イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
残ったバラ
この時期満開のバラを各所で見ることができますが、古くから残っているバラを見つけるとなにか嬉しくなります。
f0160407_4343761.jpg
f0160407_4351179.jpg
上の2カ所のバラは、円山と北大のそばのものです。
どちらも民家の道路縁で辛うじて抜かれもせず残っています。
ストロンを出して群生していることからガリカかなとも思って以前から車から見ていましたが、昨日改めてじっくり見てみました。
しっかりとしたクォーター咲き、葉の薄さからケンティフォリアと思います。
上の白花は‘ブランシェフルール(Blanchefleur)’、下のピンク花は‘ローズ ドゥ モー(Rose de Meaux)’あたりでしょうか。
ケンティフォリア(Centifolia)は、花弁の重なりが多いことからキャベジ ローズと呼ばれるオールドローズの一系統です。
「百葉のバラ」の和名が付けれて日本でも明治初期から栽培されていたようですから、これらは北大の農場あたりから派生したものと推測します。
ランブラーの‘ドロシー パーキンス(Dorothy Perkins)’などのつるバラも古い株が市内には残っていますが、これらも出所は北大かと思っています。

いずれにしても長い年月育って残っているものにはそれなりの価値があります。
モダンローズの古株も見られますが、いずれも当地の気候に適したものが淘汰されてきて残っているわけですから、品種選択のよい参考になります。

植えたばかりのものを見るよりよっぽど楽しい。
全部に樹名板付けて回りたいほどです。
でもいつまで残るのかなー
頑張って残ってほしいな。
by geesgreen | 2009-06-29 04:38
イボタノキ…
ここ数日やっと夏らしくなってきましたね。
街なかの木々もハシドイ、バイカウツギ、ヤマボウシなどなど、夏ものの花木の開花が目立ってきました。
その中でも自分的には結構目に付くのがイボタの花です。
イボタ、正確にはイボタノキ(Ligustrum obtusifolium モクセイ科)。
いちばん多く見られるのは垣根としての利用ですが、花時のこの時期は自然形で育っているものが案外目立ちます。
集合住宅、それも公団やら道営やらの公共住宅の外講、スーパーやらファミレスの外講、どこもどうでもよいと言うか誰も気に留めない所ですくすく育っています。
垣根ものは刈り込みされるのであまり花は見られませんが、自然形と言うか放任ものは満開です。
f0160407_4135469.jpg
f0160407_4142696.jpg
こんなのやら、あんなのやらです。
いずれもライラックの台木が育ったものですが、これって案外好きです。
放任されていると言われれば確かにそうなんだけど、強健な故に生産性を上げるために台木にされ、ここまで無責任に放置され、無視され、全て人間の身勝手さを象徴しているような気がします。
そして文句も言わず、ひねくれもせず、黙々と育ち満開の花を咲かせている。
なんか好きです、そんなの。
変ですかね。

世の中バラが満開ですね。
今日道新からバラの単行本が発売になります。
そんなバラのこと書かないで、前回はサンセのこと、今回はイボタのこと書いてる…やっぱり変ですよね。
by geesgreen | 2009-06-27 04:16
Snake plant
f0160407_562433.jpg
一昨日からGee'sに登場したサンセヴィエリア。
やっと入荷しました。
生産数非常に少ないレア品も多くあり、全部で25種類ほどあります。
一度集めてみたかったのです。

サンセヴィエリア(Sansevieria)は、サンセベリアあるいはセンスベリアとも呼ばれますが、やはり正確なラテン語読みでサンセヴィエリアと呼びたいものです。
和名のチトセランはほぼ死語かもしれませんね。
昔から葉の縁が黄色のサンセヴィエリア トリファスキアタ(和名アツバチトセラン、これも死語だよなー)‘ローレンティー’は「虎の尾」とも呼ばれお馴染みですが、英名ではSnake plantと呼ばれます。
昔60年代のアメリカのヒッピーの間では、マイナスイオンを発生するというパワーも持っているということから一部屋に一鉢のノリで育てられました。
日本でも数年前に例のみのもんたの番組で取り上げられて空前のブームになりましたよね。
マイナスイオン云々はさておき、夜間に酸素を放出するCAM植物なのでそれなりのパワーはあると思います。
ちなみに葉が棒状のスタッキー(S. stuckyii)は、‘ローレンティー’より3倍のマイナスイオンを放出すると言われていますが、どうなんでしょうね。

いずれにしてもそれぞれ個性的で、そのフォルムも何かしら神秘的です。
こんな強健な植物もないくらいの生命力の強さも感じます。
全部で70株ほどありますが、おそらく店内はマイナスイオンいっぱいの状態になっているんでしょうね。
さてその効用はいかに、ですね。
by geesgreen | 2009-06-24 05:06
植物>ドリンク剤
昨日は月形のコテージガーデンで講習。
そろそろ体にきているのか、我慢しきれず講習前に10分ほど車中で仮眠。
梅木さんから寝起きのコーヒーをいただき、例によってドリンク剤で景気つけて講習に臨みました。
そろそろやばいかなー

考えてみればここ20年ほど春から夏まで休みはないような気がします。
正確には2月から7月まででしょうか。
毎年7月には体が利かなくて数日ダウンします。
そろそろかなー
そして、決まったように8月には精神的にダウンします。
毎年の恒例行事みたいなものなので、この辺の付き合い方は大分わかってきましたけど。

f0160407_4534384.jpg
月形の帰りに見た牧場のアヤメ。
すごくいー感じです。
何年もかけてできた景観でしょう。
車から降りてしばらく見入ってしまいました。
作り込んだ庭もよいのですが、こんなシンプルな景観が好きです。

f0160407_4541694.jpg
そしてすぐそばの満開のキイチゴ。
自然に増えて、後ろの樹木類との絡みが絶妙でした。
一年でこの時期だけの景観です。
この2カ所を見てまた元気回復した感じでした。
やっぱり植物の方がドリンク剤より効くなー
by geesgreen | 2009-06-21 04:55
アジサイの似合う天気
毎日本当に晴れませんね。
梅雨前線の影響によるいわゆる蝦夷梅雨ではないのですが、いかにも梅雨っぽいですね。
どこにいっても天気の話題が出て、とくに園芸関係者は毎週末の天気の悪さを嘆いています。
農業関係者はこの日照不足はさらに深刻でしょう。

f0160407_485476.jpg
こんな天気にはバラは似合わない。
自宅の少し集めたヤマアジサイ(Hydrangea serrata)。
こんな天気に似合います。
以前百合が原でアマチャ(正確にはアマギアマチャ H. serrata var. angustata)やシチダンカ(H. serrata f. prolifera)も含めて、かなり集めました。
時間見つけて見に行きたい。
大株に育って、きっと今頃見頃でしょう。

装飾花が派手で力強いガクアジサイやセイヨウアジサイよりも渋めのヤマアジサイの方が好きです。
多少地味ですが葉もやさしくよく茂り、日陰地で使うには最適です。
また集めたいと思っています。
アジサイ専門店、いいですねーやってみたいなー
こんな天気だと余計そう思ってしまいます。
by geesgreen | 2009-06-18 04:12
表と裏
f0160407_4585727.jpg
Gee'sの昨日の様子。
バラがどんどん咲いてきました。
昨日所用で白い恋人パークに行ってきましたが、温室育ちのSTの鉢植えは咲いていましたが、その他はまだほとんど蕾の状態。
ちざきも岩見沢もまだでしょう。
ハウス中以外ではいちばん早いかもしれませんね。
今年は15年ぶりにHTやFlを集めました。
ずーっと原種やオールドローズ、ルゴサなどを追っかけてきましたが、近年あまりにもイングリッシュローズや何やかにやの新しものが席巻しているようなので、今一度定番ものに注目したかったのです。
揺り戻しかな。
でも、耐寒性と耐病性、そして花色も使いたい色ものを選択しました。
ほとんどの品種は他店やバラ園では見られないものです。

雨が続いていたこともあり、昨日は3名のスタッフが一鉢一鉢手を入れ、置き直しをしていました。
f0160407_4593042.jpg
夕方店に顔を出すと、歩道にせり出して並べた鉢もとにチョークの印が、それも各鉢に漢数字らしき印も。
新人のMizukiさんのために先輩のYukaさんが、出し入れの際に並べる位置と向きを間違わないように付けたとのこと。
さすがです。
冗談で「明日水で消してやる」と言ったら、耐水チョークで書いたとのこと。
うーっ、さすがです。
鉢並べだけでなく植栽時も、植物の向きだけは間違わないようにしようと言っています。
どんな植物でも、その育ち方で表と裏があります。
さらに5度向きを調整するだけでも見やすくなるものです。

オールドローズは大分花が終わってきました。
つるバラの大株も大分売れて少なくなりました。
今はモダンローズが主役。
これからどんどん花を切っていくことになります。
秋まで開花は続きますが、やはり一番花は元気です。
早めに花だけでも見てほしい。
買えとは言いません…いや、本音はやっぱり買ってほしい、かな。
by geesgreen | 2009-06-16 05:01
ミラクルニーム
昨日は久し振りに太陽の光を見た感じがします。
打合せと講習会の合間にアカエゾの盆栽の芽摘みをしてました。
これも例年より早い。

ぐずついた天気が続き湿度が高く、20℃前後の気温、まさにうどんこ病の胞子の発芽にとっては最適な条件でしょう。
風もあることから相当拡散していることと思います。
今年はアブラムシの発生も早く、多い感じがします。
ショップのスタッフは毎日のように、うどんこが疑わしい部分を重曹で拭き取り、アブラムシを手でつぶしています。
いちばんの作業量かもしれません。
頑張ってください!
自分は毎週木曜ニーム散布してます。
一昨日は雨降りだったので、翌日の昨日早朝にかけました。

化学農薬は意地でも使いたくない。
病害虫の付いていない見た目きれいなバラを並べるには農薬散布が手っ取り早く、確実です。
でも、耐性のついた株を売るわけにはいかない。
買ってからも定期的な薬散が必要になるし、さらに毒性のレベルの高い農薬へ移行しなければならない。
そんなバラ栽培から決別したいと思い、耐病性の強い品種を選択しているのだから。
百合が原でも無農薬でした。
当初は非常に苦労しましたが、長年かけて品種を見極め、後にはほぼ安定した無農薬栽培ができていました。
我慢、我慢です。

それにしても、国産の苗はばっちり耐性ついた、病気に弱い苗が多い。
全くひどい!
昨日も偶然会った同業者と話しましたが、あまりにひどい状況なので種苗会社にクレームを言ったとのこと。
ひどければ処分してくださいとの返事だったそうで、滅茶苦茶怒ってました。
品種の特性より、苗づくりの時点での管理の方がよっぽど影響が大きい。
国産の苗を見ているとつくづくそう思います。
悲しくなります。

そんなことも輸入苗に頼る理由の一つかもしれません。
とくに、アメリカとドイツはこの辺の苗づくりの意識が強く、一般消費者も理解していて、買ってから苦労する農薬漬けの苗は敬遠されています。
でも、日本の本州での生産では気候的な適性から無理でしょう。
やはりバラの苗づくりも北海道でしょうか。
でも露地で越冬させるには品種が限られ、リスクが大き過ぎるなー
越冬には無加温か低温室のハウスが必要かー
そんなことも考えなくてはと思っています。

f0160407_4425580.jpg
観葉植物として我が家に置いてるニームです。
インド人もビックリ!のニームですが、室内の空気浄化効果も言われています、どうなんでしょう?
害虫への忌避効果が最も期待されますが、このニーム、最近カイガラムシが付いてきました。
???
どうしたミラクルニーム!
by geesgreen | 2009-06-13 04:47
個性派
Gee'sのバラ、結構咲いてきました。
早咲きの原種やオールドローズは最盛期は過ぎ、モダンローズが咲いてきました。
来週くらいにワッと来るでしょう。
今咲いてる個性派2品種。
f0160407_6255837.jpg
‘ハニー ディジョン(Honey Dijon)’。
アメリカ、Sproul、2003年作出のグランディフローラ。
5年振りの再会です。
このマスタード色は他にはない。
あの‘バタースコッチ(Butterscotch)’をさらに渋くしたような感じです。
作出したSproulさんは、カリフォルニアのお医者さんでアマチュア育種家です。
アメリカは、大手の種苗やによるアマチュア育種家のバックアップ体制があり、結構ユニークな品種が作られています。
ある意味巧いやり方です。
ディジョンといえば我が家でも使っているフランスのマスタード、それにハニーが付けばケトルブランドのポテトチップス、わかりませんよねー
でもそんな花色です。
f0160407_6262618.jpg
もうひとつ、‘ジョージ バーンズ(George Burns)’。
アメリカ、Carruth、1996年作出のフロリバンダ。
こちらも久し振りの再会。
蕾が同じの‘センチメンタル(Scentimental)’とともにCarruthさんの代表作です。
‘ハニー ディジョン’もそうですが、この辺の花色を使いこなすのは結構難しいと思います。
コンテナで単独で置くか、緑濃い葉もの、できれば黒葉や銅葉の中で咲かせるとゾクッと来るかも。

明日からまた雨が続くようですね。
皆さんもアブラムシうじゃうじゃ、うどんこあちこち状態ではないでしょうか。
me too です。
今朝も夜明けから自宅のストックものと格闘してました。
この辺の話はまた次回にでも。
by geesgreen | 2009-06-10 06:28
ボタンわんさか
今がちょうど見頃との話を聞き、息抜き兼ねて、昨日小樽のにしん御殿、貴賓館(旧青山別邸)にボタンを見に行ってきました。
相変わらず、覆面気にしつつ高速かっ飛ばし、往復1.5時間の駆け足。
小樽は近い。
f0160407_5404329.jpg
f0160407_555056.jpg
ちょうど満開、派手な大輪わんさか咲いてました。
おそらく今週末が最後の見頃でしょう。

f0160407_5415764.jpg
中でも上の‘黄冠’という黄花の品種は、これまでの黄花品種より樹勢強そうで、木姿整い、花付きよく、優良品種と感じました。
黄花品種と言えばアメリカで作られた‘ハイヌーン’が有名ですが、‘黄冠’は日本で初めて作出された黄花品種で、他の黄花品種が下向きに咲くのに対して上向き(ウケ咲き)というのが日本人好みと言われています。
稀少品種との表示がありましたが、結構通販で出回ってはいます。

雪の問題があるので北海道では圧倒的にシャクヤクの方が栽培が多く、当然とは言えます。
ちなみに、日本や中国では木本のボタンと草本のシャクヤクを区別して扱っていますが、欧米ではどちらも「パエオニア(Paeonia ボタン属)」または英名の「ピオニー(Peony)」と呼んでおり、あえて区別するときには木本性のピオニー、草本性のピオニーと呼ばれています。

ボタンはさておき、本館の枯山水の日本庭園の樹木の弱りが目立ちました。
今のうちに手を打たないとヤバいなー
by geesgreen | 2009-06-05 05:50
総領事とマーモット
昨日駆け足でしたが、昨日までグランドホテルで催されていた「いけばなインターナショナル札幌支部」の花展をのぞいてきました。
創立45周年記念とのことで、盛況でした。
各流派合同で、会員他、知事、市長夫人、各国の札幌領事の名札の付いた作品も展示されていました。
ただ今回はアメリカ総領事の作品はなく、本人の希望で出展しなかったとのこと。
今の駐札幌米国総領事は女性で、娘さんと円山公園のそばを歩いているのを何回か見かけたことがあります。
気さくな感じの人です。
以前、この総領事が新聞に寄稿していたコラムの内容が面白かった。

彼女は米国南部のノースカロライナ州で生まれ、ニューヨーク州の田園地帯で育ちましたが、
家庭菜園をやっており、ある日、手がけたレタスを白昼堂々と口にするマーモットに出合った。
わなを仕掛け、毎週一匹ずつ掛かり、車のトランクで運び、川向こうに放った。九匹も繰り返した。
今振り返ると、同じ一匹が毎度毎度、川を泳いで畑に帰って来ていたかもしれない、とのオチ。
思わずニンマリしてしまいました。

花展に出さなかった理由はいろいろあったんだろうけど、きっと他(知事や市長夫人など)のように自分の手で生けていないものに自分の名札を付けられる、そんなことがイヤだったんではないか、と勝手に想像してしまいました。
恒例とかで毎回付き合うよりはよっぽどいい。
アメリカはいろいろ「?」のことも多いけど、こんな組織の慣例より個人の考えを尊重するのはいいなー
勝手な想像ですけどね。

f0160407_4323647.jpg
f0160407_4331090.jpg
会場で気に入った2点。
どちらもそうですが、上のオンシとバラ以外は花屋からのものではなく庭の植物で構成されているとのこと。
生け花だけでなく、イギリスから生まれたフラワーアレンジメントも庭の花からですよね。
最近の生け花は、野草も含めて増々この傾向です。
本来の姿ですね。
by geesgreen | 2009-06-02 04:35