イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ウツギいろいろ
昨日は拓殖大学の授業の一環で百合が原公園見学。
職員の山田さんにリサイクルに関するレクチャーをしてもらいました。
忙しい中に時間を取ってもらい、感謝です。
ありがとうございました。
実際に堆肥づくりの現場で各種の堆肥を触ったり、臭いを嗅いだりして、学生たちには非常に有意義な内容だったと思います。
久し振りの苗圃の堆肥の臭い、懐かしかったなー
熟成したバラ堆肥、そろそろ本来のバラに使ってみたいですね。
マドンナリリーも満開状態で、すっかりマドンナファンになった学生たちには最高の時期だったかもしれません。

ユリ園ではウツギの花が目立っていました。

f0160407_562510.jpg
ドイツィア ロンギフォリア ‘ヴィーチー’(Deutzia longifolia ‘Veitchii’)

f0160407_57517.jpg
サラサウツギ(Deutzia crenata f. plena)

f0160407_574012.jpg
ドイツィア ‘マジシャン’(Deutzia × hybrida ‘Magicien’)

これらのウツギ属(Deutzia ユキノシタ科)以外も、タニウツギ属(Weigela スイカズラ科)やバイカウツギ属(Philadelphus ユキノシタ科)の各種類も開花中。

f0160407_585760.jpg
フィラデルフス ペキネンシス(Philadelphus pekinensis)
この株は確か中国から送ってもらった種子からの実生です。
大きく育ったなー
バイカウツギはどういう訳か矮化剤ばっちりの‘ベル エトワール’(Philadelphus ‘Belle Etoile’)が流通では多く目にしますが、こっちの方が断然いいなー
ほのかにクリームを帯びた花色は気品があります。
甘い香りも堪能できました。

やはりこの時期はウツギ類が主役ですね。
耐寒性強く、病気とも無縁です。
自然形で伸び伸び、バラもこんな風に楽しめるとよいと思います。
そんなバラにもっと特化したいと思ってしまいます。
by geesgreen | 2009-07-05 05:10
元気回復!
昨日夕方ちょっと時間が空いたので、北大植物園へ。
行きたくてここ数日うずうずしてました。
職員の方から、植物園に勤務してからいちばんバラの花付きがよいと聞いていたからです。
何故か?
忘れもしない2004年の9.8台風18号による倒木のために、日当りが良くなったのが理由みたいです。
そう、バラはやはり日当りがいちばん重要、他のどんな要因にも勝ります。

f0160407_448716.jpg
満開の状態でした。
自分も毎年見てますが、情報の通り今までになく生育も良く、花付きも良い状態。
マルチのチップもよい感じで、欠株もあり花びらも落ちてはいますが、そんなの愛嬌、愛嬌、全然気にならない。
縮こまっていない、伸び伸び育っているのがいい。

f0160407_449101.jpg
前にも書いた、大好きな‘エルゼ ポールセン(Else Poulsen)’。
元気でした! 良かった!
このバラだけ使った庭を見てみたい、他のバラはいらない、そんなバラです。

f0160407_4494867.jpg
つるバラも元気いっぱい。
良い、良い、良い!
ラベル落ちで品種不確定とのことですが、葉っぱは典型的なハイブリッド ムルティフロラだから‘ブラッシュ ランブラー(Blush Rambler)’かな?
でもちょっと花弁多く花色濃すぎだなー、違うなー
調べます、絶対同定したい。

f0160407_4503463.jpg
つるのピースなんかこんな大輪です。
本来の大きさです。
こうでなくっちゃ。

バラ園の外周には宿根草のボーダーがありますが、その背景にはウツギなどの大株がどーんと育っています。
これらも見頃で見応えあります。
f0160407_4511194.jpg
その中で一際目立っているのがこの大株。
イワシモツケ(Spiraea nipponica)ですよね。
うーん、見事!
これ見るだけでも価値あります。

他にもまだまだありますが、そろそろ水やりに出なければならないので止めます。
滅茶苦茶楽しかった。
長く育った植物を見る、何にも代えられない感動があります。
一昨日の岩見沢を見ただけに余計そう思います。
いっぱい元気をもらいました。
感謝、感謝です。
by geesgreen | 2009-07-04 04:52
ど、どうした?
昨日民間施設の打合せで深川へ、そのついでにある講習の見学会の下見を兼ねて秩父別と岩見沢のバラ園を見てきました。
f0160407_4333331.jpg
「ローズガーデンちっぷべつ」は満開。
相変わらず緊張感ある管理でばっちり肥料が効いた状態。
でも何かが変わった感じ、昨年までのピリピリ感がちょっと薄まったような気がしました。
予算的なことだけでしょうか?
何か危うさを感じてしまいます。
傾斜地のオールドローズは相変わらずの個性的な変則仕立て、いつも息苦しくなります。
自分なら1/3~1/4の株数にするなー
でも全体的には拍手喝采!
道内ではやはりピカイチの管理レベルと花数でしょう。

で、岩見沢公園。
ど、どうしたのでしょう!
f0160407_4342348.jpg
f0160407_435173.jpg
上の写真はメインである中央部のらせん状の整形花壇。
下はバラ園入ってすぐのいちばん目につく花壇。
この他モダンブッシュの花壇はほとんど同じような状態。
うーん…
状態から見て、今まであった株の全体の7、8割(もっとかなー)が枯れて、品種構成などは無視して春に急遽苗を集めて補植した感じ。
〜の上塗り!
うーん…
いくつか理由は推測されますが、気候的なせいではない、そして予算の問題でもない、それは断言できます。
やっちゃいけないことをやった、人為的ミスです。
一からやり直しでしょう。
しばらく頭の中が混乱しました。
指定管理者制度、誰がどう責任取るのでしょう。
これ以上語りません。
ちょっと落ち着いてから別な機会にします。

バラ本、新聞などにも広告が出て、何人かの方からお祝いのご連絡いただきました。
ありがとうございます。
ただ買っていただいた方には申し訳ないのですが、自分としてはすぐにでも改訂版を出したい思いです。
「バラ栽培の第一人者」、とんでもないコピーです。
勘弁してほしい。
今後、このブログや講習会なんかを通じて、言い足りないことなどを補足できればよいと思っています。
毎年新しい発見や修正点がいっぱい出てきます。
植物栽培なんてそんなもんだと思います。
だから楽しいんですけどね。
by geesgreen | 2009-07-03 04:35