなもんです。
パン工場の代わりに、あちこちで喋ったり、書いたりしてる。
この話は長くなるので別な機会にしますが、本来喋ったり、書くことは自分のやることではないと思っています。
で、そんな仕事は必ず源泉徴収されてます。
この分がどばーっと戻ってきます。
何せ真っ赤な決算書ですから。
それでみんなで一気に飲んじゃいますか?

ヤケクソのような話になっちゃいましたね。
園芸家はある意味ロッカーだと思います。
それで写真のKurt Cobainに繋がるのです。
Nirvanaなんです。
わからないでしょうね。
でも、いいや。
by geesgreen | 2010-03-16 05:25
吹雪かよー マグロかよー
f0160407_439075.jpg
昨日は深川市で講習。
朝札幌を出る時は春めいた天気だったのに、高速の岩見沢から先は吹雪。
一時全く前が見えなくなるほど。
ったく、こんな時期にこの天気かよーですね。
途中ノロノロで、早く出て正解でした。

帰りは比較的晴れて見通しもよい。
この時期葉を落とした木々の枝配りがよく観察できます。
そして、土地の起伏や風当たりに則しての樹冠のスカイライン。
まったく自然の樹形は矛盾がない。
いつもですが、運転ヤバくなるほどあちこち見入ってしまいました。
危ない、危ない。
高速道路で運転中は決して写真撮ったり、あちこちよそ見しないように。

帰ったらカナダからバラ第二便の連絡が来ていました。
前回もそうですが、バンクーバー→台北→千歳の貨物便です。
昨日日曜に千歳着の予定でしたが、今週の木曜にずれるとのこと。
理由は日本のマグロ輸入が激増したための影響とのこと。
ったく、マグロかよー
例のワシントン条約でのクロマグロの規制の影響。
規制を前提にした、長期冷凍での儲け狙いの駆け込み輸入なんでしょうね。
ったくー
by geesgreen | 2010-03-15 04:39
寄せ植え講習
昨日は寄せ植え講習しました。
工藤が寄せ植えの講習するのは珍しいでしょう?
講習と言っても、Gee'sスタッフ3名限定、盆栽の寄せ植えです。
去年から無理矢理かもしれませんが、盆栽やろうと口説いてました。

一昨日、自宅の雪の中から去年用意しておいた種木を掘り出しました。
実生のブナ100本とミズナラ200本。
「主木」、「はね出し」、「受け」、「遠景」の4ブロックの関係、流れの意識、遠近感、それらを取り持つ落し、などなど基本レクチャー。
その後、各自大作に挑み、一日かけて一人各2鉢完成!

f0160407_5244127.jpg
f0160407_5253873.jpg
f0160407_5261283.jpg
f0160407_527426.jpg
f0160407_528779.jpg
f0160407_5283440.jpg

素材がまだ若く、規格が揃っているので中々苦労してましたが、みんな上手いもんです。
みんなデザインやらフラワーアレンジメントの下地があるからかもしれませんね。
この後、苔張りするとぐっと風情が出てくるでしょう。
楽しみ、楽しみ。

自分は口出しだけでやりませんでした。
老い先短い自分より絶対若い3人がやるべき。
きっとこれから何気ない自然の景観を見る目も変わるだろうし、庭づくりなんかにもきっと役立つと思います。
昼飯時に「針広混交林を表現するのも面白いんじゃない」なんて勝手なこと言っちゃいましたが、皇居の盆栽ではない北方系の盆栽、そんなのあってもいいと思う。
それに期待しています。
楽しみ、楽しみ。
by geesgreen | 2010-03-13 05:28
春眠暁を覚えず
最近どうにも昼から睡魔に襲われます。
皆さんはいかがでしょう?
毎年決まってこの時期そうなります。

春=眠いとなれば「春眠暁を覚えず」を思い浮かべますね。
これって、「春の夜は眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かずつい寝過ごしてしまう」と一般的には解釈されているようですが、「日の出の時刻が早くなって、夜明けに気がつかないのも、春になったのを実感させることだ」との解釈が正解のようです。
つまり、「春はついつい朝寝坊しがちだ」というような意味ではなく、「春になって日の出時刻が早くなった」という季節感を表す意味なんですね。

で、自分の場合はと言うと、昨日は2時過ぎに目が覚めてPCをカタカタ、今朝も3時に起きて同じようにカタカタ。
冬はせいぜい4時頃起きだったのが最近はこんな感じです。
体がいち早く春モードを感じているせいでしょうか。
朝早く起きてしまうから昼飯食べたら眠くなる、これが理由です。
「春眠暁を覚えず」とは関係ありませんね。
いつも暗いうちに起きるのですから。

子供の頃から、明るくなってから目が覚めたという記憶がありません。
いつも夜明け前でした。
今でも、いくら午前さまでヘベレケになって帰って来ても、朝(いやまだ夜か)の起きる時間はいつもと同じ。
もちろんそんな時はその後が地獄ですが。

この睡魔、もう少し経てば消えます。
経験上わかります。
体が慣れるんですね、きっと。

昨日月形のハウスで灌水。
少しずつ乾きが早くなってきました。

f0160407_454825.jpg
f0160407_4544131.jpg
これはいちばん数が多い自家生産苗のClMinのノゾミ (Nozomi)。
いちばん進んでいて、芽も大分伸びてきました。
屋外だと5月上旬のステージかな。
去年の11月から入れているので、もう抑えられない。
早々と起きちゃいました。
札幌に移動するのはこれらが先になりますが、まだまだ外気温が低くて移動できないので、もう少し進むでしょう。
イヤだけどしょうがない、このままいきます。
早く外に出すためには気温は上がってほしいし、まだ芽が動いていないものには気温が低い方がいいし、両方旨くはいかない。
これらは例外と考えて、葉を傷めないで咲かせることに頭切り替えてます。

植物は正直です。
いや、人間も植物も正直。
起きてしまうものは起きる。
by geesgreen | 2010-03-10 04:55